NEWS

d0098363_2337193.jpg

公安は警察組織の最上部に位置する。
前川氏のときも、公安は官邸の指示で極秘に身辺を洗い官邸に報告。
官邸から読売に「出会い系バーに通っている」と書かせたことは周知の事実。
政権の都合の悪い情報を掴んだ人間への圧力の手先にもなる。
全く関係のないこと(微罪)でも、なんでもいいから逮捕、任意出頭を求めて、それをメデイアに書かせて、その人間の信頼性を奪うことが目的。
ときにはその家族、親戚、友人、上司にもその害は及ぶ。
国民には「あの人はこのあいだ逮捕された人」という印象を刷り込む。




福田元総理も「国家を破滅に近づけている」とのこと。d0098363_23474573.jpg





d0098363_0324736.jpg
8/1 BOLOGS
籠池「逮捕直前」最後の咆哮:安倍政権「凋落」ならば本望だ!

「安倍(晋三首相)さんの正体が見えてきた。(自民党総裁の)3選はとても無理だし、あの人にやらせたら大変なことになる。私は逮捕されるが、そのことで国民が、安倍政権をますます見放すことになれば本望だ」
d0098363_0273075.jpg





森友学園問題は
籠池氏が補助金を不正に受け取ったということにしたいのが安倍圧力に屈した特捜部。
しかし、本当は
財務省理財局が国有地を民間業者に、不正に売却(8億円値引き)したこと。

検察の仕事は

森友学園側の資産調査、運営可能な資力、人力、補助金需給の手続きはどうだったか
8億円値引きの根拠、値引き額の算出が適正かどうか
財務省理財局側の実務担当者と証拠書類の調査、理財局長であった佐川氏の国会答弁の可否
上記が不正ならば、なぜそれを行ったか(動機)
彼らの上司であり、監督責任のある麻生財務大臣、安倍首相の関与は?

民間人の不正受給で幕引きではなく、国有地を不正に売却、譲渡した、国家公務員の背任事件だと思う。






[PR]
by 2006taicho | 2017-08-03 01:21 | 知っておきたいこと | Comments(0)

NEWS

籠池夫妻が逮捕された。
逃亡も証拠隠滅の恐れもないのに。
事情聴取には黙秘しているらしいが、これも地検の印象を悪くして逮捕の原因かも。

森友学園の8億円値引きの疑惑は全く解明されていないので、これから財務省の担当者や昭恵夫人からも当然事情聴取するのが筋だろう。
籠池氏は契約書などすべて提出している。
財務省側は記録は廃棄していると国会で答弁している。
この答弁をどう扱うか、検察の本気度がそれでわかる。
財務省にガサ入れするのかどうか。
大阪地検がどこまでやるか、世間はそれを注視している。
籠池氏側の黙秘方針がなにを目的にしているか、検察相手に戦う姿勢がみえる。


d0098363_2173777.jpgこちらは閉会中国会のやりとり、稲田氏を参考人招致する必要がないと自民党。
じゃあなにを審議するのか、意味不明。
これほどの疑惑の中心人物である、加計理事長を参考人招致することも拒否。
籠池氏を、偽証罪に問われる「証人喚問」しておきながら、加計理事長は呼ばない。
獣医学部についてはさまざまな疑惑資料が発見されているというのに。
国民に丁寧な説明をやっていくという。
この政権は国民がそんなことはもう誰も信じないということを知っていても、そういう説明をする。
これはもう病気だろう。
「政府」が病んでいることをこれほど政府自体が否定もしない政権はかつてない。




横浜市長選挙は林候補が勝利し、三選を果たした。
▽林文子(無所属・現)当選、59万8115票
▽長島一由(無所属・新)26万9897票
▽伊藤大貴(無所属・新)25万7665票
投票率 37.21%(前回より8.16%増)

得票数をみると対立候補を一人に絞っても勝てない数字になっている。
民進党の山尾議員が連合の依頼で、林候補の応援に回ったりしたこと、民進党自体が自主投票にしたとを指摘する声があがっている。
つまりここでも、民進党は反自民の政党ではないことがはっきりした。
最大の誤算は投票率の低さだろうと思う。
横浜市の有権者は309万人で投票率は37.21%だから投票に行った人は115万人。 
棄権した人は194万人。
都議選は50%を超えているのに、隣の神奈川県の最大都市の投票率の低さは以外。
横浜市は前回の投票率は29.05%と市民の三割にも満たない。
今の政治情勢、カジノ、学校給食と争点はあったし、首都圏ということを考えると信じがたい数字だろう。
市民の6割以上が選挙に行かない、これは政治に無関心ということなのだろうか。

ちなみに先週の仙台市長選は44.52%(14.41%増)。





[PR]
by 2006taicho | 2017-08-01 03:50 | News | Comments(0)

