知っておきたいこと

E・スノーデンの証言

6/2東京新聞 全文

ーエックスキースコアは何ができるのか。
 「私も使っていた。あらゆる人物の私生活の完璧な記録を作ることができる。通話でもメールでもクレジットカード情報でも、監視対象の過去の記録まで引き出すことができる『タイムマシン』のようなものだ」
 「エックスキースコアを国家安全保障局(NSA)と日本は共有した。(供与を示す)機密文書は本物だ。米政府も(漏えい文書は)本物と認めている。日本政府だけが認めないのは、ばかげている」


 -日本の共謀罪法案については
 「(法案に)懸念を表明した国連特別報告者に同意する。法案がなぜ必要なのか、明確な根拠が示されていない。新たな監視方法を公認することになる」
 「大量監視の始まりであり、日本にこれまで存在していなかった監視文化が日常のものになる」


 -大量監視は何をもたらすか。
 「『あなたに何も隠すものがないなら、何も恐れることはない』とも言われるが、これはナチス・ドイツのプロパガンダが起源だ。プライバシーとは『隠すため』のものではない。開かれ、人々が多様でいられ、自分の考えを持つことができる社会を守ることだ。かつて自由と呼ばれていたものがプライバシーだ」
 「隠すことは何もないからプライバシーなどどうでもいいと言うのは『言論の自由はどうでもいい、なぜなら何も言いたいことがないから』と言うのと同じだ。反社会的で、自由に反する恥ずべき考え方だ」


 -大量監視で国家と市民の関係は変わるか。
 「民主主義において、国家と市民は本来一体であるべきだ。だが、監視社会は政府と一般人との力関係を、支配者と家臣のような関係に近づける。これは危険だ」
 「(対テロ戦争後に成立した)愛国者法の説明で、米政府は現在の日本政府と同じことを言った。『これは一般人を対象にしていない。テロリストを見つけ出すためだ』と。だが法成立後、米政府はこの愛国者法を米国内だけでなく世界中の通話記録収集などに活用した」


 -テロ対策に情報収集は不可欠との声もある。
 「十年間続いた大量監視は、一件のテロも予防できなかったとする米国の独立委員会の報告書もある」
 「当局の監視には、議会と司法の監督が有効だ。特に司法は、個別のケースについてチェックする必要がある」


 -日本の横田基地(東京)勤務時代の仕事は。
 「アジア各地に散らばる米国のスパイ通信網を構築する技術者として働いていた。私が暴露した文書には、横田基地で二〇〇四年に新たな施設を建設した際の費用六百六十万ドルのほとんどを日本政府が負担したことを示す文書が含まれている。
これは事実だ。米軍駐留経費の肩代わりは、米軍が駐留する国に共通する。新たな植民地主義だ」
 「米国による日本の官庁への盗聴が暴露された際、日本の法を破ったにもかかわらず、なぜ日本側は抗議しなかったのか。少なくとも文句を言い、やめるよう伝えるべきだったのではないか」

d0098363_2312228.jpg




-機密情報を暴露するに至った理由は。
 「重要なのは事実だ。死ぬほど怖いことだが、価値はある。
私は政府が各国の人々の権利を侵害しているという事実を暴露したことで、違法とされた。倫理に沿う決断をするためには法律を破るしかない場合がある。歴史的にも、完全に合法だが完全に倫理に反しているという政策や決定はあった。法律は守るべきだが、社会、国民、将来のためになるという限りにおいてだ」


-亡命生活について。
 「もちろん米国の家に帰りたい。ロシアに住むことを望んだわけではない。
もし、日本が私を迎えてくれるなら幸せだ。ただ、インターネットを通じて私は世界を仮想訪問している。私はネットの中で生きている」 (モスクワ・共同)


