THE PAGE 10/27

d0098363_131030.png

民進党が消費税増税延期法案に反対 詳細はこちら


庶民の生活を圧迫する増税。
それを延期するという法案に反対する、
民進党は完全に狂っている。
どうかしちゃったというレベルではない。

今年の5月に「増税すべき状況ではない」と言ったのは当時の岡田代表。

代表が変わると180度方針も変わるのか。
こんな政党は政党ではない。







[PR]
by 2006taicho | 2016-10-31 13:16 | News | Comments(0)

どんな国がいいのか

1%の富裕層、富の分配、グローバル経済の弊害、新自由主義の破綻、難民の増大、派遣社員の増加、経済的弱者、家庭の貧困、子供の貧困、大学生の貧困、生活保護受給者の増加、・・・・・・・・

今の世界は限界に来ている、とか最近聞きます。
つまり資本主義の限界ということ。
NHKスペシャルでもやっていたくらいです。
右肩あがりの成長、なんてもう古すぎる。
そういう発想では世界を維持できないという。

なるほど・・・・・・
でも具体的なイメージが浮かばない。
途方にくれてしまう話。

理想からいうと・・・・・

まず、教育費無料、医療費無料、電気代無料
住宅を建てると国から補助があって、銀行から金を借りても金利はゼロ。

なんてことを考えていたら、思い出した、そこでちょっと調べてみた。








それを実現していた国があった。

教育費無料、医療費無料、電気代無料なんて当たり前の国。


その国では以下のようなことが国の政策として実行されていた。








農業を始める人には農園を始めるための、農地、家、器具、種、家畜が、全て無料で与えられる。

新婚夫婦はアパートをかりるとき政府から500万円の補助がでる

必要な教育あるいは医療施設を見いだせない場合、政府が外国に行くための資金を支払う

さらには実費のみならず、住宅費と自動車の経費として23万円/月、支払われる。

自動車を購入すると政府が価格の50パーセントの補助金を出す。

石油価格は、リッターあたり、14円。

対外債務は無く、資産は1500億ドルにのぼるが、現在世界的に凍結されている。

卒業後就職できない場合は、本人が雇用されているかのごとく、特定職業の平均給与を、職が見つかるまで国が支払う。

石油のあらゆる売上の一部が全国民の銀行口座に直接振り込まれていた。

子供を生んだ母親には、50万円支払われる。

パン40斤が15円だった。

25パーセントが大学の学位を持っている。

この砂漠国家のどこででも自由に水が得られるようにするため、大人工河川計画として知られる世界最大の灌漑プロジェクトを遂行した。


まあ今は違うけどその国は「リビア」。
今は混乱状態で”かつてのリビア”というのが正確だろう。

d0098363_1243578.png


d0098363_1193899.jpg


こういう政策ができた最大の理由は石油収入だ。










次の写真を観ると、おそらく多くの人ががっかりした気分になると思う。


われわれが知るところのイメージが圧倒的に悪いからだ。
なぜかというと、そういうニュースしか報道されなかったからだ。
医療費が無料とか、電気代は無料とか、TVは上記の政策のひとつも報道しなかったからだ。
とんでもなく悪いやつというイメージで報道されて、われわれ日本人はそれを信じこんでいる。
(これもプロバガンダ=大衆操作)





















d0098363_118113.jpg

リビアの人口は620万人 指導者はこの人だったが、2010年西側諸国が支援する反政府軍によって殺害された。裁判を受けることもなく。






では、カダフイはなぜ裁判を受けることもなく殺害されたのか。
国民を虐殺したとかといわれている。
しかし、本当の理由は西側に従わなかったということだと思う。
カダフイは、国際決済でUSドルを使わない、アフリカ諸国で発行する通貨を使うと打ち出した。
中東とアフリカに眠る豊富な資源取引で、国際決済としてドルを使わないという国の指導者を1%が黙って見逃すわけがない。

カダフイは、石油資源は枯渇することも熟知していて、そのためにもアフリカ諸国がひとつになり、欧米諸国と対等に渡り合えるようにと考えていた。


参考WEB=Grobal research




カダフイ殺害の知らせを聞き、当時、国務長官だったヒラリーは言った
CBS“ニュース”で大喜びで笑いながら
「来た、見た、彼は死んだ」







現在のリビアはいまだに政情不安が続いている。
中東の問題はアメリカ&西側諸国+ソ連・中国の思惑が錯綜しているので、詳細はどれが真実なのかわからないので政情不安が続いているとしかいえない。
言えることは、強欲者たちが裏で政治家を操っているという、悲しい事実があるということだけ。



