ブログトップ

隊長ブログ

カテゴリ:知っておきたいこと( 519 )

新聞労連の声明とテレ朝の深夜会見

久しぶりに立派な文章を読んだ。

財務省事務次官のセクハラ疑惑に対する新聞労連の声明。
d0098363_5311895.gif



女性記者に対する財務省・福田淳一事務次官のセクシャルハラスメント疑惑に関し、麻生太郎財務相や同省の一連の対応は、セクハラが人権侵害だとの認識が欠如していると言わざるを得ない。

セクハラは、圧倒的な力関係の差がある状況で起きることを理解しているとも思えない。新聞労連は同省の対応に強く抗議するとともに、被害者保護のため早急に対応を改めるよう求める。

週刊新潮が福田次官のセクハラ疑惑を報じた際、麻生財務相が当初、事実関係の調査や処分はしない方針を示したことは、セクハラが人権侵害であるという基本を理解していない表れだ。

その後、音声データが出てから調査に踏み切ったのは遅きに失しており、国際的にみても恥ずかしい対応であり、看過できない。セクハラの二次被害を生み出さないためにも、被害者を矢面に立たせないための配慮は調査の最優先事項だ。

財務省が、同省と顧問契約を結ぶ弁護士事務所に被害者本人が名乗りでるよう求めていることは容認できない。被害者への恫喝であると同時に、報道機関に対する圧力、攻撃にほかならない。

「女性活躍」を掲げる安倍晋三政権は、疑惑を持たれた人物が官僚のトップである財務省に調査を任せて良いのか。省庁を統轄する首相官邸がリーダーシップを発揮して、福田次官に厳格な事情聴取を行うことがなぜできないのか。それなしに、被害女性に名乗り出ろという見識を疑う。

政府はこれを機に、全省庁に対し、他にセクハラ事案がないか徹底調査を指示するべきだ。

福田次官にも問いたい。あなたは本当に女性記者の尊厳を傷つける発言をしたことはないと断言できるのか。であれば堂々と、記者会見を開いてあらゆる質問に答えてほしい。

新聞社が新規採用する記者の半数近くが女性だ。多くの女性記者は、取材先と自社との関係悪化を恐れ、セクハラ発言を受け流したり、腰や肩に回された手を黙って本人の膝に戻したりすることを余儀なくされてきた。屈辱的で悔しい思いをしながら、声を上げられず我慢を強いられてきた。こうした状況は、もう終わりにしなければならない。

今回の件を含め、記者が取材先からセクハラ被害を受けたと訴え出た場合、会社は記者の人権や働く環境を守るため、速やかに毅然とした対応を取るべきだ。「事を荒立てるな」「適当にうまくやれ」など記者に忍耐を強いる指示や黙認は、セクハラを容認しているのと同じであり、到底許されない。

いまなお、女性記者が取材先からセクハラ被害を受ける事例は後を絶たない。新聞労連は性差を超えた社会問題としてセクハラを巡る問題に正面から向き合い、今後も会社や社会に対しメッセージを発信していく。

2018年4月18日
日本新聞労働組合連合(新聞労連)
中央執行委員長 小林基秀


新聞記者たちの組合ですからね。
経営者たちの声明ではないです。



こっちはその後深夜に緊急会見した。
d0098363_5495573.gif
テレビ朝日の女性社員が録音したものを上司は記事しなかったことを謝罪。
情報源を第三者(週刊新潮)に提供したことを遺憾に思うと語っている。
遺憾に思うならなぜ記事にしなかったんだと思うけどね。女性記者が自分の会社が報道しなかったから第三者に情報提供したんだろう。話しがあべこべだ。まるでアリバイ会見だ。さっさと報道しておけばよかっただけのことだろう。ここにも男性社会の保身が透けて見える。
テレ朝が緊急会見「当社社員が被害」

記者会見場には週刊誌記者は入場できなかった。なんという対応。週刊誌が暴いたから今こうして会見を開いているんだろうに。テレ朝の上層部の判断はこの程度。守っているのは自分たち。
この取締役は、古舘時代の報道ステーションで、古賀茂明を辞めさせるために官邸と連絡をとっていた。らしい。

