初詣

d0098363_21154466.jpg
行って来ました。我が家の風習に習って、除夜の鐘がなるとともに深川不動へ。予想していた通り凄い人出。圧倒的に若い人が多い。カップルやグループ連れ。きっと彼らにとっては初詣はイベントなんだろうな、とふと気づく。そうだとしたらちょっと寂しい。

田舎の神社とは大違い。門をくぐって実際にお参りするまで約20分。お賽銭はこれも我が家の風習で自分の年の数をお賽銭箱へ。何を祈ったかは秘密。



みなさま今年も良い年でありますように。
[PR]
# by 2006taicho | 2007-01-02 21:26 | 近況 | Comments(2)

大晦日

d0098363_15535966.jpg
みなさん 良い年をお迎え下さい。

新年は1月3日に「お笑い探検隊・初詣 イン品川区」と題して新年会を某所で行います。そのときの様子は追ってレポートします。
[PR]
# by 2006taicho | 2006-12-31 16:09 | 近況 | Comments(0)

2006年 最終戦

12月24日クリスマスイブのこの日、今季最終戦。
d0098363_1031077.jpg

横浜スタジアムでやると言ったら突然参加する人が増えた。
なんと18人、二チーム分じゃん。

相手は若いチームだったけどメールでのやりとりで「そんなに強くないので・・・」と言っていたとおり弱かった。スコアは14-2で圧勝。

18人全員が打席に立つので
「一人二回しか打てないからみんな早打ちしろよ」ということになった。


それでもなんだかんだと粘ってフォアボールを選んだりするやつがいて、みんなでブーイング。


私の第一打席はなんと太ももへのデッドボール!
貴重な打席を無駄にしてしまい、みんなに笑われる。
みんなガンガン打ったので打席には3回立てた。(奇跡的)
結果は2打数1安打1四死球。
d0098363_1094743.jpg

球場使用料は2時間で28000円+審判代6000円 合計34000円。これを両チームで
折半するので1チーム17000円。安い。

天気もよく汗ばむほどで本当に気持ちよかった。

d0098363_92298.jpg
ボールはよく見ている。でもちょっとヘッド(バットの芯)が下がりすぎ。大きいのを狙っているのがよくわかる。

d0098363_9223494.jpg
ちょっとミートポイントが早すぎる。もうちょっとひきつけて打てばいいのに。フォーム自体は悪くない。問題は体型。

d0098363_9225897.jpg

[PR]
# by 2006taicho | 2006-12-27 01:57 | 野球 | Comments(0)

箱根駅伝

今年も残り僅かになってきました。

年が明けるとお正月の風物詩「箱根駅伝」があります。

私はこの箱根駅伝のテレビを二日間きちんと見たことがありません。

二日目は東京に向かう船の上にいるからです。

いつかは一度きちんと見たいと思っていましたが、今回はそれが実現しそうです。

お正月はどうやら東京で過ごすことになりそうだからです。

田舎へは姉夫婦が帰ってくれることになり、私たち家族はお役ごめんになりました。

お正月を東京で迎えるというのは20数年ぶりです。

伊豆大島と箱根駅伝は結構、縁があります。

毎年11月になると各大学の最終合宿が行われるからです。

d0098363_17162617.jpg

大島は一周約50キロ。途中、すごい勾配の坂もあります。

ちょっと前までは、有森裕子、浅井えり子、最近は高橋尚子もトレーニングに来ています。

東京から近いので便利なのかもしれません。


お笑い探検隊も走りました。

一回目は1998年で往路 東京~箱根間
二回目は2000年で復路 箱根~東京間

本当によくやったと思います。

白バイの先導があるわけもなく、夜10時にスタートして、一人大体5キロくらい走ってたすきをつなぎ

ました。途中で道に迷って民家に行って道を聞いたりしました。走るコースが途中でなくなったというの

もありました。

特に大変だったのは一回目のときでした。なにしろはじめてのことなのでコースがよくわからないので

す。箱根駅伝のHPで調べてはいましたが、それは箱根駅伝だから走れるコースであって、普段は人が

走れるところではないからです。

このとき大活躍したのは丸岡さんと樹里ちゃんでした。きちんと下見までやりました。

樹里ちゃんは丸岡さんとコースの確認をして、バイクでランナーにそれを伝えてくれました。

二人がいなかったらどうなっていたかわからないくらいでした。

往路の最後は5区です。いわゆる箱根越えというやつで殆どが登り坂です。何人かでたすきをつなぎま

したが、

「途中で歩き出すのだけはやめようと思った」

走り終わった後、そう言って私を感動させたのは

樹里ちゃんでした。

横山さんの息子(当時12歳)はこれを機に陸上競技をはじめたという逸話もあります。

うちの息子は

「走るのもすごいとは思うけど、一緒にやってくれる人がいるのがすごいよな」

と言ってくれました。


かみさんは

「なんでそんなことやるの?」


田舎の親父はいまだにこのことを信用していません。

d0098363_1713910.jpg

[PR]
# by 2006taicho | 2006-12-21 01:24 | 近況 | Comments(0)

試合は中止だったけど

今日はうちの野球部の入れ替え戦の予定だった。

うちは某リーグの5部所属で今年は二位。一位のチームは自動昇格で4部へ。二位のチームは4部

の5位と入れ替え戦をすることになっている。

朝から天気もよく気合充分で朝7時に家をでて8時過ぎに集合場所へ。

しかし!対戦相手から「グランドコンデイション不良で中止です」という連絡。

みんながっかり。

多摩川の河川敷は実に水はけが悪い。昨日の午前中の雨の影響で(午後は晴れたのに)グランドが使

えないとのこと。

みんなせっかく張り切ってきたのでなんだかやりきれない。


そこで急遽グランド確保係りにドタキャンしているグランドがないかあたってもらうことに。

するとなんとすぐ見つかった。羽根木公園ならすぐ使えるという。

早速、車に分譲して羽根木公園へ。

羽根木公園のグランドは結構整備されていてきれいだった。

芝生の上に立つと風がないせいか寒さは感じない。

d0098363_19193538.jpg
d0098363_19195071.jpg


11時から二時間、のんびりと練習。

結構気持ちがよかった。
[PR]
# by 2006taicho | 2006-12-16 19:43 | 野球 | Comments(0)