個人的にはコウ思う。(今回はざっくりと そのうちもっと具体化させたい)

カダフイの行った政策のひとつでも、(たとえば医療費無料)今の日本で実現したら、どれだけの国民が政府を信頼するだろう。

つまり、それだけ今の現状がひどい状態なのだと思う。

水・食料・教育・医療・年金 これは国が直接管理・運営とすること。

安保条約は破棄し、米軍に出て行ってもらうこと。

企業規模に見合った社会貢献活動を義務化すること。

リビアで一時、実現したことは、もう今も実現可能なのではないのか。

平等な政策を実現できる原資・資金・権利を1%たちが持っているからだ。

あとは、みんなで騒いで、それを要求し、法律に書き込んで、彼らから奪えばよい。

そういう世界を実現させたら、彼らを1%の不平不満層と呼ぼう。









[PR]
by 2006taicho | 2016-10-31 02:24 | 知っておきたいこと | Comments(0)

TPP法案の行方

TPP法案は11/1に衆議院特別委員会で強行採決されるとか。
そして参議院でまた審議。
最後は衆議院の優越性で可決成立するかもしれない。
一年前の安保法制と同じシナリオ。
TPP法案は5000ページもあるとか、資料は黒塗りだとか、問題だらけのなかで、現在衆議院特別委員会で審議されている。
TPPの原案はウオール街の専門家が書いたもので、アメリカの議員も全文読んだ人はほとんどいない。
アメリカの議会で承認される見通しもまったくたっていない。
全文和訳が本当にあるのか、政府が公表した、要点だけでの和訳も18箇所も誤訳があったりしている。
TPPについて国民はどのくらい理解しているのか、その内容について周知すべきTVメデイアはまったく機能していない。
TPP国会といわれているのに、なぜかNHKの国会中継もない。
隠れ蓑として豊洲移転とオリンピック施設問題を連日報道している。
おかげで小池さんが正義の味方になっている。

ついでにいうと、TVの評論家は
ヒラリーはなぜあんなトランプみたいな傍若無人なやつを圧倒できないのだろう?
という日本人一般の疑問に誰も答えないのは不思議。


d0098363_4572441.jpg


TPP法案は、多国籍企業が一国を乗っ取ることが可能になる法案だ。
法的には憲法の上に位置するから、これが可決成立したら日本はお仕舞い。
TPPのISDS条項だけでも理解すればこの法案の恐ろしさがわかると思う。

今のままでは法案が成立してしまう模様。
それを見届けて、安部さんは衆議院を解散させるかもしれない。
選挙は12月かもしれない。
その前に、プーチンがやってきて会談するが、そこでなにかの約束を取り付けて、選挙に有利な発表をする可能性が高い。
(北方領土の交渉進展で合意とか)
今の野党の共闘体制では、安部政権を倒せないだろう。

原発推進と米軍基地は安部政権の安定運営の保険であることは疑いようもない。
背後には、明治神宮を筆頭とする日本全国神社の総本山も控えていて、日本会議と名乗っている。
この組織の選挙のときの運動員、スタッフの動員力は際立っている。

原発関連の企業で働く有権者、
原発のある街や市へばらまく交付金を当てにする各地の有権者
米軍基地と関連する企業ではたらく日本の有権者
基地があることで政府からもらえる交付金をあてにする有権者
軍事防衛予算5兆円の受注をもくろむ民間企業の有権者

それに連合という日本の労働組合の総本山も見方しているのだから、心強いことだろう。






[PR]
by 2006taicho | 2016-10-30 05:04 | News | Comments(0)

日本シリーズ観戦

d0098363_22595721.jpg


d0098363_2302196.jpg


d0098363_2304366.jpg


d0098363_231828.jpg


d0098363_2312717.png


d0098363_2314565.png








[PR]
by 2006taicho | 2016-10-27 23:04 | 近況 | Comments(0)

これもプロバガンダ?