なぜ深夜に緊急会見を開いたのだろう?
そして「テレ朝の社員だった」ということを取締役が自ら暴露してしまった。犯人捜しは簡単になった。バカな経営陣だ。
これで女性記者は安倍の刺客(公安警察)に尾行され、過去のプライバシーまで徹底的に調べられる。なにか出てきたらメデイアに報道させるという悪質な手法に出ることも容易にわかる。前例としては読売が記事にした前川氏の出会い系バー報道だ。

「記者会見できちんと発表する、真摯な態度、真剣な表情、だからきっと本当のことを言っている、嘘は言っていない」
記者会見を鵜呑みすることだけはやめたほうがいい。
なぜそうなのか。
自分がその立場だったらと想像すればいいい。





[PR]
by 2006taicho | 2018-04-19 05:55 | 知っておきたいこと | Comments(0)

使用済み核燃料

d0098363_52147.jpg

差し迫った重大な問題。
首相案件、忖度、公文書偽造、改ざん、文書の隠蔽、虚偽答弁、職員の自殺、セクハラ問題と政治家と高級官僚が毎日いろんな話題を提供してくれる。

こちらは国民全員の生死に関わるから一番重大なニュース。
東京新聞の調査報道。

<使用済み核燃料> 原発は通常、13カ月間運転するといったん定期検査に入り、4分の1~3分の1程度の核燃料を使用済みとして交換する。使用済み燃料でも長期間、放射線と熱を発し続けるため、プールでの継続的な冷却が不可欠となる。

使用済み核燃料を一時的に冷やすプールがもうすぐ満杯になるという。

4月16日東京新聞 =全文=
新基準適合の7原発14基 稼働10年で核燃プール満杯


東京電力福島第一原発事故後に策定された原発の新規制基準に適合済みの七原発十四基は、いずれも稼働後十年以内に使用済み核燃料を保管するプールが満杯になることが、電力各社への取材で分かった。
保管場所を確保しない限り、運転が続けられなくなる。
使用済み核燃料の保管も最終処分のめどもつけぬまま、各社は原発の見切り稼働を進めている。

d0098363_4372931.jpg
 新基準適合の原発は、関西電力が三原発七基と最多。うち再稼働済みは、大飯3号機と高浜3、4号機(いずれも福井県)。五月九日には大飯(おおい)4号機が再稼働を予定しているが、どの号機もプールが満杯になるまで五~八年程度しかない。

九州電力は二原発四基が適合。
再稼働済みの玄海3号機(佐賀県)は三、四年ほどで、川内(せんだい)1、2号機(鹿児島県)は六~十年で満杯に。
五月中の再稼働を予定している玄海4号機も三年程度しか余裕がない。

東京電力柏崎刈羽6、7号機(新潟県)はプールが満杯まで一年以内と切迫している。
東電は東海第二原発(茨城県)を保有する日本原子力発電(原電)と共同出資し、青森県むつ市に核燃料の中間貯蔵施設を建設中。予定通り年内に稼働しても、自治体との協定で保管期間は最長五十年間と決まっている。

他の電力各社は、プール内で核燃料の間隔を狭めて容量を増やしたり、専用容器で空気冷却したりする取り組みを検討しているが、抜本的な解決にならない。

使用済み核燃料は再利用のため、青森県六ケ所村の再処理工場に運ぶ計画だが、安全対策の遅れで稼働の見通しも立っていない。
再処理で出る高レベルの放射性廃棄物の最終処分地も決まっていない。
************************************************
 調査の方法 大手電力九社と原電に核燃料集合体をあと何体、プールに収容できるかを取材。十三カ月の通常運転ごとに使用済みとして取り換える燃料の目安量を聞き、プールが何年で満杯になるかを計算した。


原発推進派の意見を聞きたい。





[PR]
by 2006taicho | 2018-04-18 05:03 | 知っておきたいこと | Comments(2)

