d0098363_2345916.jpg






「1秒24コマの美 黒澤明・小津安二郎・溝口健二」
 古賀 重樹 (著)  単行本 – 2010/11/30
 Amazon中古1,874円



1秒間に24コマ撮るフイルムを連続して写すのが映画。
この本で知ったことは三人共、絵画に造詣があったこと。
三人共東京の下町で生まれ育ったこと。



溝口健二はヨーロッパでは黒澤より人気があり、当時のヌーベルバーグ(1960年代)の監督たちに多大な影響を与えている。
黒澤明にいたっては18歳のときに二科展に入選している。




黒澤明が雨と風にこだわったのはそんな理由があったのかと思う。
映画「生きる」で主演の志村喬に傘を差し出す役の菅井きんは
「もう大雨の中で、寒くて演技どころじゃなかった」
それが自然な演技につながったという。
d0098363_073161.jpg

d0098363_0141450.jpg

上からの雨もそうだが、地面から跳ね返る雨粒が豪雨を表現している。







小津安二郎監督 「秋日和」の1シーン
d0098363_1332947.jpg

原節子の後ろにある絵は梅原龍三郎の本物の絵。
これ以外にも、東山魁夷など巨匠たちの本物の絵が出て来る。

小津は、姿勢や所作にうるさく、「あと何ミリ前に」とか、「盃を口に持ってゆくのではなく、口を盃に近づけて」「そのほうが酒飲みに見える」という演出をしたという。
d0098363_1203553.jpg

「東京物語」の冒頭のシーン。
子どもたちに会いに夫婦二人で東京へゆく準備をしている。
ラストシーンでもまったく同じ構図で写すが、亡くなってしまった妻の姿はない。
空間だけがある。
夫は寂しいとも言わないし、特に表情はないが、一人きりになった夫(笠智衆)の寂しさがひしひしと伝わってくる。







溝口健二監督は生涯、女性だけを撮り続けた監督。
シーンの長回しが特徴。
「元禄忠臣蔵」 松の廊下の有名なシーン。
d0098363_0385086.jpg

このセットは360度どこからも撮影できるセットでサイズは原寸大。
美術担当者は、国会議事堂を設計した学者が松の廊下の設計図を持っていることを知り、それをもとに復元したという。









[PR]
by 2006taicho | 2017-04-18 01:11 | 最近読んだ本 | Comments(0)

映画術

d0098363_8544045.jpg

映画術 その演出はなぜ心をつかむのか」 単行本 – 2014/1/22
塩田明彦 (著) Amazon中古2,096円



映画美学校というのがあるらしい。
そこで、この塩田氏が俳優志望の生徒たちに7回にわけて講義したのもの。

映画におけるもっとも重要なエモーションとは、映画を観ている観客の心の中に生じるエモーションに他ならない、(略)つまり観客は映画を観ながら「演技」を鑑賞したいんじゃなくて、エモーションを感じたいんです。俳優が演技をしていることすら忘れて、映画や登場人物に没頭したいんです。観客をそこまでもっていけたときに、俳優は初めて優れた「被写体」になるんです。だから単に演じることの上をいくことなんですね、被写体になるっていうことは。(ジョルジュ・フランジュ「顔のない眼」)

「他者」から見られている自分を意識しているか否か、人物と人物の関係性を意識しているか否かにあります。単に俳優として共演者の演技を受けるだけでなくて、ひとりの人間として他人をどう意識しているのか、という問題です。(ガス・ヴァン・サントの「サイコ」における俳優の演技とヒッチコックの「サイコ」におけるアンソニー・パーキンスとジャネット・リ―の演技の違い)

(今の「喜劇役者」が)いまひとつピンとこないのは、たぶん、その人たちが「おかしい」ことをやろうとしているからなんですね。でも寅さんは別に、おかしいことをやろうとしているわけではないですよね、多少やるけれども、基本的には「ずれている」ことが大事で、常に他の人とは違うエモーションで生きている。そのことを人生のスタイルにしている、ということが大事なんであって、その場で感じたことを人より大仰にリアクションすることが喜劇俳優の役割ではないんです。(森崎東「男はつらいよ フーテンの寅」)


内から溢れ出てくるものと、ひたすら外から見つめることによって蓄積してきたもの―内側から生れ出ものと、外側からの蓄積によって見えてきたものがスパークした地点に立ち上がってきているもの、それを僕は「魂」と呼んでいるんです。(ジョン・カサヴェテス「こわれゆく女」)