なんかどうもいやな感じがすると思っていたらやはり。
今のTVメデイアがどういう意図でやっているか見えた気がする。

ニュースは小池知事のオリンピック施設の問題と豊洲移転の問題ばかり。
外電はヒラリーとトランプの動向。
それに昨日からは大麻所持で捕まった元女優のニュース。


d0098363_426271.jpg


d0098363_4264514.jpg


d0098363_428736.jpg


このイメージが国民の関心事として頭に刷り込まれている。
しかし、もっと重要なことはまったく報道しない。



今の国会では衆議院でTPPのことが議論されている。
TVはまったく報道しない。
NHKの国会中継もやらない。
この審議はもう14日から始まっている。
そして昨日の26日は北海道と宮崎でTPPの公聴会まで開かれている。

d0098363_4352684.png

画面をクリックすると国会中継を見る画面に移動します。



国の貿易に関する重要な案件なのに、メデイアは報道しない。
たとえて悪いが、元女優の大麻所持(多分執行猶予付きの刑になる)をニュースとして流し、国の経済全体に影響を及ぼすTPPについて報道しないというのはあまりに変だ。

もうひとつ昨日あたりから、石原元都知事への批判が強まった。
今までのトーンと明らかに違ってきて、石原さんは公開の場できちんと説明すべきでしょう、これでは疑惑をもたれても仕方ない、になってきた。
今まで怖気づいていた評論家もタレントも一緒になって言い出している。
何かのゴーサインが出た証拠だ。
つまりヒートアップさせる狙いだ。

国民は小池さんのファッションに気を止めながら、
豊洲はどうなるのか、こうなったら移転中止か、ボート場はどこになるのか、費用はいくら削減できるのか、石原さんは逃げるのか、森さんとはやりあうのか、みんな詳しくなってしまった。
そのこと自体に文句はない。



ヒラリーもトランプもTPPには反対だというのに。(ヒラリーは当選したら裏切ると思うけど)
来月、アメリカの次期大統領が決まる。
今の国会で結論を急ぐ必要などまったくない。
(だから急いでいるのは百も承知だが、それは安部さんの都合であり、国民の都合ではない)

TPPの議論から目をそらす作戦が着々と進行している。
最後はまた強行採決かもしれない。
民意はどこにあるのだろう。

ブログを不満のはけ口にさせて、行動しないように誘導する作戦は、これも安部さんたちの作戦だ。
野党各党にメールで訴えるのも方法だろう。
期待できないとかできるとかの問題ではない、なぜなら彼らは安部さんに直接質問を突きつけられるのだから。
私にはその資格もなにもない。
あとはデモに参加することくらいだ。
抗議集会が全国各地で行われ、すごい数の人が集結するればメデイアは無視できなくなる。
報道せざるをえないという’潮目’が変わるまでは。








[PR]
by 2006taicho | 2016-10-27 08:18 | News | Comments(0)

畑で作業

d0098363_23544189.jpg


d0098363_23545831.jpg


d0098363_23554615.jpg


d0098363_23562044.jpg


d0098363_23563348.jpg









[PR]
by 2006taicho | 2016-10-26 00:02 | 近況 | Comments(0)

原発プロバガンダ

d0098363_856267.jpg

原発プロバガンダ 本間 龍 2016年 発行 岩波新書
中古502円



筆者は広告代理店博報堂に18年間勤務。
電通を代表とする広告代理店が、原子力団体と手を組んで、いかに真実とは違うイメージを国民の頭に刷り込んできたかという一冊。

福島の事故前までに、原発安全キャンペーンは過去40年間で4兆2000億円以上を使っている。
筆者は、本当に安全ならこんなに宣伝する必要はないはずだと明快だ。

しかもこの4兆2000億円という宣伝費は、我々が支払っている電気料金から出ている。
東電だけでも毎年200億円という驚きの宣伝費。毎月16.6億円!
ほとんどが電通と博報堂を通し、ローカル局のTVや地方新聞、雑誌に広告をうっている。
地方のTV、新聞社にとって、経営を支えるほどの金額なので、原発について批判的な報道をできなくなる。


福島の事故までは安全安心をメインにしてきたが、事故後はそうもいかず現在は「風評被害対策」のキャンペーンに移行している。
二年前くらいから地方を中心にこのキャンペーンが復活している。
特に熱心なのは中部電力らしい。
静岡新聞を中心にキャンペーンをうっているらしい。
それとご存知、読売新聞。(日本に原子力を持ち込んだのは正力松太郎)

福島事故前も今も、原発推進に多くの著名人を使っている。

d0098363_0274718.jpg


特に福島の事故以降、ギャラは跳ね上がっているらしい。

こういうキャンペーンは原発立地県をメインにやっているので、東京に住んでいると実感はもてない。
また、同時に現地のコミュニテイーセンターなどを使って「説明会」なども頻繁にやっていて、住民への働きかけを地道にやっている。