隠蔽と強弁

d0098363_0103040.jpg明後日また記者会見を開くという、この人は今日はなにを言いたかったのか。
数日、時間をくださいという、この人は記者会見まで開いてなにを言いたかったのだろうか。

d0098363_0182414.jpgこのおじさんは「名乗り出なければ判断のしようがない」だと。
財務省は女性記者に協力してくれ、財務省の雇った弁護士に連絡してくれだと。
野田聖子はさすがに「財務省のやりかたには違和感がある」と言った。違和感で済むはなしではない。記者はすでに社内で相当な圧力の中にいるだろうし、記者生命の危機にあるはず。名乗り出るはずもないし、その必要もない。音声テープがあってもこの態度はまったく理解不能。
これをアメリカで言ってみろといいたい。


d0098363_0272445.gif


アメリカではセクハラ問題を取り上げ、世界的な運動に発展させたたNYタイムズにピューリッツァー賞が送られたというのに。


2012年1月から2017年5月までの南スーダン自衛隊派遣。
防衛省が見つかった、と言っている1万5千ページの文書。
これでいろいろなことが明らかになるだろう、というのは間違い。
黒塗りされた、いわゆる「ノリ弁の部分」もあるのだ。
d0098363_0404547.jpg




それと
イラク派遣の資料も公開された。公開された期間は2004年から2006年。
実は2004年3月から2005年3月の1年間に、十数回宿営地へロケット弾が着弾した。
このときの日報はごっそり抜け落ちている。

防衛省は、どこの部分を黒塗りにするか、どの部分はデータを抜くかという作業をしていたとしか思えない。
その隠蔽作業が終わったので文書が見つかったと言っているのだ。
膨大な資料だからこんなに時間がかかったということだろう。
そしてこれで、すくなくても「公開した」というアリバイが成り立つ。
情報公開で訴訟を起こされても、言い訳・強弁ができるというわけだ。
後方支援、非戦闘地帯への派遣という名目で、自衛隊を海外へ派遣させたときの総理大臣は小泉氏。
戦後史で初めて自衛隊を海外へ派兵させた人物。

小泉氏は、在任中は原発を推進し、今は反原発を言い出している。
「在任中の原発推進は間違いだった」と謝罪もしていない。
イラク派遣についても、小泉氏は「俺は聞いていない、報告はなかった」と言うだろう。
自衛隊の海外派兵は間違いだったと言う度量もない。
人としてそれでいいのだろうか。

帰国後自衛隊員の28名が自殺している。(確認できた数)
NHKクローズアップ現代


そして時の総理大臣はアメリカへ。
森友疑惑の昭恵夫人と愛媛県の職員とは会っていないという柳瀬秘書官を連れて。
「参考人招致にしておいたから」
「ありがとうございます」
「(参考人招致は)23日だから まあそれまで向こうでゆっくりしようよ」
「ありがとうございます」
「やばくなったら検察に訴追を匂わせて、メデイアに報道するように言っておくから そしたら証人喚問でもなんでもいい 佐川くんのように答えればいいだけだから」
「ありがとうございます!!」





[PR]
by 2006taicho | 2018-04-18 01:32 | 知っておきたいこと | Comments(0)

山本太郎の追及

4/10のブログで取り上げた内容を山本太郎氏がしっかり追及してくれていた。

面白いのは議場が静寂なこと。野次も咳払いもない。
大臣たちの答弁も無駄がない。山本議員が正しいことを言っている証拠。

不誠実なのは東電側の回答のしかた。(内容ではない)
「ご質問ありがとうございます」なんていうのはまったく必要ない。
質問があるから呼ばれたのにこんな言い方。
この一言だけで東電側の傲慢さがよくわかる。
山本議員の質問時間はたったの15分、質問時間を短縮させようという姿勢。

紛争解決の間に浪江町では800人以上が亡くなっていることなど彼らには関係ないのだろう。


4/4参院・震災復興特別委員会


山本太郎の事務所では質問した内容を必ずYouTubeにアップしている。
字幕入りと文書化もしている。
恐らくここまでやる議員はほかにはいないのではないだろうか。
スポーツ界・芸能界出身のタレント議員にもこういう人がいる。





[PR]
by 2006taicho | 2018-04-17 14:29 | 知っておきたいこと | Comments(3)

4.14国会前抗議デモ

4月14日 田中龍作ジャーナル =全文=
「安倍辞めろ」デモ 過剰警備のなか国会前決壊


d0098363_030539.jpg
弁護士は、バリケードから飛び出しただけで身柄拘束された男性を、必死に抱きかかえたが、警察にはがされた。男性は警察署に連行されて行った。=14日、午後3時40分頃 国会議事堂前 撮影:田中龍作=

