確かにかっこいい

一年前の国会での代表質問です。
SNSで「かっこいいい」と出ていたので観てみました。
これを観ながら過去にあの青島幸男が「総理は財界の男めかけ」と言い放ったのを思い出しました。
山本太郎のような愚直な議員があと何人もいたらちょっとは国も良くなる気がしました。
山本太郎が無所属にならない理由がここにあります。
今の国会は政党政治だからです。
無所属だと同じ同士を集めないと国会で代表質問も出来ない、、委員会での質問も充分な時間を与えられないからです。
「痛し痒しの面がある」と本人も率直に認めています。

日常生活で、会社の中で、こんな態度の人間は好かれないでしょう。
なぜでしょうか?
交通事故に巻き込まれた、理由もなくナイフで刺され殺された、過労死自殺した、いじめで自殺した、介護に疲れて親を刺殺した、子供を虐待し栄養失調で死んだ、毎日のように発生する事故の当事者になったらどうでしょう?
山本太郎は現場を観ているんだと思います。
つまり当事者だったらという認識が彼を突き動かしているんだろうと思います。
そこから湧き上がる「怒り」なんだと思います。
当事者になったら遺族は必ず「真実を知りたいんです」といいます。
「当事者なるまで待つような態度では国は決して良くならない」
ことを教えてくれます。

厚生労働者によると、
若年層の自殺と事故の死亡率を先進7カ国で比べると、自殺が事故を上回ったのは日本だけだった。
日本の自殺者数は21,897人で、先進国で6位、女性に限れば3位です。
毎日60人が自ら命を絶っています。





[PR]
by 2006taicho | 2018-02-02 00:22 | 知っておきたいこと | Comments(0)