ブログトップ

隊長ブログ

野党一本化なら

d0098363_0124057.gif
今や若者層が保守で、高齢者層が野党支持の時代?
携帯やスマホを見つめ続ける若者たちを観ていると、確かにそう思う。
自分のその姿を俯瞰で見たらどうなんだろうと言う発想・視点はないのだろうか。




衆議院選挙
終わってしまうとあっさり忘れてしまいそうな我が興味。
そんなことではダメだと戒める。
忘れないようにしておこう。
野党共闘をしていたら結果は違っていた、自民の議席は63議席減って、与野党が拮抗した結果になったという記事。


10/23朝日新聞

野党一本化なら63選挙区で勝敗逆転 得票合算の試算

d0098363_23135692.gif




今回の衆院選は、政権批判票の受け皿となる野党が分散したのが大きな特徴だ。

複数の野党候補(野党系無所属を含む)が競合した「野党分裂型」226選挙区のうち、約8割の183選挙区で与党候補が勝利をおさめた。

一方、朝日新聞が各野党候補の得票を単純合算して試算したところ、このうち3割超の63選挙区で勝敗が逆転する結果となり、野党の分散が与党側に有利に働いたことがうかがえる。


「野党分裂型」の226選挙区は全289選挙区の78%を占める。

結果は与党183勝、野党43勝と与党側の大勝だった。

これに対し、「与野党一騎打ち型」の57選挙区では、与党39勝、野党18勝。分裂型に比べて野党側が善戦した。

野党が分散した最大の原因は、民進党の分裂だ。

民進の前原誠司代表が衆院選前に小池百合子・東京都知事率いる希望の党への合流を表明。
民進で立候補を予定していた人は希望、立憲民主党、無所属に3分裂した。

ただ、民進は前原執行部の発足以前、共産党や社民党などとの野党共闘を進めていた。
昨年7月の参院選では、32の1人区で野党統一候補を擁立し、11勝という成果を上げていた。

そこで、「立憲、希望、共産、社民、野党系無所属による野党共闘」が成功していればという仮定のもと、朝日新聞は独自に、各選挙区でのこれらの候補の得票を単純に合算する試算を行った。
その結果、「野党分裂型」226選挙区のうち、63選挙区で勝敗が入れ替わり、与党120勝、野党106勝となった。

63選挙区のうち、圧倒的に多いのが、希望と共産が競合するパターンで、49選挙区にのぼる。
また、立憲と希望が競合したのは19選挙区あった。

東京では、「野党分裂型」のうち、与党勝利の19選挙区を試算すると、14選挙区で野党勝利に逆転。
萩生田光一・自民党幹事長代行、下村博文・元文部科学相、石原伸晃・前経済再生相はいずれも「立憲・希望・共産」候補の合計得票数を下回った。

また、野党統一候補が実現していれば、閣僚経験者も議席を脅かされる試算となった。
野党候補の合計得票数は上川陽子法相、江崎鉄磨沖縄北方相の2閣僚の得票数を上回ったほか、金田勝年・前法相も「希望・共産」候補の合計得票数には届いていない。



■共闘崩壊で社共は「恨み節」

与野党で「1対1」の構図をつくる試みは失敗し、候補者の乱立で自民に「漁夫の利」を奪われた格好の野党からは、分断のきっかけをつくった民進党への「恨み節」が相次いだ。

「率直に民進党の行為には強い怒りを感じている。
もし(民進、共産、自由、社民の)4野党の固まりとして総選挙を戦う形が取れたら、こんな自公の多数を許す結果にならなかった」

共産の志位和夫委員長は23日未明の記者会見で、解散直前に希望の党への合流方針を表明し、4党の野党共闘路線を壊した前原氏を強い言葉で批判した。
比例得票の割合が33%だった自民が、小選挙区を含めた全議席(計465)の61%を得たことについて、同日発表した党常任幹部会声明で「虚構の多数に過ぎない」と指摘した。

社民党の吉田忠智党首も23日、「接戦区は一本化したかった。前原代表の判断は疑念を持たざるを得ない」と同調した。

ただ、小選挙区での共産党の擁立方針が、野党分裂を招いた面も否めない。
共産は、立憲、社民と無所属の一部との間で競合する67小選挙区で候補者を降ろしたが、「自民の補完勢力」と位置づけた希望が候補者を立てた選挙区のほとんどには擁立した。
その結果、小選挙区で議席を得た沖縄1区を除き、選挙区あたり数万程度ある共産票は事実上「死票」となり、立憲幹部は「共産党が降ろしていたら勝てる希望候補はたくさんいた」と悔やんだ。