 安倍首相の最も嫌がる光景が国会前で再現された―

 「こちらは混雑しています。通れません」。ピケを張った警察隊は、国会議事堂正門につながる歩道の入り口で誤誘導し、参加者を会場に入れさせまいとした。明らかな過剰警備である。

 だが弁護士たちが割って入り、ひと一人が通れるスペースを確保した。安倍退陣を求める集会の会場となった国会前・南北両側の歩道は参加者で膨れあがった。

 「公的文書改ざんするな」「安倍は辞めろ」・・・怒気をたっぷりと含んだシュプレヒコールが、国権の最高機関に突き刺さった。

 警察は鉄製のバリケードを番線(太目の針金)で止め、容易に決壊しないようにした。

d0098363_0312148.jpg
南側歩道のバリケードが決壊した瞬間。=14日、午後3時35分頃、国会議事堂前 撮影:田中龍作=

 午後3時30分。デモ隊は車道から正面突破を図った。真正面に議事堂がそびえる。警察はバリケードを閉めて入れさせまいとした。

 南北両側歩道の警備は手薄となった。5分後、南側歩道のバリケードが決壊、続いて北側も決壊した。

 議事堂正門につながる車道に市民が洪水のように なだれ込んだ。決壊は2015年の安保法制反対デモ以来初めてだ。

 「安倍は辞めろ」。人々はシュプレヒコールをあげながら議事堂に向かって突き進んでいった。

 次回、警察はさらに警備を強化してくるだろう。

d0098363_0315651.jpg





d0098363_0355512.gif
警察の鉄柵が決壊した、なんて久しぶりのことだろう。
感動する。首都東京だけで3万とか5万人とか。この日は全国で抗議集会が開かれている。参加したかったが、今月は月末に上京予定なので断念。

鉄柵の決壊は国民の怒りの象徴。だけどアベさんは「警備は一体なにをやっているんだ」ときっと警視庁に脅しをかけている。
こんなときにトランプに会いに行くらしい、それもあの柳瀬秘書官を連れて。



d0098363_0491428.jpg
同じ頃あの前川氏の講演にはこんなに市民が集まり、定員1,000人の会場に1,200人が集まった。

立憲民主党の長妻氏のことば。
「政治に無関心でいられても、政治に無関係ではいられない」

「ときには、自分の時間を誰かのために使う」
これは私が今思っていること。(笑)






[PR]
by 2006taicho | 2018-04-15 00:58 | 知っておきたいこと | Comments(2)

うれしいのとお疲れ様と

野菜作りの一番の楽しみは植えたタネから芽がでること。
d0098363_0551312.jpg

d0098363_056055.jpg

d0098363_056209.jpg
種を植えてから二週間。
竹やぶの中に蒔いたスイカのタネから芽がでてきた。
「芽が出る」というのはこういうこと。
霞が関の官僚ふうに言うと「出芽」。味気ない言い方。










さて、島の情報誌voice №2
こちらは無事印刷が終わり、宅配便で届いた。

d0098363_10285.gif


目的は「人口減少をなんとか食い止めよう」
その対策は?どんな方法がある?東京都と国への依存体質のままでいいのかだろうか?
つまり意識改革。
日本のほとんどの市町村は交付金と補助金で成り立っている。

皮肉ではないが、例えれば、親の仕送りを待っている大学生みたいなもの。
アルバイトをすればいいのだけど、そうなると大学へ通うのが難しくなる。だからアルバイトは自分の小遣いの足し程度にする。
基本は親からの仕送り。本を買うと言っては、合コンとかデート代にまわしている。
就職なんかしないで、ずっと大学生でいたい。



本日、新聞屋さんに持ち込んだ。




折込になって配達されるのは日曜日か月曜日になる。
島の人口が約8,000人、新聞購読世帯は2,500世帯。
恐らく5,000人くらいの人が読むことになる。
そして口コミで誌面を回し読みする人も出てくることを考えると相当な浸透力。
今日は友人と二人でささやかな完成パーティー。
誌面はすべて一人で作り、友人は印刷手配と寄付の呼びかけ。









