9条を抱きしめて

私は改憲派です。
改憲か護憲かという議論がこれから高まると思います。
政府与党イコール改憲という認識が拡大徹底されている気がします。
私の希望は憲法に
「我が国の領土、領海、領空に、いかなる外国の軍隊の駐留は、これを永久に認めない」
と明記することです。
これには憲法改正が必要です。(他にもありますがこれが一番)
つまり改憲イコール改悪、戦争の出来る国というイメージが頭に刷り込まれることが、一番危険だと思っています。
○か✕かの議論ではないということです。








d0098363_10110868.jpg
軍事力で他国の人民を殺戮し、脅し、侵略し、占領し、支配し、世界の警察?と言われ、武器や兵器を売り、経済侵略を行い、国を買い、収奪の限りを尽くし、貧困を助長し、所得を隠し、金を洗浄し、格差を拡大し続けるという歴史。



時間のあるときに見てください。
youtube動画ではありません。
(約46分)

d0098363_09254075.gif
NNNドキュメント15
9条を抱きしめて








[PR]
by 2006taicho | 2016-08-31 09:41 | 知っておきたいこと | Comments(0)

2010年10月
オバマ政権のアンドリュー・シャビロ国務次官補は、今後20年間でサウジアラビアとの間で600億ドル(約6兆円)という過去最大の武器輸出契約を結んだと発表した。
シャビロ氏はこの契約は、ヒラリー・クリントン国務長官の最優先課題でした」と語った。
それから5年後、彼女の財団にサウジから10億円の寄付があったことが報道された。
それだけではない、
ヒラリー氏が国務長官だった時期、カタールやウクライナ、クエート、アラブ首長国連邦など、20の外国政府がヒラリー財団に巨額の献金をしている。
ヒラリー国務長官が承認した武器輸出の総額は16兆5000億円。
ものすごい献金効果だ。

アメリカ国民がそれでもヒラリー氏に投票するとしたら、それはなにを意味するんだろう。
8/15に書いたとおり、ヒラリー氏のこういう実態を知らないアメリカ人が多いということなのだろうか。

たとえば自民党の総裁選で、こういう人が立候補することが可能だろうか。

アメリカという国は確実に病んでいると思う。

最近では毎日新聞が報道した。8/28記事














[PR]
by 2006taicho | 2016-08-29 23:13 | 知っておきたいこと | Comments(1)

2016/8/27 毎日新聞
新国立競技場
旧計画「白紙」支出68億円 ザハ氏側へは13億円


日本スポーツ振興センター(JSC)は26日、2020年東京五輪・パラリンピックの主会場になる新国立競技場の、昨年7月に白紙撤回された旧計画に対する精算作業が終了したと発表した。
撤回で無駄になったデザイン監修、設計、施工業者らへの支払総額は68億5930万8216円で、各業者との契約金総額(約123億円)の約56%相当になった。【熊田明裕】

 JSCの池田貴城・新国立競技場設置本部長(JSC理事)は「設計業務は実施設計、デザイン監修業務は施工段階での監修業務など、契約解除までの実費に対して支払った」と説明した。

 旧計画のデザインを担ったザハ・ハディド氏(今年3月死去)の事務所への支払いは、契約金額14億7000万円のうち13億8623万4014円。
池田本部長は「基本設計、実施設計時の契約金は全額支払い済み。
施工段階のデザイン監修業務(契約額1億7000万円。
昨年9月1日契約解除)は、先方の日本国内事務所を引き払うまでの実費として8623万4014円を、6月までに支払った」とし、円満解決を強調した。
旧計画の著作権は、ザハ事務所側が保持することも明らかにした。



d0098363_18531713.jpg
68億円の無駄使い、スタートからこれだ。
今のこの時期、政治家で名前を売りたかったら、オリンピック関係の費用に取り組むことだ。
蓮舫氏も前原氏も、期待されていない党首選はさっさとすませて追求すればいい。
支持率は確実に上がる。
なにも国会の場だけが政治活動ではないはずだ。
68億円の無駄の責任はだれがとるのか。












[PR]
by 2006taicho | 2016-08-27 18:43 | News | Comments(2)