☆-------------------------------------------------------------------------------------------☆
<エドワード・スノーデン氏> 1983年6月21日、米ノースカロライナ州生まれ。2004年に陸軍特殊部隊員を目指したが、その後CIAに雇われた。09年に民間会社社員として在日米軍横田基地内の国家安全保障局(NSA)に勤務。13年6月、NSAによる米国や世界規模での大量監視の実態を英ガーディアン紙などに暴露した。同月ロシアに渡り政治亡命。米当局はスパイ活動取締法違反などの疑いで訴追。一方、監視社会の実態を警告した「内部告発者」として評価する声も高い。 (共同)


[PR]
by 2006taicho | 2017-06-07 02:34 | 知っておきたいこと | Comments(0)

おかしいことはおかしいと言う


by rei7955

おすすめの本

驕れる白人と闘うための日本近代史 (文春文庫)
驕れる白人と闘うための日本近代史 (文春文庫)

ショック・ドクトリン〈上〉――惨事便乗型資本主義の正体を暴く
ショック・ドクトリン〈上〉――惨事便乗型資本主義の正体を暴く

「南京事件」を調査せよ (文春文庫)
「南京事件」を調査せよ (文春文庫)
殺人犯はそこにいる: 隠蔽された北関東連続幼女誘拐殺人事件
殺人犯はそこにいる: 隠蔽された北関東連続幼女誘拐殺人事件
知ってはいけない 隠された日本支配の構造 (講談社現代新書)
知ってはいけない 隠された日本支配の構造 (講談社現代新書)
マンガ 日本人と天皇―近代天皇制とはなにか (講談社プラスアルファ文庫)
マンガ 日本人と天皇―近代天皇制とはなにか (講談社プラスアルファ文庫)
君たちはどう生きるか (ポプラポケット文庫 日本の名作)
君たちはどう生きるか (ポプラポケット文庫 日本の名作)
日本の知恵 ヨーロッパの知恵 (知的生きかた文庫)
日本の知恵 ヨーロッパの知恵 (知的生きかた文庫)
ルポ 貧困大国アメリカ II (岩波新書)
ルポ 貧困大国アメリカ II (岩波新書)
隠蔽捜査 (新潮文庫)
隠蔽捜査 (新潮文庫)
ブラックライト〈上〉 (扶桑社ミステリー)
ブラックライト〈上〉 (扶桑社ミステリー)
迅雷 (文春文庫)
迅雷 (文春文庫)
悪果 (角川文庫)
悪果 (角川文庫)
氷舞 新宿鮫6~新装版~ (光文社文庫)
氷舞 新宿鮫6~新装版~ (光文社文庫)
その女アレックス (文春文庫)
その女アレックス (文春文庫)
検察崩壊 失われた正義
検察崩壊 失われた正義
騙されてたまるか 調査報道の裏側 (新潮新書)
騙されてたまるか 調査報道の裏側 (新潮新書)
稼ぐまちが地方を変える 誰も言わなかった10の鉄則 (NHK出版新書)
稼ぐまちが地方を変える 誰も言わなかった10の鉄則 (NHK出版新書)
検事失格
検事失格
日本人だけが知らない「本当の世界史」 (PHP文庫)
日本人だけが知らない「本当の世界史」 (PHP文庫)
増補版 国策捜査    暴走する特捜検察と餌食にされた人たち (角川文庫)
増補版 国策捜査 暴走する特捜検察と餌食にされた人たち (角川文庫)
日本会議の研究 (扶桑社新書)
日本会議の研究 (扶桑社新書)
寝ながら学べる構造主義 ((文春新書))
寝ながら学べる構造主義 ((文春新書))
ヒトラーとナチ・ドイツ (講談社現代新書)
ヒトラーとナチ・ドイツ (講談社現代新書)
日本会議の正体 (平凡社新書818)
日本会議の正体 (平凡社新書818)
唐牛伝 敗者の戦後漂流
唐牛伝 敗者の戦後漂流
一九八四年[新訳版] (ハヤカワepi文庫)