「どんな反応があるか楽しみ」
「うん もう3号を考えてるよ」
「早いね、どんな?」
「次はちょっと過激に図書館建設について 今年の9月ころから建築が始まるけど、どんな内容か誰も知らない、恐らく何億円もかかるだろうけど、住民説明がないのはどうなんだろうっていう感じで」
「なるほど、今の利用者は何人くらいだっけ」
「町役場の資料では一日10人いるかいないかくらい」
「そのために何億円も使うのかあ」
「図書館自体は反対ではないけど、今の建物が老朽化しているし、問題はその中身をオープンにしていないこと、構想・設計委託だけで7,000万円くらいかかっている」
「また丸投げかあ」
「まあ 業者に委託っていうのはどこの町もやることだけどね」
「何億円もかけて利用者が10人以下なんてことになる」
「まあ 最初は目新しさで少しは増えるだろうけど、一年もすれば恐らく利用する人は元に戻る、そうするとまた評判が悪くなる」
「確かにそうだ」
「今の時代 大学生も本を読まないし、そもそも図書館という存在が時代に求められていないんじゃないのか 町の人たちが図書館というものを必要としているのか 何億円もの図書館が果たして必要なのかどうか、もっと規模を抑えて、こじんまりとした図書館じゃだめなのか、ネットの利用を考えれば昔みたいになんとか百科事典は要らないし、本の冊数だって抑えられる そうすれば面積も抑えられる、十年後はもっと便利な形体になっているかもしれない 図書館に行かなくても本を借りられるようなシステムになっている可能性もある」
「確かに、恐らくそうなるだろうね 十年後くらいには」
「うん だからちょっと調べてみる」

こちらはどんなタネの芽が出るだろう。

d0098363_1361875.jpg島の情報誌voice №2 読んでみる





[PR]
by 2006taicho | 2018-04-14 01:41 | 知っておきたいこと | Comments(2)

たった一人の社会正義

4月10日田中龍作ジャーナル =全文=

「本件は首相案件」 安倍総理の虚偽答弁明らかに

d0098363_248323.jpg
「文書のない行政はないんだよ。早く出して下さい」。森ゆうこ議員(自由)は机を叩いて官僚に迫った。今治市職員の官邸訪問を昨年6月、国会で爆弾質問した。=10日、野党合同ヒアリング 衆院第16控室 撮影:筆者=

 加計学園獣医学部の誘致をめぐって2015年4月2日、今治市職員、愛媛県職員、学園幹部が首相官邸を訪問し、柳瀬首相秘書官と面会していた。柳瀬秘書官は「本件は首相案件」としたうえで、国家戦略特区を勧めるなどした・・・

 面会に出席した愛媛県職員が作成した文書の存在を朝日新聞(10日付)が報じた。

 報道が正しければ、「獣医学部の申請を知ったのは(2017年)1月20日」とする安倍首相の答弁(衆院予算委・2017年7月24日)は、虚偽であったことになる。

 首相秘書官が首相の指図もなしに「首相案件」などと言うことはないからだ。

 安倍首相に「国家戦略特区を使うよう」勧めたりすることもない。国家戦略特区会議の議長は安倍首相だからだ。
d0098363_2492961.jpg
2015年4月、官邸で柳瀬首相秘書官と面会した今治市企画課の秋山直人課長(右)。加計疑惑今治ルートの実情を最も良く知る人物だ。=昨年4月、今治市 撮影:筆者=

 文書の存在について愛媛県の中村時広知事が、きょう夕方、記者会見を開いた。中村知事は官邸での面会に出席した職員から直に事情を聴いたという。知事によれば―

・書類は職員が備忘録として書き留めたメモである。

・職員は『メモの内容は(朝日新聞の記事に)出てくる範囲で間違いない』と答えた。

 そのうえで知事は「正直に国の方で丁寧に説明して頂きたい」と官邸に注文をつけた。

 野党5党(立民、民進、希望、社民、共産)はきょう合同で2度にわたって、内閣府、文科省、農水相からヒアリングした。各府省とも「確認中」とかわした。

 文書(メモ)は愛媛県から、内閣府、文科省、農水省に送られている。作成した愛媛県が文書の存在を認め、朝日新聞の報道は間違いないとしたのである。各府省は野党議員が要求する文書提出を拒んだ。

