ブログトップ

隊長ブログ

タグ:ゴジラ化計画 ( 5 ) タグの人気記事

ゴジラ化計画は中止になりました

d0098363_657257.jpg



産経新聞 12/27

d0098363_14413279.png


怪獣「ゴジラ」とゆかりの深い伊豆大島(東京都大島町)で、町の「シン・ゴジラ」像設置計画に一部の町民から反発が出ていた問題で、三辻(みつじ)利弘町長は27日、臨時議会を招集し、計画を断念することを表明した。報道で島の内外に計画が広く伝わったことや、人口の4分の1を超える反対署名が集まったことなどを理由に挙げた。

 三辻町長は「反対署名運動と、それに伴うマスコミ報道などで島の混乱を招く結果となり対応を検討した」と説明。「地元で歓迎の総意が得られていない現状を憂慮した東宝から計画見直しの申し入れがあり、協議の結果、町として断念することにした」と述べた。町は近くシン・ゴジラの版権を所有する東宝側と契約する予定だった。

 町が議会に提出した資料によると、シン・ゴジラ像は高さ約10メートル、重さ約24トンで、伊豆大島火山博物館の敷地内に設置する計画だった。事業費は当初約9千万円だったが、その後、霧の噴出装置や照明、音響設備費などに約1億円を追加計上。11月の臨時議会で可決されたものの、事業費が当初の倍以上になったため疑問視する声が上がり、人口(約7800人)の4分の1を超える約2400人の反対署名が集まっていた。

 東宝は「大島町が全土を挙げての歓迎という状況にはなっていないという現状があり、そういう中で計画を続けるべきかと、見直しの申し入れをさせていただいた」としている。

 三辻町長は臨時議会終了後、記者団の取材に応じ、「島の混乱を招いたのは私の責任だ」と述べ、「事業費の増額にあたり、(住民への)周知が不十分だった」と話した。







本日、27日に臨時議会で最終決定し、事業中止になりました。

反対署名は約2000人以上。
町の有力者も今回は降参したらしい。

まあ、一番の理由は来年の都議選への影響を考慮したということだろう。

「破壊」というイメージのゴジラを、災害復興途中の大島に建てようという発想自体がおかしいと思わない人たちがこれをどう考えるか。
反省ができるか。
反省する能力があるか。

住民はこれをきっかけに監視組織を立ち上げるべきだろう。

町へ提言できる組織も必要だろう。

風邪をひいたから風邪薬をという対症療法ではなく、風邪を引かないからだ作り。

つまり、民度の向上。




人口減少をどこで食い止めるか、
島の一番の課題に取り組むこと
そして、一番の問題は「しがらみ生活」からの脱却。
70年つづくこの悪しき慣習からの決別。

ゴジラにこの悪しき慣習を破壊してもらいたい。











[PR]
by 2006taicho | 2016-12-27 14:31 | News | Comments(0)

ゴジラ化計画のその後 4

d0098363_453598.jpg


先日、町側がようやく反対する会有志との面談に応じた。
参加は当初の発起人だけ、ということになり出席はできなかった。

情報によると、結局町は説明会はやらないという回答で、説明会をやらない理由はなかったとのこと。
来月の町の広報誌に載せるという。

町役場のこの頑なな姿勢はちょっと異常。
真実が隠蔽されている可能性が大きい。
このままでは新聞メデイアに取り上げられ、大問題に発展する可能性もありそう。
情報公開裁判にでもなったらどうするのだろう。
町長側のスタッフの読みは浅い。

町長は「うまくいかなかったら責任をとる」と言ったとか。
責任を辞任というならそれは見当はずれ。
町からの税金持ち出し1億円以上を弁済できるのか。
民間だったら、会社に損害を与えたとして、個人弁済もありうる話だ。
辞任すれば町長選挙になり、選挙委員会の費用も町の持ち出し。
辞任で解決できる、ちゃらにしようという考え、責任の重さをわかっていない。

12日から町の定例議会。
どんな展開になるのだろう。
傍聴したいところだけど、こっちは東京で二日続けて忘年会。
肝臓を気遣いながら今年を締めくくるのだ。






[PR]
by 2006taicho | 2016-12-11 05:11 | 近況 | Comments(1)

ゴジラ化計画のその後 3

新聞折込チラシ効果絶大。

有志が集まって署名運動を展開し、1000名が署名したとか。
有権者は約7000人だから、7人に一人。
まだ、署名活動中だというからもっと増えるだろう。

まあ、そんなことで明日、町はこの署名運動の代表者たちと面談することになった。
無視できなくなったというところ。
でも会談時間は30分らしい。
誠意が感じられない。

なんだかなあと思っていると、「お前も出てくれ」という。
情報公開請求をした張本人なので、断るのもどうかなと。
「都合が悪い」という言い訳だけはしない性分なので。
ということで明日は正しい?町民として行ってくることになった。

この有志の集まりを一時のものにしたくないと思っている。

どうなることやら。

d0098363_2155293.jpg








[PR]
by 2006taicho | 2016-12-06 02:18 | 近況 | Comments(0)