寅さんの映画は涙あり笑いありで綴られてゆくけど、観客はそれである意味ホット安心するのがパターンだ。
ヒロインは結構深刻な問題を抱えたりしていて、それを寅さんが気にするなとばかりに軽い気持ちにさせてくれている。
寅さんがスクリーンに現れると、観客はヒロインの深刻な問題を軽くさせてくれることをどこかで期待する。
そしてその通り寅さんは、自分のヒロインへの思いを隠して見事に解決してくれる。
そんなストーリーを追っているあいだ、観客は寅さんや他の役者の演技などにはほとんど気にかけない。
役者はみんな本当は「演技をしている」のに、その場に定着して違和感がない。




役者はまばたきをしないでセリフを言うのが基本だと思います。
まばたきをするのも演技のうちという技術は最低限のもの。
それくらいわれわれは日常でまばたきをしている。
目はだから大事なんですね。

日本映画はTVも映画も?です。
主演は今一番人気のある十代や二十代の若い男女。
どうして、三十代とか四十代の俳優を使わないのか。
経験のない若者が主役だから映画が薄っぺらなものになっている。
映画やドラマが幼児化している。

それと演出でいうとカット割りが日本は少ない。
会話のシーンなんかでいつも思う。
喋っているシーンではきちんと役者の上半身を写してほしい。
なんでもないシーンなのに俳優の顔のアップが多いいのも不思議。

重要な場面になると、役者の顔をアップにして、長写しするのもやめてほしい。
観客はそんな写し方をしなくても、それくらいは読み取るよと言いたい。
とにかく説明的すぎる。
韓国映画のほうがよっぽど先を行っている気がする。
[PR]
by 2006taicho | 2017-04-13 09:22 | 最近読んだ本 | Comments(2)

d0098363_23594697.jpg



オリバーストーンといえば「プラトーン」「七月四日に生まれて」「ウオール街」とかで社会派の監督。
今回はあの「暴露」で有名なエドワード・スノーデンを描いた作品が公開されるので、これは見てみたい。









d0098363_00527.jpg




マーティン・スコセッシはあの「タクシードライバー」で一躍脚光を浴びた監督。
最近はデイカプリオと組んでいる。









二人とも70歳を超えているから今のうちかもしれない。






[PR]
by 2006taicho | 2017-01-19 23:56 | YouTube | Comments(0)

d0098363_162211.jpg

1997年公開 マット・デイモン/ベン・アフレック/ロビン・ウイリアムス
(Amazon中古668円)
この映画は映画館で観たことはない。
多分、レンタルで観たんだと思う。
ハリウッド映画によくある、アクション映画でもないし、悪人も出てこない。
地味な青春映画といえば言えるけど、そんな軽めの映画でもない。
観終わった後、さわかな気分になる。
驚いたのは脚本。
マット・デイモンとベン・アフレックが共同で書いて、アカデミー賞の脚本賞をとっている。
そしてロビン・ウイリアムズは助演男優賞を受賞。
三人とも出世作となった。
d0098363_20495180.jpg

ラストがいいんだよなあ。
いつものように工事現場の仕事に行く途中、ウイル(マット・デイモン)の家に迎えに行き、ウイルがいないことを知る。
窓から覗くと、部屋はがらんとしていて引っ越した後。
そのときの親友(ベン・アフレック)の表情がいい。
[PR]
by 2006taicho | 2016-02-01 21:03 | 近況 | Comments(0)

思い出の映画


二十歳ころにみた映画。
主人公のふたりは銀行強盗です。
つまり悪人です。
正義の味方、ジョンウエインの西部劇から、こういう描き方の西部劇もあるんだということを示してくれました。
レッドフォードがポールニューマンを食っていました。
彼の出世作ですね。当時、アメリカンニューシネマといわれた代表作です。





この映画は名作として残るでしょう。
主人公トトの子供時代と自分の時代がダブって観ました。
子供のころ映画は巡回でときどきやってきました。
映画館などはなく、集会所でゴザをひいてみました。
周りは近所の人たちで満杯でした。
その日は、朝からそわそわして落ち着かなかったのを覚えています。
この映画の時代背景と同じでした。
映画館の様子、観客、子供たち、イタリアでも同じだったんですね。

トトが大きくなって村をでるときのシーンがたまりませんでした。
「帰ってくるな」
トトの親友の映写技師のおじさんはそう言いました。

ラストも涙がとまりませんでした。
[PR]
by 2006taicho | 2015-07-08 17:01 | 近況 | Comments(0)