一九八四年[新訳版] (ハヤカワepi文庫)
スノーデン 日本への警告 (集英社新書)
スノーデン 日本への警告 (集英社新書)
警視庁公安部・青山望 国家簒奪 (文春文庫)
警視庁公安部・青山望 国家簒奪 (文春文庫)
里山資本主義 日本経済は「安心の原理」で動く (角川oneテーマ21)
里山資本主義 日本経済は「安心の原理」で動く (角川oneテーマ21)
政府は必ず嘘をつく 増補版 (角川新書)
政府は必ず嘘をつく 増補版 (角川新書)
アメリカから〈自由〉が消える (扶桑社新書)
アメリカから〈自由〉が消える (扶桑社新書)
ヒトラーとナチ・ドイツ (講談社現代新書)
ヒトラーとナチ・ドイツ (講談社現代新書)
1秒24コマの美 黒澤明・小津安二郎・溝口健二
1秒24コマの美 黒澤明・小津安二郎・溝口健二
ルポ 貧困大国アメリカ (岩波新書)
ルポ 貧困大国アメリカ (岩波新書)
凶悪―ある死刑囚の告発 (新潮文庫)
凶悪―ある死刑囚の告発 (新潮文庫)
エンデの遺言 ―根源からお金を問うこと (講談社+α文庫)
エンデの遺言 ―根源からお金を問うこと (講談社+α文庫)
火花 (文春文庫)
火花 (文春文庫)
絶望の裁判所 (講談社現代新書)
絶望の裁判所 (講談社現代新書)
絞首刑 (講談社文庫)
絞首刑 (講談社文庫)
「子供を殺してください」という親たち (新潮文庫)
「子供を殺してください」という親たち (新潮文庫)
東電OL殺人事件 (新潮文庫)
東電OL殺人事件 (新潮文庫)
マンガ 日本人と天皇
マンガ 日本人と天皇
サピエンス全史(下)文明の構造と人類の幸福
サピエンス全史(下)文明の構造と人類の幸福
サピエンス全史(上)文明の構造と人類の幸福
サピエンス全史(上)文明の構造と人類の幸福
勾留百二十日  特捜部長はなぜ逮捕されたか
勾留百二十日  特捜部長はなぜ逮捕されたか
国家の罠―外務省のラスプーチンと呼ばれて (新潮文庫)
国家の罠―外務省のラスプーチンと呼ばれて (新潮文庫)
なぜ世界の半分が飢えるのか―食糧危機の構造 (朝日選書 (257))
なぜ世界の半分が飢えるのか―食糧危機の構造 (朝日選書 (257))
武器輸出と日本企業 (角川新書)
武器輸出と日本企業 (角川新書)
日本の公安警察 (講談社現代新書)
日本の公安警察 (講談社現代新書)
日本はなぜ、「戦争ができる国」になったのか
日本はなぜ、「戦争ができる国」になったのか
日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか
日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか
戦後政治を終わらせる 永続敗戦の、その先へ (NHK出版新書)
戦後政治を終わらせる 永続敗戦の、その先へ (NHK出版新書)
あの戦争と日本人 (文春文庫)
あの戦争と日本人 (文春文庫)
電通 洗脳広告代理店
電通 洗脳広告代理店
花森さん、しずこさん、そして暮しの手帖編集部 (NHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』モチーフ 花森安治・大橋鎭子との日々)
花森さん、しずこさん、そして暮しの手帖編集部 (NHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』モチーフ 花森安治・大橋鎭子との日々)
中国第二の大陸 アフリカ:一〇〇万の移民が築く新たな帝国
中国第二の大陸 アフリカ:一〇〇万の移民が築く新たな帝国
古今亭志ん朝 (KAWADE夢ムック 文藝別冊)
古今亭志ん朝 (KAWADE夢ムック 文藝別冊)
