ブログトップ

隊長ブログ

言論の自由




紛争地帯に赴いて危険を覚悟で取材するジャーナリストがいる。
なぜ彼らがそうまでして取材活動をするかというと、日本の大手メデイアが真実を伝えないからだ。
ひょっとしたら現地の実情はまったく違う様相をていしているかもしれないからだ。
世界世論が間違った認識を持ってしまうことに危機感を感じるからだ。

しかし彼らの行動をモノ好きだからとか、売名行為だとか、英雄気取りだと切り捨てる人もいる。
挙句は殺害されて「自業自得」とも言う。

最近感じるのは、twitterやfacebookなどのSNSは毎日相当数の人が投稿している。
その中で、海外からの投稿に気になるものがある。
日本人で海外に住んでいる人の現地の情報というものがある。
これが結構情報としては役に立つ。彼らは日本人の特性がわかっているから的を得た情報を投稿する。
「日本では恐らくこういう捉え方をされているだろうなあ、でも本当はちょっと違う」という投稿が気になる。
これはある意味平和裡の特派員報告とも言える。
「海外ではどう観ているんだろう」と知りたいときは有用だ。
その人のフォロワーになっておけば投稿されれば必ず読める。
おかしいとおもったらフォローをやめればいい。ボタン一つでできる。

SNSの普及でメデイアも安閑としていられなくなったことも事実だろう。
毎朝届く新聞はその価値を失いかねない状態だ。
取材して記事にして編集して印刷してトラックで運んでいるうちに状況が変わっていたということに対応できないからだ。
スポンサー付きで放送するTVも、段取りで放送しているから予定外のことは報道しにくい。
SNSは多様な声がある。老若男女自分の意見や情報を投稿できる。
読む側にも意見を云う側にも同時になれる。
投稿への反応も早い。
一方方向・片側通行の新聞・TVメデイアは全く太刀打ちできない。
新聞に「読者の声」欄があるけど、現代はその読者が独立して自由に勝手に歩きだしている。編集者の取捨選択など不要だと。

10年以上ブログをやっていて経験したのは、育児、料理レシピ、趣味とかをメインにしたブログは長続きしていない。
ただし、毎日のようにその手のブログは発生している。
だから数の上では沢山あることになっているけど、続いている年数としては圧倒的に短命。
つまりやっているほうも読む方も飽きてしまうからなのだ。
子供の成長記録からスタートしても、その内容ははっきり言って誰もが通った道。「かわいいでしょう」から始まり、子供が5歳以上になってくると内容も変わってきてしまう。
レシピブログはプロの紹介ものが溢れている。
趣味ブログは内容が井戸端会議の範囲を超えにくいので本人も読者も飽きてしまう。

何度も言うけど、世の中批判、政治的なものも結構危ない。
SNSがガス抜き装置になっている面もある。
抗議の声をあげるのにSNSは手っ取り早い、匿名でOK。
なにか不平不満があれば毎日書き込むことで、なんだか抵抗しているような気分になれる。
これは権力側にとっては好都合。
家のテーブルの前でとか炬燵のなかで反対だと言っていても相手は痛くも痒くもない。
しかもある程度の不満は本人が勝手にSNSで呟いて解消してくれる。
横のつながりかたを知らない国民はありがたいということになる。
一致団結して立ち上がり、文科省までデモやシュプレヒコールをやられるのは困る。
ましてや人権弁護士とともに要求書、質問状、などはもっと困る。
告発につながり裁判になってしまうからだ。
そうなるとメデイアも伝えざるを得なくなるかもしれない。
だから社会への不平不満はSNSで個人的につぶやいてガス抜きしていてもらいたいということになる。
なので一応監視するアルバイトを雇って、本当のことを言っているなというつぶやきは炎上させてSNSを嫌にさせる。(ネトウヨ=ネット右翼)
でもまあ、そんな姑息なことをやっているのはちょっと慣れてくるとみんなわかってしまう。
妨害された、いきなり削除されたという報告が投稿されるからだ。

SNSの効用は使い方次第だろうけど、悪意ある書き込みは退治されている。
勿論当局はすべて監視しているだろうことは知っておかなければならない。
それは携帯スマホの会話内容もメールも全てだ。
日本中(世界中も)が監視されていることは暴露された。
今のところあからさまな妨害はないけど、いつどんな理由で法律に書き込まれるとも限らない。
そうなったらもうアウト。
自由な発言を規制されたら、現代人は弱い。
ネットに依存し過ぎているからだ。
電車の中の人々の様子でそれは明白だ。

反対の声を挙げられないようになったら権力のやりたい放題。
国民の家畜化とはそういうこと。

★追記
トランプは暗殺されるだろうという
世界は経済恐慌になりウオール街は消滅するという
第三次世界大戦があるという
上記は1%が2020年に新世界秩序を完成させるための計画だという
(アベさんも2020年までに日本をと言い出している)
それは1%が「彼らにとって都合の良い共産主義世界」を構築するためだという

おかしいことはおかしいと言わなければ。
無関心、暗い話、真剣な話、議論、討論を避けるのはもうやめよう。
頭の中を空っぽにされるから。




[PR]
by 2006taicho | 2018-01-12 05:30 | 知っておきたいこと | Comments(0)

おかしいことはおかしいと言う