国会質疑

昨日の国会予算委員会です。たったの19分間ですので是非。
これでよくわかること三点ーーー
①アベさんという人物、
「お前はなにを根も葉もないことを言っているんだ、まったくでたらめだ、質問に答えるのも馬鹿馬鹿しい」という姿勢。
根も葉もない事なら正々堂々と正面から答えれば、答弁は一回で済む。
相手も間違いを認めて謝罪するだろう。
佐川氏も昭恵夫人も家計理事長の証人喚問はすべて拒否。
一国の総理大臣の名誉がかかっていることだと思う。
歴代の総理大臣はここまで疑惑があがったら辞任している。
それをやらない理由はなんなのか。

②国会という国の最高決定機関の恥ずべき実情。
聞かれた本人は答えず、聞かれてもいない国家公安委員長が出て来る。
しかも事前通告で聞く予定がない人物。
(国会の委員会などの場合は必ず質問は事前に政府側に伝えてある、しかもそれを誰に聞きますからということも。その証拠に質問者が代わると、回答する側の事務方は毎回入れ替わる。事務方は答えられない大臣のために事前に用意しておいたA/4の紙を渡す役割でうしろに常に控えている)
逮捕を止めた人物(本人は認めている)と担当刑事(事件後すぐ飛ばされている)の参考人招致などをすればすぐ明らかになる事案。
それを理事会で諮ると自民党はすべて拒否。

d0098363_3535293.jpg
③元TBS記者の準強姦罪疑惑。逮捕中止、不起訴、検察審査会で不起訴相当、検察審査会の資料は黒塗り、海外メディアは10カ国以上で報道。
これを全く伝えない日本の大手メデイアの恥ずべき実態です。
恐らく明日もこの質疑の部分は放送もされないでしょう。



建物、絨毯、豪華なシャンデリア、ふんぞり返っている椅子、放送マイク、彼らの着ている高級そうなスーツ・ワイシャツ・ネクタイ、すべて我々国民が負担している。
スーツやネクタイはちがうというなら、一体どんな収入があったの、と聞くよアベさん。









[PR]
by 2006taicho | 2018-01-31 02:12 | 知っておきたいこと | Comments(0)