ただ、批判を浴びる前原氏の受け止めは違う。
23日未明の会見で、9月の代表就任直後に相次いだ離党騒動について、「最大の理由は共産党との共闘に対する反対だった。
民進党のまま野党共闘で突っ込んでいたら空中分解するほどの離党者が出た」と主張。

政権選択の衆院選では、安全保障など基本政策が異なる共産との共闘は不可能との立場を取る前原氏は、希望との合流について「何らかの局面展開に賭けた。結果責任は重く受け止める」と振り返った。






前原氏は辞任を表明したが、彼の罪は計り知れない。
彼の決断はこんなにもアベさんに有利になってしまった。
野党再編などこれからの政局、国会運営、与野党の駆け引き、審議、法案通過、彼の決断がどれだけ間違っていたか、いたるところで表出するだろう。
彼はそれを無所属議員として眺めることになる。

こんな野党に誰がした。






[PR]
# by 2006taicho | 2017-10-23 23:46 | 知っておきたいこと | Comments(0)

台風と選挙と

昨日は避難勧告と避難指示が出ました。
島の小中学校はその前に、月曜日は休校を決定していました。
勤務先である中学校の副校長先生と打ち合わせして、私は学校に残ることにしました。
本当は警備員であろうと避難しなければならないのが鉄則ですが、学校施設の頑丈さを信じて避難せず。
外は台風、TVは選挙速報。
台風は午前3時ころに最盛期でしたが、たいしたことはなく無事通過していきました。
選挙結果は予想された通りでしたが,いろいろと感慨深いものがありました。
野党勢力は今後もいろんな動きがあるでしょう。
立憲民主党を中心に。

これだけのひどい状況でも、アベ自民党がほぼ現状維持だったことに暗澹たる思いです。

投票率は戦後最低だった前回をわずか1ポイント上回っただけ。
棄権した人は約4,500万人。
これが今の現状。



人口8,000人余りの小さい島ですが、波はこんなに違います。
島の西側 元町港の様子。午前8時、大荒れです。

d0098363_10121992.jpg


d0098363_10124843.jpg



島の北側 岡田港の様子。まさに台風一過。静かな海です。
d0098363_10143333.jpg


d0098363_149332.jpg








[PR]
# by 2006taicho | 2017-10-23 10:19 | 近況 | Comments(0)

友よ


1969年




1978年


2015年






d0098363_23341984.jpg



d0098363_23183786.gif



d0098363_23481327.gif


d0098363_2348584.gif


d0098363_23522026.jpg


d0098363_23555135.gif







2010年


d0098363_661891.jpg






1973年




1970年






d0098363_6765.jpg





「友よ」作詞・作曲/岡林信康 1968年

友よ夜明け前の闇の中で
友よ闘いの炎を燃やせ
夜明けは近い夜明けは近い

友よこの闇の向こうには
友よ輝く明日がある
夜明けは近い夜明けは近い

友よ君の涙君の汗が
友よ報われるその日が来る
夜明けは近い夜明けは近い
友よこの闇の向こうには
友よ輝く明日がある

友よ登り来る朝日の中で
友よ喜びを分かち合おう
夜明けは近い夜明けは近い
友よこの闇の向こうには
友よ輝く明日がある




1968年









50年も経っているのに今だにB・デイランの「風に吹かれて」が必要とされている。
日本では当時は岡林信康の「友よ」が唄われた。
50年も経っているのに、それに代わる唄がない。
そのことが今の現状を映し出している。
耳障りの良い唄ばかりで、世相を唄わなくなったからだ。
深刻な、暗い唄を意識的に避けてきたからだ。
その必要がなくなったくらい、本当に幸福だろうか、満足しているのだろうか。
音楽CDが売れないのは、本当のことを唄わないからだ。
個に走り社会を観ないからだ。
世の中はこんな状態なのに。
後世に残る唄はあるだろうか。





新宿南口に「友よ」が流れたら・・・・。
70歳前後の人たちの中には、立ち尽くした人も出ただろう。
当時彼らは二十歳前後。
「自分は変わっていない・・・」
きっとそう思ったに違いない。
私は高校生だった。
いつかこの唄が聴けることを願っている・・・・・。