弱者への締め付け

今週のTV報道は朝から「高畑容疑者」特集。
ついでにSMAP解散の続報。
日本人にとって、よっぽど重大なニュースだというのだろうか。



NHKのニュース7で放送された「子供の貧困」についてネット上で炎上しているという。
8.23 LITERA
EXCILEのチケットを買っているとか、ランチに1000円以上使っているから、ちっとも貧困じゃないという。
おまけに、自民党の片山さつき議員がこれに加わり、最後はNHKに説明を求めるという。
片山氏の頭には、NHKは自民党の支配下にあるのだろう。
自分の言動がメデイアへの政治介入などとはまったく考えもしないのだろう。
国会議員なら、増え続ける子供の貧困対策、削られる生活保護費について言及すべきだろう。



沖縄ではヘリパッド工事反対住民を機動隊が強制排除、そのうえ地元メデイアの記者も排除し、車両と車両の間に拘束し、取材ができない状態に置かれた。
メデイアの腕章などは機動隊には見えないのだろう。
報道の自由など関係ないのだ。
そのうちこれが全国に拡大するぞ、そういう意図が見える。

東京では経済産業省前の原発テントが夜中の3時に強制撤去。
昼に抗議集会をしていたら、フリーカメラマンが公務執行妨害で逮捕された。
接見した弁護士によると、なぜ逮捕したのか、警察からの説明はないという。



d0098363_03053462.jpg

ちょうど一年前、米軍の相模原補給廠が爆発。
これの原因は未だに不明。
米軍が発表しないからだ。
日米地位協定で日本側に調査権はないからだ。
日本の土地で近隣に日本人が住んでいるというのに。
日本の消防が調査に入れたのはたったの一回。
神奈川県の黒岩知事は「日米地位協定の見直し」を政  府に要望しているが、その可能性は全くない。
近隣住民の不安は解消していない。


今週のTVメデイアはよってたかって「高畑容疑者」特集。
ついでにSMAPの解散続報。
日本人にとって、そうとう重要なニュースなのだろう。




日々の出来事 ブログランキングへ













[PR]
by 2006taicho | 2016-08-25 03:23 | News | Comments(2)

政治は投資商品

ロビイーストとは
政治的圧力団体の代理人。
政党や議員や官僚、マスコミなどに働きかけを行い、その団体に有利な政治的決定を行わせる者。
日本でいえば、農業団体、医師会などから委託された人たちということになる。
コンサルテイング会社もそれにあたる。
アメリカの国会議員の半分は、議員を辞めた後、このロビイーストに転職するという。
議会の内情に詳しいし、省庁に顔が利くからだという。
言われみれば納得だ。

ワシントンには1万7800人のロビイストがいて、国会議員一人につき13人のロビーストが張り付き、自分の業界の利益になるよう働きかけているという。
その費用は、政治献金、議員や高官の天下り人件費、御用学者への謝礼と研究費などで年間2兆円だという。


シンクタンク
政治、経済、科学技術など、幅広い分野にわたる課題や事象を対象とした調査・研究を行う。
その研究結果を発表したり、解決策を提示したりする。頭脳集団とも呼ばれる。
欧米ではそのほとんどが、非営利団体という形態をとっている。
そりゃそうだろう、非営利じゃなければ信用されないから当たり前の話。
よく、政府系シンクタンクというけど、それはつまり政府から補助金(国民の税金)をもらって研究しているということ。
なので、その研究結果や政策提案は政府寄りのものになってしまうだろう。

民間シンクタンクの場合は、大企業傘下でやっているから、中身が不明だけど、野村総合研究所とか、大和総研と聞けばなんとなく研究分野がわかる。

アメリカ政府の政策は世界中に影響を与える。
そこで各国はアメリカのシンクタンクに巨額の寄付や献金を行い、自国に有利な政策を提案させる。
過去四年間で、64ヶ国の政府が、28のアメリカ国内のシンクタンクに92億円以上の研究資金を出している。
シンクタンク幹部の説明は、「だからといってその国に有利な政策提案をすることは決してない」とうそぶく。