ゴジラ化計画のその後2

L社の今年のCMはあのイモトアヤコを起用。
その昔、テレビCMを提案したけど、相手にされなかったことを思えば隔世の感がある。
そうさ、時代は変わるのだ。



d0098363_959666.jpg新聞の折込に、ゴジラ化計画に反対した共産党大島支部の機関紙があった。(定期刊行物)
読んで納得の内容だけど、次へのステップの案内がない。
何月何日、どこそこで集会を開きますとか、反対の署名に賛同してくださいとか。
折角の主張がこれでは徹底しないと思う。
聞けば、来月の中旬に町の議会が開催されるという。
それなら、住民に呼びかけて反対運動をやればいいのにと思う。
本気で反対の意欲が感じられない。

個人的には、ゴジラ化計画は進められてゴジラ像は完成すると思う。
町としては、国の許可がおりた補助金を使わないとか、申請した計画を撤回するなどはありえないことだと思っているはず。
国の認定を受けた事業を変更したり、中止することは絶対やってはいけないことなのだ。
そんなことをしたら、今後の補助金や交付金をうけられなくなる。
住民は知識がないから勝手に騒ぐんだ。
役人としては当然の認識だと思う。

しかし、町の立場を理解しても、住民説明会を開かない理由にはならないと思う。
説明会を開いて、住民の言い分を聞いて余計な予算が必要になったりしたらますます困るし、建設が間に合わなくなる。
国のお墨付きをもらったから、あとは粛々とやっていくんだ。

しかし、だからといって、予定外の税金1億円以上を使うのに、住民説明を開かない理由にはならない。
それは住民無視の態度といわざるをえない。
今後も同じようなことがあった場合、そういう態度でいくなら住民は町に対して不信感を持つ。
住民無視の行政は悪でしかないから、町長の責任問題になるはず。
町役場は税金で成り立っているから、責任追及や辞任要求は当たり前の話。


そこで気になるのは民度のこと。
民度とは住民の社会意識。
おかしいことはおかしいと言えるかどうか。
今回のこの計画については、議会与党の自民党議員も「?」と思っているらしいが、町長の応援団としては反対はできないというジレンマがある。

計画は実行されると思うから、せめて住民は説明会を開催させるべきだと思う。
そして、勇気ある?住民の会でも立ち上げておくこともひとつの方向だと思う。
今後のためにも。
d0098363_3414723.jpg

当然の話だけど、民度の高いのは島外からの移住者。
地元民はしがらみとかで、自主規制してしまう。
「声を上げないこと」がまるで生きる知恵のように生きている。
町の有力者は自民党支持だから、こういうことがあると、犯人探しに走り、嫌がらせを始めるらしい。
かと言って、有力者に町の発展のアイデアがあるわけでもない。
あるのは、交付金や補助金をどうやってとってくるかという「お上頼り」の思考。
それも仕方ないのだ。
島しか知らないという気の毒なハンデがあるから。
島外からの移住者が商売を始めると、地元の商売とダブっては困るから、嫌がらせをして、その商売を中止させたりする。移住者は島を去ってゆく。
そうやって地元民を救ってきたという自負がある。
有力者はそうやって信頼を得る。

お風呂で言うと「湯かき棒」がないのだ。
浴槽をかき混ぜないから、湯垢は底に沈んだまま。
温度も均等にならない。

その結果、新しい発想での事業とかは生まれなくなる。
十年一日の商売を続けてゆくことだけになり、若者は島を去り、跡取りのいない町は寂れてゆく。
80年後に人口ゼロになると国に指定されたのだから、町の課題はそれをなんとかすることだと思う。
有力者や議員はそのための政策提案をするべきだと思う。
これは日本全国の市町村に共通のことだと思う。
有力者と議員と町の行政との関係。

期待できるのは子育て中のママさんかもしれない。
「保育園落ちた」ではないけど、彼女たちは教育、病院など、日常的に行政の影響を受けている世代だから、島の男たちよりは「しがらみ」にこだわらないからだ。









[PR]
by 2006taicho | 2016-11-28 04:16 | 近況 | Comments(0)

ゴジラ化計画

久々に「情報公開請求」をやった。
友人のMさんから、どうやって請求するの?と聞かれ代行。
町役場へ行って書類に記入、これでOK、あとは町役場の担当者からの連絡を待つだけ。
結局連絡が来たのは一週間後、これはちょっと遅い。
過去の経験では2、3日で出た。
担当が慣れていないか、または恣意的なことをやったか。
まあそんなことはともかく、資料が手に入った。
費用は240円コピー代だけ。

今回の資料は、国の地方創生事業の一環として、わが町ではこういう企画をたてましたということで国に申請し、その審査に合格したもの。
タイトルは、ゴジラアイランド化計画。
ゴジラ像をモニュメントとして建設し、観光の起爆剤にしようという趣旨。
国からの予算は約1億円で、不足が出た場合は町役場から補填。
正式には来月の町の臨時議会で承認されたら即工事にとりかかるという段取りらしい。
完成は来年の3月中。

実は昔のゴジラ映画は、三原山から出現してくるというシーンがあり、島の人はゴジラの生まれたのは伊豆大島、と勝手に決めつけたという説がある。(撮影も行われた)
今回、版元の東宝に確認したらそれは違いますと言われたそうだ。


d0098363_14515888.jpg


高さは12メートルくらいだという。
まあ、個人的にはあまり期待できないという感想。
理由はハコモノだということ。
発想が貧弱すぎる。
1,2度みたらおしまいみたいなことになりそう。
ハコモノ時代はとっくに終わっているのにね。

d0098363_15283068.jpg

このくらいの迫力はほしい・・・・・。






[PR]
by 2006taicho | 2016-10-21 15:33 | 近況 | Comments(0)

おかしいことはおかしいと言う