[PR]
# by 2006taicho | 2017-10-22 00:34 | 知っておきたいこと | Comments(0)

前原代表の「想定外」だった

10/20田中龍作ジャーナル ー全文ー



前原代表の「想定外」だった 野党大合併、頓挫の理由を明かす


d0098363_128276.jpg
解散8日前。水面下で着々と大新党構想が進められていた。よもや今のような事態になろうとは、2人とも予想だにしなかっただろう。=9月20日、都内 撮影:筆者=


前原・民進党代表の「現時点では想定内」発言は、真っ赤なウソである。民進党の3分裂、希望の党の自壊は、前原代表の「想定外」だった。その舞台裏を明かす―

 大合併による新党構想は民進党代表選挙前から進んでいた。田中は代表戦の最中に小沢・自由党代表に近い筋から小沢・自由党代表のシナリオを聞かされていた。夏真っ盛りの頃である。

 前原圧勝を読んでいた小沢は代表選が告示(8月21日)される前から腹心を民進党から離党させ日本ファースト(当時・のちに希望の党)に送り込んでいた。

 小沢のシナリオはこうだった―
 まず民進、自由、社民で合併する。その後、日本ファーストとも一緒になる。   

 安保法制が強行採決された2015年秋ごろから小沢と共産党の志位委員長は会合を重ねてきた。

 共産党が下ろせる選挙区は大胆に下ろす。野党共闘という名の候補者調整は翌夏(2016年)参院選で実った。

 小沢は民進党の前原代表とも会合を重ね薫陶を授けてきた。

 枝野を退けて新代表に選ばれた前原はテレビ番組のインタビューで、共産党との選挙協力に否定的な発言を繰り返す・・・野党共闘は成立しない。勝てると踏んだ安倍首相は解散に打って出た。安倍は まんまと おびき出されたのである。

d0098363_1293632.jpg
衆院解散前日。選挙向けの駆け込み寺として希望の党が期待を一身に集めていた頃だった。こちらも今の事態を予想だにしなかっただろう。=9月27日、都内 撮影:筆者=


9月28日午前、安倍が衆院を解散すると、前原はその日の午後、両院議員総会で希望の党との合流計画を発表。民進党の議員たちは満場一致で了承した(異論も出たようだが)。

 小沢が小池百合子と水面下で続けていた交渉は、実を結んだかに見えた。

 「皆で希望の党に行きましょう」。前原代表が希望側に一括して名簿を出すので、踏み絵は踏まなくてよい。ごく一部をのぞいてほとんどの議員(解散後は前職)が、希望の党への移籍を希望した。

 巨大野党の出現に安倍はたじろいだ。政権交代が見えてきた ― ここまでは小沢のシナリオ通りだった。

 「日本初の女性首相」などとマスコミが囃し立てた。すっかりその気になった小池は権力欲をむき出しにした。その後の転落は、あらためて述べるまでもない。

 「希望者は全員受け入れ」の一筆を取っていなかった前原は迂闊だった。わざと騙されたとの見方もある。

 合併新党の幹事長を狙っていた小沢は小池に裏切られた。小池への電話連絡もつかなくなっている状態という。

 自由党出身者への嫌がらせは凄惨を極める。民主党時代から長年耕してきた選挙区から見知らぬ選挙区に国替えさせているのだ。そこは自民党の有名政治家が抜群に強い選挙区だ。比例復活も絶望的である。死刑執行に等しい。

 策士、策に溺れる。小池の自分ファーストは、安倍独裁を倒せる千載一遇の機会をぶち壊した。裏切りは政界の常とはいえ、国民までも裏切った罪は永遠にリセットできない。

  (敬称略)







[PR]
# by 2006taicho | 2017-10-21 01:33 | 知っておきたいこと | Comments(0)

枝野幸男





d0098363_02710100.jpg



d0098363_0325463.jpg


d0098363_0334391.gif






最終日は新宿南口。
初めて政党の演説を聞きたくなった。
こういう時、東京はいいなあと思う。

政党の本部がネットでボランティアを募っている。
選挙の運動員は、後援会と組合組織から駆り出されるのが今までのやり方。
こういうのも初めてみた。
名もなき市民が自発的に駆けつける、これからの選挙はこういうのがいいと思う。

枝野よ、ブレるな!義を通せ!まだ始まったばかりだ!







[PR]
# by 2006taicho | 2017-10-21 00:56 | 知っておきたいこと | Comments(0)

おかしいことはおかしいと言う