アメリカの政治はグローバル企業にとって、実に効率のいい投資対象「商品」となってしまっている。
アメリカ国民(特に若い世代)はようやくそれに気付き始めている。




日々の出来事 ブログランキングへ



[PR]
by 2006taicho | 2016-08-19 03:43 | 知っておきたいこと | Comments(0)

山崎ハコ

d0098363_13055358.png








日々の出来事 ブログランキングへ
[PR]
by 2006taicho | 2016-08-19 02:08 | My music | Comments(0)


d0098363_23265429.jpg

           「1974年のサマークリスマス」柳澤 健 集英社(2016年5月)



d0098363_23274415.jpg

 1960年後半~1970年代は深夜放送の時代でもあった。
 「オールナイトニッポン」「パックインミュージック」は人気を二分していた。
 放送時間は深夜1時から3時までの二時間と3時から5時までの二部構成だった。メインは一部のほうで、時のDJは中高生を中心に絶大な人気があった。
 はがきでのリクエストという手法が定着したのもこの時期だった。
 しかし、この本は大人気だった、なっちゃんちゃこちゃんのほうではない。二部の放送を担当したTBSのアナウンサー・林美雄にスポットをあてた。

 深夜3時からのラジオ放送なんかにスポンサーも付かない時代で、TBS内部でも誰も期待していない番組だった。
林はそこで日本映画、埋もれている唄や歌手を次々と紹介する。当時の日本映画は斜陽の時代で衰退の一途をたどっていた。林は自分で観た映画を自分の感性で熱心に紹介し続ける。
藤田敏八監督「八月の濡れた砂」その主題歌を歌った石川セリや、デビューしたての荒井由美や山崎ハコをスタジオに呼んだ。
そしてそれが次第に拡散してゆき、リスナーが増え、さまざまなイベントが行われる。
当時のリスナーたちの証言や、ゲストの話、同期入社だった久米宏や先輩アナウンサーたちが当時を振り返る。
林美雄は2002年7月ガンで亡くなる。享年58歳。
林の息子は、父親の危篤のしらせを学校で聞いた。
担任教師から打ち明けられる。
「今まで黙っていたけど、私も君のお父さんの放送を聞いていたんだよ」

深夜放送世代にはたまらない本だと思う。
当時の自分たちの心情が、いろんな出来事とともに思い浮かぶ。
時代背景もあるのだろうけど、当時のアナウンサーたちの社会への意識レベルが高いことがよくわかる。

 


d0098363_23281648.jpg


ユーミンの初期のアルバム二枚は、十代のころに作っておいたものらしい。
ユーミンのファンクラブはこの番組の熱心なリスナーが作った。
しかし、ユーミンは商業主義に走って、初期のファンを失くし、ファンクラブも解散。
たが、林は常に変わらずユーミンに接していた。









[PR]
by 2006taicho | 2016-08-19 00:33 | 最近読んだ本 | Comments(0)

アメリカ退役軍人も反対

沖縄タイムス 8月18日

高江ヘリパッド中止求め決議 米国初、最大規模の退役軍人の会

米市民団体「ベテランズ・フォー・ピース(VFP)」は13日、米カリフォルニア大学バークレー校で開いた第31回年次総会で、東村高江周辺のヘリパッド建設工事の中止を求める緊急非難決議案を可決した。

米国で同計画をめぐる非難決議が採択されるのは初めて。
名護市辺野古の新基地建設中止やオスプレイの全機撤収などを盛り込んだ決議案とあわせ、全米で最大規模の退役軍人の会が、沖縄関連の2本の決議を採択したことで、米国内における新たな沖縄支援の流れを形成しそうだ。
2本の決議案を提案したのは、琉球沖縄国際支部(ダグラス・ラミス会長)。
高江ヘリパッド建設計画を巡る緊急非難決議では、新基地建設計画に反対する候補者が勝利した参院選の翌日に約800人の機動隊員を動員され、抗議する住民らが排除されたことに、「日本政府が沖縄を植民地と捉えている」などと厳しく批判。
工事強行を「恥ずべき反民主的で差別的な行為」と非難し、米政府に同計画の放棄を日本側に伝達するよう要請した。 
新基地建設の中止を求めた決議は、第1海兵航空団の沖縄県からの撤去や辺野古における新基地建設工事中止と建設計画の撤回、オスプレイの沖縄県からの全機撤収などを盛り込んだ。
VFPの各支部に対、それぞれの地元自治体で同決議の採択を呼び掛けるよう求めている。
d0098363_03005849.jpg
 