日本原子力産業協会に加盟している企業・団体はこちら
この加盟リストを眺めていれば、政府が再稼動を進める理由がわかる。
大熊町や楢葉町といった帰宅困難地域の自治体も加盟している。


原発は安全から風評被害対策へとシフトして巨額の広告資金が投入されている。
筆者は
「これには意図があり、政府や東電は風評被害対策として地場産業を後押ししているが、実態は責任の所在を不透明にしているにすぎない」という。
その証拠にあれほど安全だと説明してきた原発が、ちっとも安全ではないことが暴露され、いまだにふるさとに戻れない人がいることの責任にはまったくふれていないからだ。


まあ、ほんとうにこれは沖縄の基地と表裏一体なんだと思う。
原発と基地、それにともなう地元への巨額の補助金という構造。
真実を隠蔽し国民を欺き続ける広告代理店の電通。
その力に従属してしまうTV、新聞、週刊誌、雑誌など。


10月20日東京新聞
東京電力福島第一原発の事故処理、廃炉、最終処分場建設、核燃サイクルに最低でも約三十兆円かかることが本紙の調べで分かった。十九日には、経済産業省が有識者会合の作業部会を開き、規制変更によって廃炉が決まった原発の廃炉費用を電気料金に上乗せする方針を固めた。高速増殖炉もんじゅの行き詰まりなど原発政策の矛盾が拡大する中、政府が国民負担を増やそうとする論議が本格化する。すでに国民は電気料金や税金で十四兆円を負担しており、今後、さらに十六兆円以上の負担を迫られる可能性がある。


d0098363_1161621.png




[PR]
by 2006taicho | 2016-10-24 23:31 | 最近読んだ本 | Comments(2)

先日の新潟県補選、結果は原発慎重派の米山氏が勝った。
支援の構成は落選した森氏には自民、公明、連合新潟が応援。
当選した米山氏には、共産、自由、社民が応援。
野党第一党の民進党は連合に気を使って自主投票。
理由は、連合が原発推進だからだ。

しかし、当初は与党側の森氏が断然有利の情勢だったが、終盤になって緊迫してきた。
そこでおかしなことが起こった。
連合新潟の代表が野党応援の米山氏の支持を明確にし、次は、蓮舫代表が新潟入りし、演説をした。
おかげで不利だった、米山氏は当選した。
新潟県民の原発再稼動反対の声が届いた格好だ。

しかし、民進党の野田幹事長は10月18日、連合の神津里季生(こうず・りきお)会長らに、新潟県知事選で、蓮舫代表が米山氏の応援に入ったことについて謝罪した。
野田幹事長は米山候補が「勝ってしまった」ことを連合・神津会長に謝罪。
自公候補を応援していた連合新潟は怒りを隠そうともせず、民進党県連の黒岩宇洋代表は「混乱の責任をとる」という名目で、県連代表のポストの辞任に追い込まれた。

もう一つ。
現在、小池知事の穴を埋める東京10区の補選。
こちらは民進党公認の鈴木庸介氏が立候補し、自民推薦の若狭氏と戦っている。
しかし、野党3党は推薦を出していない、つまり民進党の単独候補。
新潟補選とは逆の選挙。
自民党側は若狭氏を小池知事と安倍首相が街頭で応援演説をして、効果は絶大。
まあそんなことは野党側ではわかっていたこと、それならなぜ新潟補選のように野党共闘をしないのか、理解に苦しむ。
選挙に勝つ気があるのか。
しかも、投票まであと2日というときに、
鈴木候補の選対事務局で選対に加わっていた連合のスタッフたちが、突如、応援から手を引いてしまったという。
連合東京はその事実を認めた。

野党共闘を拒む連合とはなんなんだろう。
自民公明と共闘するその意図はなんなんだろう。
これが労働者組合の元締めのやることだとはとても思えない。

連合の正式名は「日本労働組合総連合会」だ。(旧総評)
連合の組合員数は689万人もいる。
d0098363_1863884.jpg

神津里季生(こうず・りきお)会長 この人が連合会長
安倍政治の独裁がつづく現状が変わらない理由は、このことを知れば不思議ではない。
 
労働者の総本山が原発推進なのはなぜか。 
電力会社は10ある。
そこで働く組合員は12万人以上で、子会社や関連各社を入れると何倍にもなる。
おまけに家族を入れると相当な数になり、選挙にも影響する。
この数が無視できないということだろう。
連合が原発反対では、電力関係の労働者が納得しないだろう。

