ブログトップ

隊長ブログ

選挙が終わったら

「灯台」は船の安全航行に不可欠だ。

船長は遠くから灯りを認め、船の進路を確認する。

「よし、間違っていない」と。

灯台は陸地があることも知らせる。

















10/16田中龍作ジャーナル ー全文ー

【速報】加計学園獣医学部、23日にも認可 同日に孝太郎理事長が記者会見

d0098363_23332681.jpg
加計孝太郎理事長。安倍首相にとっては森友学園の籠池前理事長のように逮捕させるわけにはいかない事情があった。 =撮影:筆者=

田中龍作ジャーナルが政府関係者から入手した情報によると、文科省の大学設置審は衆院選投票日翌日の23日にも加計学園・岡山理科大学獣医学部の設置を認可する方向で最終調整に入った。
 
 同日中に加計孝太郎理事長が記者会見を開く。

 23日に認可を発表するのは世論が安倍自民大勝に沸く翌日だ。国民が安倍政権を支持したのだから異論は言わせない、という官邸の高圧的な姿勢が はっきりと 表れている。

 獣医学部をめぐっては、建設費の水増し請求やバイオハザードの危険性が指摘されているが、衆院選の圧勝を受けて安倍官邸が力でウヤムヤにすることになる。

 加計学園は経営悪化で極度の自転車操業となっており、もし獣医学部が認可されなければ倒産するものと見られている。

 加計学園を倒産させれば、加計理事長から真相を洗いざらいしゃべられる。それを恐れた安倍官邸が文科省に圧力をかけて設置を認可させた、との見方がある。

 文科省高等教育局大学設置室は田中龍作ジャーナルの電話取材に「設置審の開催日程は非公表につきお答えできない。答申があればその日に公表する」と答えた。



d0098363_2334414.jpg
建設が進む加計学園・岡山理科大学獣医学部キャンパス。=9月、今治市いこいの丘 撮影:筆者=



選挙は自民公明が順調のようです。
そうなると、予想通り、こういうことになるのでしょうか。
一生、目にすることもない金額の疑惑、しかもそれは税金。
それを許してしまう国民のほうが多いということなのか。
もりかけ疑惑隠し解散は成功してしまう。

そして次は憲法改正・緊急事態条項。
戦える国にするための法整備。
戦っている間は「緊急事態」だから、国会よりも総理大臣の決定を優先する。
同時に内閣は超法規的措置が可能になる。
既存の法律は緊急事態だから無視して良い。
すべて総理大臣が決定する。
アベさんの説明は
「災害時、そういう宣言をして可及的すみやかに被災された地域、住民の救出を行えるようにするため、例えば、道路一本にしても自衛隊の車両が通れない、物資の輸送が滞るなど弊害が多々あります。司令を一本化して国民の皆様を救出するため」
実際は
自治体の長は、自らの判断で自衛隊などに緊急出動要請ができるし、道路などの使用についての権限を持っている。
つまり今の法律で十分対応が出来る。
(4年前、わが町は土砂災害のとき、そういう対応をした。当時の町長から直接話しを聞いた。ちなみに彼は小中高の同級生)


緊急事態条項と憲法改正はセット。
なぜなら、自衛隊を憲法に明記し(軍隊と明記したいらしい)、違憲ではない組織にし、世界各国の紛争にアメリカの要請で出撃し、他国を攻撃。
そうなったら日本政府は緊急事態を宣言することになる。

平常時の法律は超法規的措置で(戦争中なのでとは言わないで紛争というだろう)無視され、総理大臣の決定に従うことになる。
議員の任期は停止され、選挙は行われない。
選挙が行われないということは、その政権はずっと政権を維持できる。
国民の声は当然、届かないが、緊急事態宣言をしているので違法ではない。
つまり独裁政治になるということ。

なぜそんなことを、戦争は一番儲かり、景気が異常に良くなり経済が発展する。
給料はあがり生活が豊かになる。
一部の国民は大喜びする。

自衛隊員の待遇はよくなり、入隊希望者が増加するだろう。
非正規雇用者はその予備人材として確保され、失業率は向上するかもしれない。
家族は喜ぶだろう。

戦争バブルだと気づくのに時間はかからないが、日本は間に合うだろうか。
なぜなら、政府にたてつく人間は共謀罪が適用され、刑務所行きになるからだ。

天皇はそのときは国家元首に祭り上げられている。
支配の道具として天皇はまた使われる。
国民は天皇には無条件で畏敬の念を持っているから。
戦後70年以上、そうだった。