原発プロパガンダ (岩波新書)
原発プロパガンダ (岩波新書)
1974年のサマークリスマス 林美雄とパックインミュージックの時代
1974年のサマークリスマス 林美雄とパックインミュージックの時代
昭和史 1926-1945 (平凡社ライブラリー 671)
昭和史 1926-1945 (平凡社ライブラリー 671)
国家戦略特区の正体 外資に売られる日本 (集英社新書)
国家戦略特区の正体 外資に売られる日本 (集英社新書)
日本会議の正体 (平凡社新書)
日本会議の正体 (平凡社新書)
ゲノム編集の衝撃 「神の領域」に迫るテクノロジー
ゲノム編集の衝撃 「神の領域」に迫るテクノロジー
地球を「売り物」にする人たち――異常気象がもたらす不都合な「現実」
地球を「売り物」にする人たち――異常気象がもたらす不都合な「現実」
検察―破綻した捜査モデル (新潮新書)
検察―破綻した捜査モデル (新潮新書)
特捜検察の闇 (文春文庫)
特捜検察の闇 (文春文庫)
パレード (幻冬舎文庫)
パレード (幻冬舎文庫)
対岸の彼女 (文春文庫)
対岸の彼女 (文春文庫)
果断―隠蔽捜査〈2〉 (新潮文庫)
果断―隠蔽捜査〈2〉 (新潮文庫)
言挙げせよ日本―欧米追従は敗者への道
言挙げせよ日本―欧米追従は敗者への道
長いお別れ (ハヤカワ・ミステリ文庫 (HM 7-1))
長いお別れ (ハヤカワ・ミステリ文庫 (HM 7-1))
永遠の旅行者〈上〉 (幻冬舎文庫)
永遠の旅行者〈上〉 (幻冬舎文庫)
狐火の家 「防犯探偵・榎本」シリーズ (角川文庫)
狐火の家 「防犯探偵・榎本」シリーズ (角川文庫)
エイジ (新潮文庫)
エイジ (新潮文庫)
李歐 (講談社文庫)
李歐 (講談社文庫)
天狗風 霊験お初捕物控(二) (講談社文庫)
天狗風 霊験お初捕物控(二) (講談社文庫)
天国までの百マイル (講談社文庫)
天国までの百マイル (講談社文庫)
見知らぬ妻へ (光文社文庫)
見知らぬ妻へ (光文社文庫)
神去なあなあ日常 (徳間文庫)
神去なあなあ日常 (徳間文庫)
夜の蝉 (創元推理文庫―現代日本推理小説叢書)
夜の蝉 (創元推理文庫―現代日本推理小説叢書)
太陽を曳く馬〈下〉
太陽を曳く馬〈下〉
太陽を曳く馬〈上〉
太陽を曳く馬〈上〉
ダーティホワイトボーイズ (扶桑社ミステリー)
ダーティホワイトボーイズ (扶桑社ミステリー)
警視庁公安部・青山望 濁流資金 (文春文庫)
警視庁公安部・青山望 濁流資金 (文春文庫)
TPPすぐそこに迫る亡国の罠
TPPすぐそこに迫る亡国の罠
内部告発―権力者に弓を引いた三人の男たち
内部告発―権力者に弓を引いた三人の男たち
福島原発の真実 最高幹部の独白
福島原発の真実 最高幹部の独白
旅の窓 (幻冬舎文庫)
旅の窓 (幻冬舎文庫)
流星ひとつ (新潮文庫)
流星ひとつ (新潮文庫)
橋の上の「殺意」 <畠山鈴香はどう裁かれたか> (講談社文庫)
橋の上の「殺意」 <畠山鈴香はどう裁かれたか> (講談社文庫)
真実 新聞が警察に跪いた日 (角川文庫)
真実 新聞が警察に跪いた日 (角川文庫)
調査報道がジャーナリズムを変える
調査報道がジャーナリズムを変える
これは誰の危機か、未来は誰のものか――なぜ1%にも満たない富裕層が世界を支配するのか,
これは誰の危機か、未来は誰のものか――なぜ1%にも満たない富裕層が世界を支配するのか,
昭和天皇の戦後日本――〈憲法・安保体制〉にいたる道
昭和天皇の戦後日本――〈憲法・安保体制〉にいたる道
流
アカマイ―知られざるインターネットの巨人 (角川EPUB選書)
アカマイ―知られざるインターネットの巨人 (角川EPUB選書)