NEWS

d0098363_137449.jpg
d0098363_119141.jpg


「加計学園が獣医学部の新設を希望していることを知ったのは今年(平成29年)1月20日」

アベさんこれはダメだ。
だから民進党の議員が何度も確認したじゃないですか。
今頃秘書官たちを怒鳴り散らしても遅いですよ。
というか、彼らも見放し始めた?
平成27年12月15日の首相官邸HP。
d0098363_1195986.jpg



d0098363_1242122.jpg近畿財務局と森友学園 売却価格めぐる協議内容判明

大阪地検特捜部の動きをNHKが伝えましたよ。
かなり詳細ですよ。
国税庁長官の佐川さん、あなにも話を聞くことになりますよ。
椅子の座り心地はどうですか?
d0098363_1283569.jpg







[PR]
by 2006taicho | 2017-07-27 01:50 | News | Comments(0)

改正年金法案成立

日本経済新聞 11/16

年金受給資格、納付10年に短縮 改正法成立

年金の受給資格を得るために必要な保険料の納付期間を25年から10年に短縮する改正年金機能強化法が16日午前の参院本会議で、全会一致で可決、成立した。
改正法は来年8月に施行され、10月から約64万人が新たに年金を受けられるようになる見通し。受給には本人か代理人が年金事務所に請求書を提出する必要がある。

 新たに受給できるようになるのは、保険料を払った期間が10年以上25年未満の人。
受給期間は保険料を納めた期間や免除された期間を合計する。
無年金の人の救済につながるが、過去にさかのぼって受け取ることはできない。

 年金額は保険料の納付期間に応じて増える。
国民年金の場合、加入期間が10年で月約1万6千円、20年で約3万2千円。
40年で満額の約6万5千円と比べて支給額は低い。

 今回の対策は、2015年10月に予定していた消費税率10%への引き上げと同時に実施する予定だったが、安倍政権による増税延期に伴い先延ばしされていた。
ただ、受給資格期間を10年に短くしても約26万人が無年金のままだという。

 政府・与党は当初、年金給付の抑制策を盛り込んだ国民年金法改正案との一括審議をめざしていた。
ただ、民進党など野党が同法案を「年金カット法案」と位置づけて強く反発。
このため両法案を別々に審議していた。
年金法改正案は16日の衆院厚生労働委員会で約2週間ぶりに審議を再開した。
以上 全文




年金をもらうようになって、さあ、少しはのんびりできるかとおもいきや、次第に病院の世話になりはじめる。
そのうち、認知症や介護、夫や妻や家族の面倒も見なくてはならなくなる。
それなのに、
改定ルールは、賃金の下げ幅が物価の下げ幅より大きい場合は、賃金の下げ幅に合わせて年金支給額を減らす、というもの。
これまでは、物価が上がっても賃金がマイナスになった場合、年金額は据え置きになっていた。
それが、新ルールでは物価と賃金のどちらかがマイナスになれば、マイナスのほうに合わせて年金額が減るのだ。

さらに、両方がマイナスになった場合は、マイナスが大きいほうに合わせて年金額が減る。
民進党の試算によると、新ルールを過去10年間に適用したと仮定した場合、5.2%の年金が減少するという。
これは、国民年金で年間約4万円の減額、厚生年金の標準モデル(14年度は夫婦2人で月額22万6925円)の場合は、年間約14万2千円の減額となる。
つまり、年金受給額が高くなるほど、減額も大きくなる。

この改正後でも無年金者は26万人いて、その対応についてはなんの改正もない。







[PR]
by 2006taicho | 2016-11-16 14:38 | News | Comments(0)

同志社大学の学長選挙

日刊ゲンダイ 11/11
同志社大で6日にあった学長選挙で、現学長の村田晃嗣氏(51)が敗れ、理工学部教授の松岡敬氏(60)が新学長に選ばれた。来年4月に交代となる。


d0098363_15454431.jpg
 村田氏といえば、多くの学者が違憲だとして反対した安保法案に「支持」を表明し、今年7月の衆院特別委の中央公聴会で、法案に肯定的な意見を繰り返した。この言動に対し、同志社大教職員の有志グループが「学術的というよりきわめて政治的な観点からの演説。良心教育を基軸とした同志社大学のイメージを大きく損なう」と、村田氏を批判する声明を出していた。

 松岡新学長もこの有志グループのメンバーのひとりだ。今回の学長選は任期満了に伴うものとはいえ、村田氏に対する“クーデター”的な意味合いが強い。投票権を持つ職員約930人のうち、その85%が投票するなど、学内の関心も高かったようだ。


 続きはこちら







[PR]
by 2006taicho | 2016-11-15 15:50 | News | Comments(0)