同時多発テロのときのアメリカ、爆弾テロのときのフランス、イギリスなどが採用。
遠くはナチスドイツの手法。
当時のドイツは選挙でヒトラーを選び、彼の演説に狂喜し、緊急事態も受け入れた。
そして、ご存知の通り第二次世界大戦へ。

これで誰も文句を言えなくする。
あと数年、
それはアベさんたちの時間なのか、国民が勝利するまでの時間なのか・・・・。


国連で「対話より、圧力だ」というアベ自民党。
アジアの島国で、原発が50基もあるのに、戦える国にしようなんて正気の沙汰ではない。
敵国は、米軍基地も自衛隊基地も狙う必要もない。
ミサイル数発で十分だろう。
原子力発電所にミサイルを落とされたり、爆弾を仕掛けられて爆発したら、首都圏の人々は非難する場所など無い。
そんな巨大な避難施設はどこにもない。
数え切れない人々が被爆することは確実だろう。
暴動は必至だろう。
福島原発のように電力会社が対応出来るわけがない。
一箇所ではないのだから、日本全国が避難指示状態になるだろう。
つまり、日本国民は飛行機か船かボートに乗ってどこかの国へ避難することになる。
難民になる。
人が住めない国になる。

まさかそんなことはないだろう。
しかし言い切れるだろうか。
言い切りたいと思う。

d0098363_2384563.jpg

アベ自民党に投票する人たちは、どういう反論をするだろう。
政治に無関心な層は「知らなかった」で済まされると思うだろうか。
「そんなことはありえない」と言うのだろうか。
ならば、憲法に自衛隊を軍隊と明記する必要もないし、なぜ安保法制を強行採決し、駆けつけ警護という言い訳で自衛隊を世界のどこにも出動できるようにしたのか。
挙句は天皇を国家元首にと考える必要もないのに。

核兵器禁止条約にも署名しないのはなぜだろう。

(近いうち国会で緊急事態条項が審議されると思うので、機会をみて詳細は掲載・分析したい)





[PR]
# by 2006taicho | 2017-10-16 23:44 | 知っておきたいこと | Comments(2)

アベさんを刑事告発

d0098363_3152278.gif


さて、このニュース、メデイアは報道するかな。
「立候補者が告発者だと公選法上どうなのか」
というのが扱わない理由だろう。
じゃあ選挙が終わったらちゃんと報道するのか。
元内閣総理大臣の事件だぞ。




[PR]
# by 2006taicho | 2017-10-16 03:16 | 知っておきたいこと | Comments(0)

菅原文太最後の演説

菅原文太最後の演説 沖縄県知事選挙2014年11月1日





菅原文太はこの沖縄での演説後の27日後、11月28日に享年81歳で亡くなった。





[PR]
# by 2006taicho | 2017-10-16 02:48 | 知っておきたいこと | Comments(0)

選挙データ

3年前の選挙データ。

d0098363_2282295.jpg






[PR]
# by 2006taicho | 2017-10-16 02:29 | 知っておきたいこと | Comments(0)

玉城デニー

10/15田中龍作ジャーナル ー全文ー

【衆院選・沖縄3区】玉城デニー「うちなんちゅはブレないよ」 無所属で反基地貫く

d0098363_128334.jpg
街宣中の玉城候補。反基地の信念を曲げなかったことで有権者からの揺るぎない信頼を得た。=14日、沖縄市(旧コザ市) 撮影:筆者=

希望の党との合流が取り沙汰されていた政党の前職(解散までは議員)たちの中で、いち早く無所属で立候補することを宣言した玉城デニー(党籍は自由党)。4期目を目指し自公候補と争う。

 普通の候補者であれば、無所属のハンデは絶望的なまでに重い。命綱の比例復活はない。供託金300万円は自分で用意しなければならない。政権放送ができない。選挙カーも一台だけ・・・

 だが玉城は逆境をバネに選挙戦を進める。口先だけの政治家が跋扈するなか、「反基地」の政治姿勢に揺るぎがないことを有権者にあらためて示すことができたからだ。

 14日、玉城は うるま市 で開かれた共産党の集会に招かれた。自由党という保守政党の政治家が共産党の集会に参加する・・・本土の常識では想像もつかない。

 安倍政権の圧政と米軍から沖縄県民の命と財産を守る。イデオロギーを越えて大義でつながるのが「オール沖縄」だ。

 「また墜ちた」「沖縄の空が危険な状態」・・・参加者たちは口々に不安と怒りを表し「平和を継承するためにもデニーさんに勝ってもらいたい」と励ました。

 11日夕、東村高江の牧草地に米軍機が墜落した事故で玉城はすぐに現場に駆け付けたが、規制線から中に入れなかった。

 同じ選挙区から立つ比嘉なつみ(自民公認、公明推薦)は、翌日昼になってノコノコとやって来た。岸田文雄政調会長を伴っていたこともあり、規制線の中に入れた。自民は親米の基地容認派だからだろうか。