 追い詰められた安倍首相だが、今度は自らの秘書官に責任をすべておっ被せようというのだろうか。

「正直に国の方で丁寧に説明して頂きたい」
愛媛県知事は観念した様子です。今治市長は多分観念しないでしょう。
観念したくてももう裏がドロドロで無理なのでしょうね。


森友疑惑。
一年以上前、大阪の豊中市議の木村氏が「変だなあ」と思い、近畿理財局などへ問い合わせたのがきっかけ。そのとき理財局は「のり弁」の書類を見せた。
あまりの対応に木村市議はTVメデイアへことの真相を報道してくれとあらゆるメデイアへ連絡した。しかし、取り上げてくれたメデイアは一つもなかった。
d0098363_3231690.jpg
そこで木村市議は開示の中身が不誠実だとして訴えた。そして記者会見を開く。このときようやくメデイアが取り上げた。「あれだけ記事にしてくれと頼んだのに、今更かよ」というのが木村市議の感想。そして、どういうことならメデイアが取り上げるのかを知った。
つまりネタ情報段階では駄目で、訴訟を起こし記者会見までやると取材にくるのだ。
大手の記者たちは本来はその情報をもとに現地取材・調査を始めるべきだ。なんのために全国に支社があると思っているのだろう。
そしてその調査に確信がもてたら記事にするのがジャーナリストだ。
それをせず、個人が調べた情報におんぶにだっこの報道姿勢。美味しいところだけを持ってゆく。
そして、その後はアベ忖度。
風向きが変わってくると忖度していたことも忘れて、政権批判。主体性のかけらもない。

豊中市の木村市議は自分の住む町のことに疑問を感じ、おかしいことはおかしいと言っただけ。
この社会正義感が今一番必要なのに、失われつつある。
諸外国は最初は呆れていたが、今は興味の対象が、アベさんを辞任に追い込もうと立ち上がらない、日本人の行動、社会正義について本気で心配している。





[PR]
by 2006taicho | 2018-04-11 03:45 | 知っておきたいこと | Comments(2)

facebook


d0098363_218268.gif

d0098363_213990.jpg


d0098363_2214662.jpg







[PR]
by 2006taicho | 2018-04-10 02:23 | 知っておきたいこと | Comments(0)

過労死無視

4月10日田中龍作ジャーナル =全文=

「過労死公表してもいい」遺族の意志 閣議決定までひた隠しにした厚労省 


d0098363_140471.jpg
土屋喜久・大臣官房審議官。FAXの送り主が遺族であることを認めた。野党議員が「では野村不動産で過労死があったことを認めるのか?」と聞くと、それは認めなかった。=9日夕、野党合同ヒアリング 衆院第16控室 撮影:筆者=

 裁量労働制の違法適用で野村不動産の社員が過労自殺した問題―

 厚労省に「過労死を公表しても構わない」という内容のFAXを送り付けてきたのは、遺族であることを同省が確認した。

 9日夕の野党合同ヒアリングで土屋喜久・大臣官房審議官が認めた。加藤大臣や厚労省事務方はこれまで、FAXだけでは本人であることが確認できない、と答弁していた。

 過労死社員の遺族であるこということを認めると、野村不動産で過労死があったことになるからだ。

 FAXが届いたのは5日。翌6日には「働き方改革」一括法案の国会提出が閣議決定されることになっていた。閣議決定にも影響を及ぼしかねないため、FAXの送り主が遺族であるということを確認したくなかったものとみられる。

 朝日新聞(3月4日付)によると社員が自殺したのは2016年9月。翌2017年春、遺族が労災申請した。

 財界の意向を汲んで裁量労働制の拡大を図りたい安倍政権にとって、野村不動産での過労自死はあってはならないことだった。

d0098363_1403891.jpg
勝田局長から加藤大臣への報告書類。過労死に関する部分は黒塗りだ。書類を手にしているのは、福島みずほ議員(社民)。=2日、撮影:筆者=