しかし、世論の体勢は反原発だ。
これをどうするか。
東電をはじめ、電力各社は社員に対して、どういう説明をしているのだろう。
会社側は自民党の後ろ盾があるから大丈夫で、原発輸出までするのだから当面心配はいらない、廃炉費用や、廃棄物処理費用は、国が面倒みてくれるし、足らなければ電気料金から徴収できる仕組みになっている。だから選挙は迷うことなく自民党だ、それが今の自分の生活、家族を守る道だ、
こういう説明をしているのではないだろうか。


会社が甘い言葉を並べても電力会社の社員の中にには、再稼働反対の社員は少なく無いと思う。
「連合」がそういう世論をうけ、電力関連の労働者を説得すべきではないのか。
電気事業を廃止するわけではなく、原発だけはをやめようという話だ。
どうもこのあたりがキナ臭い。
原発マネーの臭いがする。

今の連合に改革の気配はまったくみえない。
日本の労働組合がこれでは自民党の独裁はつづく。
野党再編もいいけど、最大の問題は日本の労働組合を束ねる組織の解体&再編なのでは。
しかし、最大票田の連合を敵にまわしての解体など、野党にはできないだろう。
あるとしたら、連合内部からの正義のための告発かもしれない。





[PR]
by 2006taicho | 2016-10-22 18:10 | News | Comments(2)

野暮

北野武氏が紫綬褒章を辞退していて、その理由が天皇陛下の公務を減らすためだという、それを明かしたのは弟子の東国原氏。
マスコミではそう報道されている。

陛下の公務を減らすためだというのは、芸人らしいコメントで、はずかしいという思いが伝わって好きだ。
しかし、本当はどうなんだろう、おそらく北野氏は一生明かさないと思う。
ぜひ、それをまっとうしてほしい。
それこそ日本の芸人だと思う。

昔の落語家は立派な賞をもらうとき、「もらってやる」と言った。
理解のない人たちからの反感をわざと買い、恥しさを相殺した。
辞退すると各方面に迷惑をかけるからだ。
そのことを浮世の義理ととらえて辛抱して受賞した。
その辛抱をさとられたくないから「もらってやる」と言い放った。

自分たちはいつも庶民の話をして、庶民生活の辛さをおかしさに変えて代弁してきた。
座布団のうえにちょこんと座り、一人で何役もこなして、笑わせたり、涙を誘ったりして庶民の娯楽芸として定着してきた。
世界にない話芸。
それを国から表彰してもらうなんて、やっちゃいけねえことなんだ。
ホントのことは決して言わなかった、野暮になるから。

d0098363_10151358.jpg


「あっしは、人に笑ってもらって生業をたてておりますもので、そんなもんが表彰なんて、なんかのまちがいでしょう。お上も、なにか勘違いされたんでしょう。野暮なことをおしゃっちゃあいけません。」








[PR]
by 2006taicho | 2016-10-22 10:15 | News | Comments(1)

ゴジラ化計画

久々に「情報公開請求」をやった。
友人のMさんから、どうやって請求するの?と聞かれ代行。
町役場へ行って書類に記入、これでOK、あとは町役場の担当者からの連絡を待つだけ。
結局連絡が来たのは一週間後、これはちょっと遅い。
過去の経験では2、3日で出た。
担当が慣れていないか、または恣意的なことをやったか。
まあそんなことはともかく、資料が手に入った。
費用は240円コピー代だけ。

今回の資料は、国の地方創生事業の一環として、わが町ではこういう企画をたてましたということで国に申請し、その審査に合格したもの。
タイトルは、ゴジラアイランド化計画。
ゴジラ像をモニュメントとして建設し、観光の起爆剤にしようという趣旨。
国からの予算は約1億円で、不足が出た場合は町役場から補填。
正式には来月の町の臨時議会で承認されたら即工事にとりかかるという段取りらしい。
完成は来年の3月中。

実は昔のゴジラ映画は、三原山から出現してくるというシーンがあり、島の人はゴジラの生まれたのは伊豆大島、と勝手に決めつけたという説がある。(撮影も行われた)
今回、版元の東宝に確認したらそれは違いますと言われたそうだ。


d0098363_14515888.jpg


高さは12メートルくらいだという。
まあ、個人的にはあまり期待できないという感想。
理由はハコモノだということ。
発想が貧弱すぎる。
1,2度みたらおしまいみたいなことになりそう。
ハコモノ時代はとっくに終わっているのにね。

d0098363_15283068.jpg

このくらいの迫力はほしい・・・・・。






[PR]
by 2006taicho | 2016-10-21 15:33 | 近況 | Comments(0)