沖縄関連決議の採択に、VFPのバリー・ラデンドルフ会長は
「米軍基地を巡る強制的な工事着工は、日米両政府が現在も沖縄の人々を差別的な支配下に置いていることを示している」と認識を示し、「こうした状況を恥じる琉球沖縄国際支部のメンバーらが強い怒りを感じるとともに、当事者としての自らの責任を果たそうと提案し、採択された。れわれもできることに全力で取り組んでいきたい」
積極的に協力する意向を示した。





[PR]
by 2006taicho | 2016-08-18 03:30 | 知っておきたいこと | Comments(0)

民間人であるトランプ氏が共和党の指名を確定させた。
物議をかもしだす彼の発言に、眉をしかめる人が多いのになぜ?
日本では評論家たちは、ある意味で、''思い切りのよさ''ではないかという。
''自民党をぶっ潰す''という小泉さんのフレーズに近いといえばわかりやすいだろうか。
しかし、アメリカ国民はもうちょっと冷静にみているらしい。
彼の政策提案は
TPP反対、国民皆保険強化、公共事業で国内投資拡大、高齢者への年金保証などであり、これらの財源を1%の富裕層への課税で捻出するという。
その政策に信頼を寄せる理由は、トランプ氏は1%の富裕層から献金を受け取っていない、ことだ。
かれはほぼ自己資金だけで選挙戦を戦っている。
大統領が誰のために仕事をしていたのか、ようやく気付いた、ということなんだと思う。




ヒラリー氏はどうか。
彼女の選挙資金への献金は77%が1%の富裕層だ。
「政治と金の問題を解決する、今のTPPには反対」と言っている。
2016年2月、CNNは報じた。
2001年から2015年のあいだにクリントン夫妻は729回の講演を行い、153億円の講演料を受け取っていた。
夫婦で講演料だけで年10億円の稼ぎ。
しかし、ここまでは別に問題ではない、問題はその内訳だった。
主要銀行8行から1億8000万円、ウオール街で行った講演料の総額は7億7000万円だった。
「金権政治にメスをいれる」と言っていたのに、ヒラリー氏の支持者はショックを受ける。
そこで、講演でどんな話をしたんだ、ということになった。
ヒラリー氏は逃げ回った。

しかし、CNNのニュースから17日後、ネット上にその内容が公開される。
「私が、ゴールドマンサックスの皆様に伝えたいことは、私は、あなたがたの味方である、ということです。選挙期間中の雑音は気にしないでください。私は御社からの支援を決して忘れません。そして、どんな時も、あなたがたの要望を他の何より最優先させていただきます」

ウオール街はTPPの超推進派だが、ヒラリー氏は今のTPPには反対だ、と言っている。
''今の''というところがミソ。中身が変わったので賛成すると、言えるようにしている。
支持者を獲得するためで、ウオール街は気にもしていない。
当選したら、彼らが重要ポストに座ってどうにでもできるからだ。
ヒラリーは黙って署名することが彼女の仕事だからだ。

アメリカの有権者の悩みは深い。
投票したい人がいない、日本とまったく同じ実態。

トランプ氏を応援するということではない。

日本のメデイアは、トランプ氏を傍若無人な人物で、こういう人が大統領になったら日米関係はどうなる!と評論家を使って伝えるが、
ウオール街を最優先します、
ヒラリー氏のこの重大な発言に対して、こんな人が大統領になったら日米関係はどうなる!とは伝えない。
メデイアの報道の仕方ひとつで、われわれの(特に高齢者)頭の中、印象は大きく左右される。









[PR]
by 2006taicho | 2016-08-16 00:20 | 知っておきたいこと | Comments(2)

標的の村 沖縄 高江

安保条約と地位協定の現実です。47分ありますが、時間のあるときというより、時間をつくってみてください。

d0098363_08391150.jpeg

[PR]
by 2006taicho | 2016-08-15 08:40 | 知っておきたいこと | Comments(0)