 都合の悪いことは何でも改ざんするのが、この政権の特徴だ。

 社員の過労死が認定される前日の昨年12月25日、東京労働局の勝田智明局長は野村不動産の宮嶋誠一社長を呼びつけて特別指導する。

 勝田局長は翌26日に記者会見をしたが、過労死については伏せたままだった。「特別指導をしたぞ」と誇らしげに語っただけだ。

 勝田局長は同日、加藤厚労相に特別指導の中味について報告に行った。「野村不動産で過労自殺があった」と。

 厚労省は当然、官邸にも情報を上げている。安倍首相の耳に入っている可能性は十分にある。

 政府は裁量労働制のもとで過労死があったことを知りながら法案を出そうとしたのである。人間の所業ではない。

 野党の追及や朝日新聞のスクープがなければ、過労死は闇に葬られていた。

経団連の希望を通し、人の死さえ無視して、やりたい放題のアベ政権。
その下僕となって国民を騙す高学歴なお役人。
お役人たちは立身出世のためなら、アベさんの靴も舐めるのだろう。
共通しているのは安定した、人より豊かな生活。
この顔を世間では「都合が悪い時の男の表情」と言う。





[PR]
by 2006taicho | 2018-04-10 01:51 | 知っておきたいこと | Comments(0)

原子力村の人たちの考え

東京新聞の記事から、読みやすく書いてみました。

「東電 他社原発を支援」

東海第二原発再稼働を目指す日本原子力発電(原電)。
5日 原子力規制委員会の会合で、1,740億円を東電と東北電力から資金援助を受けると報告。

東電が他社の資金援助?なにを考えているんだ東電は。

だって、東電は利用者の電気代、国からの支援がなければ、福島の廃炉や賠償費用を賄えない立場。
他社を援助している場合か。
東電は福島原発の処理費用が21兆5,000億円と見積もり、その費用の一部は消費者と国に面倒みてもらう立場。

さて 日本原子力発電(原電)は現在どういう状況かと言うと、原電は四基の原発があるが、東海と敦賀一号機は廃炉準備中、敦賀の二号機は直下に活断層があるといわれ、規制委員会が活断層と判断すれば廃炉になる。
残るは東海第二原発だけとなり、これが廃炉になれば経営破綻となる。
だから必死なわけだ。
そして東電が自分の立場を顧みず支援するのは、原電の筆頭株主だからだ。
原電に破綻されたら所有する株券が紙くずになるからだ。

仮に規制委員会が再稼働を認可しても周辺自治体の同意が必要。
一つでも自治体が反対すれば再稼働は出来ない。
今の日本は電力不足でも何でもない。
自治体が反対する可能性は十分考えられる。

国民に自分たちの会社の資金をだしてもらっている立場で、同業他社に金を融通する。
どういう了見だ、ということを言いたい。
こういうのを原子力ムラの人たちという。




もうひとつこちらは翌6日の記事

「浪江の賠償増額 決裂」

福島原発の事故を受け、浪江町の住民約1万5千人が申し立てた裁判外解決手続き。(ADR)

ADR(裁判外紛争解決手続き)とは
訴訟を起こさず、損害賠償請求できる。仲介委員が双方の主張を聞いて和解案を提示。手続きが簡便で解決までの時間が短いのが特徴。

国の原子力損害賠償紛争解決センターは、和解の仲介手続きを打ち切った。
仲介センターが示した慰謝料、現状一人十万円に5万円の上乗せをする和解案を東電が拒否した。
和解交渉は四年間も続き、東電はすべて拒否してきた。
今後は住民は個人でADRの申立をするか、個人で訴訟を起こすしかない。
住民は「東電には加害者であるという意識がない、あるのは企業利益だけ」
仲介した担当者は「あきれた対応」と語っていた。
交渉をはじめて4年以上が経過、その間に800人以上の住民が亡くなっている。

国民の税金と東電しか選べない契約で電気代を支払っている消費者。
別々のようだが、実は同一人物だ。
納税者であり東電の顧客・消費者だ。
その両方から援助してもらいながら存続している会社のやることがこれだ。
事故の責任を誰もとらず、当時の幹部たちは天下りしている。
不満はあるけど声を挙げない国民がそれを支えているのだ。
声を挙げればあっという間に改革できるというのに。
「騒いでいる人たち」におんぶにだっこ精神の悲しさ。
根っこは、自民党&アベさん支持者と変わらない。
よらば大樹の影 精神。

d0098363_1101282.png






[PR]
by 2006taicho | 2018-04-10 01:11 | 知っておきたいこと | Comments(0)

おかしいことはおかしいと言う