 米軍の沖縄支配を象徴する出来事に激怒した住民たちは、岸田政調会長らの前に立ちはだかった。警察との間で揉み合いとなり、現場は一時騒然とした。

d0098363_1295365.jpg
地元共産党の集会に招かれた玉城候補は、永田町の情勢を語った。「なぜ無所属となったのか」の説明に聴衆は大きく頷いた。=14日、うるま市 撮影:筆者=

住民の怒りの矛先は自民党だけではない。希望の党に対しても同様だ。小池百合子代表は防衛相時代の部下である井上一徳・元沖縄防衛局長を公認候補(京都5区)とした。

 井上の沖縄防衛局長在任時(2014年7月~2016年7月)には、辺野古の警備が強化された。辺野古新基地の建設資機材が搬入されるキャンプシュワブのゲート前で、座り込みをさせないようにする「殺人鉄板」は、世論の批判を浴びた。

 「あの井上が希望の党から立候補しているのを知った時は目まいがした」。反基地闘争を長く戦ってきた地元議員は首を横に振りながら話した。

 玉城は小人数の集まりにでも顔を出し政策を訴える。「うちなんちゅはブレないよ。沖縄の政治の質を落としたくないからね」。

 主婦は「一時は心配したけど無所属で出てよかった。デニーさんが(国会議員の中で)いちばん沖縄のことを思っている」と目を細めた。

 解散前まで沖縄選挙区選出の自・公・維議員は衆院に一人もいなかった。参院でもゼロである。

 イデオロギーよりも生活。「オール沖縄」の政治姿勢が全国中に広まれば、安倍独裁政権は1回の選挙で倒れる。(敬称略)

d0098363_1311337.jpg
辺野古新基地の入り口となるキャンプシュワブゲート前にひるがえる玉城候補のノボリ旗。辺野古新基地反対運動の拠点であるテント(写真左・ブルーの小屋)を守る人々が立てた。=15日、名護市 撮影:筆者=



d0098363_1483819.gif




wiki情報です。
玉城(たまき)デニー1959年10月13日(58歳)

2005年9月11日に行われた第44回衆議院議員総選挙に、沖縄3区から民主党公認で出馬するも、落選。

2009年8月30日に行われた第45回衆議院議員総選挙に、沖縄3区から民主党公認で再び出馬。
嘉数を破り、初当選した。民主党では沖縄県第3区総支部長、沖縄県総支部連合会副代表などを務めた。

2012年の消費増税をめぐる政局では、野田内閣による消費増税法案の閣議決定に抗議して党広報副委員長の辞表を提出し、4月23日の党役員会で受理された。
6月26日の衆議院本会議で行われた消費増税法案の採決では、党の賛成方針に反して反対票を投じた。
7月2日には山岡賢次らを介して離党届が提出された。

同年7月11日、造反議員らを中心に国民の生活が第一が結党され、玉城もこれに参加した。

同年12月16日に行われた第46回衆議院議員総選挙では、嘉田由紀子滋賀県知事が代表を務める日本未来の党の候補として沖縄3区から出馬、小選挙区では落選したが、比例九州ブロックで復活当選した
九州で唯一日本未来の党が獲得した議席である。
同年末、未来の党の分党に伴い生活の党の結党に参加。

2014年の第47回衆議院議員総選挙では、翁長雄志沖縄県知事が推薦する「オール沖縄」の候補として生活の党公認で沖縄3区から出馬。
日本共産党、社会民主党、沖縄社会大衆党、緑の党そして基地の県内移設に反対して自民党を除名された「新風会」の支援を受け、比嘉奈津美を破り、議席を取り戻した。



無所属での立候補と既存政党での立候補では、圧倒的に政党の後押しがないと当選は難しいのが現状。
玉城氏も最初は民主党から立候補したが、結局、党の方針に反旗を翻し、少数野党に席を置くことになってしまう。
政策信念とそれで当選出来るかという不安が常にあるのが政治家。
その不安を解消するには、地元の有権者に対して、誠意ある対応できちんと説明をし、理解をしてもらうことだと思う。
それを日頃やっているかどうかなんだろうと思う。

自分の選挙区の候補者名を打てば、情報は結構入手できるので、是非やってみるべきだと思う。
数年に一回のことなんだから。




[PR]
# by 2006taicho | 2017-10-16 02:22 | 知っておきたいこと | Comments(0)

おかしいことはおかしいと言う