「ドイツ帝国」が世界を破滅させる 日本人への警告 (文春新書)
「ドイツ帝国」が世界を破滅させる 日本人への警告 (文春新書)
グローバリズムが世界を滅ぼす (文春新書)
グローバリズムが世界を滅ぼす (文春新書)
野火(のび) (新潮文庫)
野火(のび) (新潮文庫)
十三億分の一の男 中国皇帝を巡る人類最大の権力闘争
十三億分の一の男 中国皇帝を巡る人類最大の権力闘争
ドクター・ハック: 日本の運命を二度にぎった男
ドクター・ハック: 日本の運命を二度にぎった男
孤宿の人〈上〉 (新潮文庫)
孤宿の人〈上〉 (新潮文庫)
全部わかった!国際銀行家たちの地球支配/管理のしくみ (5次元文庫 あ 3-2)
全部わかった!国際銀行家たちの地球支配/管理のしくみ (5次元文庫 あ 3-2)
金融のしくみは全部ロスチャイルドが作った (5次元文庫)
金融のしくみは全部ロスチャイルドが作った (5次元文庫)
日本人が知らない恐るべき真実 増補版【マネーがわかれば世界がわかる】 (晋遊舎新書 S06)
日本人が知らない恐るべき真実 増補版【マネーがわかれば世界がわかる】 (晋遊舎新書 S06)
偽りの薬 バルサルタン臨床試験疑惑を追う
偽りの薬 バルサルタン臨床試験疑惑を追う
アメリカから<自由>が消える (扶桑社新書)
アメリカから<自由>が消える (扶桑社新書)
もうひとつの核なき世界 (小学館文庫)
もうひとつの核なき世界 (小学館文庫)
原発のウソ (扶桑社新書)
原発のウソ (扶桑社新書)
邂逅の森 (文春文庫)
邂逅の森 (文春文庫)
沈みゆく大国アメリカ 〈逃げ切れ! 日本の医療〉 (集英社新書)
沈みゆく大国アメリカ 〈逃げ切れ! 日本の医療〉 (集英社新書)
戦後史の正体 (「戦後再発見」双書1)
戦後史の正体 (「戦後再発見」双書1)
最後の息子 (文春文庫)
最後の息子 (文春文庫)
里山資本主義 日本経済は「安心の原理」で動く (角川oneテーマ21)
里山資本主義 日本経済は「安心の原理」で動く (角川oneテーマ21)
日本中枢の崩壊
日本中枢の崩壊
官僚の責任 (PHP新書)
官僚の責任 (PHP新書)
辛酸―田中正造と足尾鉱毒事件 (角川文庫 緑 310-13)
辛酸―田中正造と足尾鉱毒事件 (角川文庫 緑 310-13)
約束の冬〈上〉 (文春文庫)
約束の冬〈上〉 (文春文庫)
見知らぬ妻へ (光文社文庫)
見知らぬ妻へ (光文社文庫)
極大射程 上 (扶桑社ミステリー)
極大射程 上 (扶桑社ミステリー)
ドナルド・キーン自伝 (中公文庫)
ドナルド・キーン自伝 (中公文庫)
暴露:スノーデンが私に託したファイル
暴露:スノーデンが私に託したファイル
申し訳ない、御社をつぶしたのは私です。
申し訳ない、御社をつぶしたのは私です。
これからの「正義」の話をしよう (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)
これからの「正義」の話をしよう (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)
倒錯のロンド (講談社文庫)
倒錯のロンド (講談社文庫)
私が殺した少女 (ハヤカワ文庫JA)
私が殺した少女 (ハヤカワ文庫JA)
沈黙の檻 (中公文庫)
沈黙の檻 (中公文庫)
震える牛 (小学館文庫)
震える牛 (小学館文庫)
悪の教典〈上〉 (文春文庫)
悪の教典〈上〉 (文春文庫)
照柿
照柿
苦役列車 (新潮文庫)
苦役列車 (新潮文庫)
夏への扉 (ハヤカワ文庫SF)
夏への扉 (ハヤカワ文庫SF)
リヴィエラを撃て〈上〉 (新潮文庫)
リヴィエラを撃て〈上〉 (新潮文庫)