ブログトップ

隊長ブログ

<   2016年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

「絞首刑」 青木 理

d0098363_7312085.jpg

           青木 理 講談社 2012年 kindle版 700円


d0098363_7313824.jpg


裁判官、検事と読み継いで、今度は彼らが起訴し、判決を下したことによって死刑宣告を受けた人々への取材ルポ。

実際に起きた5件の事件を取材しながら、死刑囚、その家族、被害遺族、検事、判事、宗教家、刑務官などの証言を明らかにする。

死刑廃止とか存続とか議論する前に、死刑とは実際はどういうものか、具体的にはどういう段取りで執行されるのか、作者はそこから入る。

拘置所の執行官の証言、牧師や僧侶などの証言が生々しい。

病気で車いす生活で一歩も歩けない死刑囚でも執行された事実、
あの布川事件で冤罪が明らかになった二ヶ月後、別の死刑囚の死刑執行が行われた。
この死刑囚もDNA鑑定がいいかげんで、冤罪が疑われ始めた時期だった。
それなのにまるで急ぐように絞首刑になった。
通常、死刑が確定してから実際の執行までは6~8年くらいだという。
この死刑囚の場合はまだ2年しか経過していなかった。

ある死刑囚は
「反省も後悔も謝罪もしない」
と言い放つ。
理由は
「死刑なのだから、いまさら反省しても意味がない、生き続けられるなら反省もするだろうけど、それも自分にはない」
この死刑囚は弁護人の勧めを断って、自ら死刑を確定させてしまう。

一方で遺族に謝罪の手紙を書き続け、ついには被害者遺族との面会にまでたどり着く死刑囚もいる。
その被害者遺族は、死刑の執行を中止するよう司法に訴え始める。

家族の縁を切られるのが普通だが、何年もたってから弟が面会に来るようになった死刑囚もいる。


面会時間はたったの15分間。
死刑が確定すれば、特別の関係者以外は面会もできない。
死刑執行は時の政権によってその数は違ってくる。

ある遺族は死刑が執行されたことを告げられ
「ああ、そうですか、私たちはなにもかわりません、もう忘れたいんです」
と証言する。

先進国の趨勢は圧倒的に死刑廃止だが、日本とアメリカだけは存続している。
作者は
『(物事の)中心に居る人々は苦悩し、中心から離れた人々ほど、声高に叫ぶ』
というような事を言っている。


無残な手口で肉親を殺された遺族の抑えようもない怒りは、極刑を望むだろう。
一日たりとも生きていてほしくないだろう。
一方では、国家が法律に基づいて、自国の国民(犯罪者)を殺すことは倫理上違法ではないのか、なにより人間は、罪を悔い改め変わることの可能性がある、その可能性を国家が閉じてしまってよいのか。(罪を憎んで人を憎まず)
生涯を刑務所で送ることのほうが、死刑より苦痛なのではという意見もある。

答えはあるのだろうか。
遠くない将来、その判断を求められる時がくるような気がする。







[PR]
by 2006taicho | 2016-05-27 08:41 | 最近読んだ本 | Comments(0)

「検事失格」 市川 寛

d0098363_4341842.jpg
「検事失格」 市川 寛 新潮文庫2012年
 amazon中古20円
d0098363_4344155.jpg













裁判官の実録本を読んだので、次は検察官の実録もの。
この人は検事を12年間やりその後辞職。
業界ではヤメ検というらしい。

司法修習時代から始まり、取り調べのノウハウをたたき込まれる。
やくざと外国人には人権はない、机の下から向こうずねを蹴るんだよ、調書を読み上げ、これは俺の調書だよと騙して署名させる、釈放を餌に虚偽の自白を強要するなど。
その後いくつもの地検を転々として、最後に佐賀県で問題を起こし検事を辞めるまでの12年間が克明に記されている。

上司の意にそわない調書を見せるとやり直しを命じられる。
とにかくなにがなんでも「割れ」、「立てろ!」の一点張り。
(自白させろの意味)

そのあいだうつ病で2回倒れている。

検事は外で飲むとなにかと危険なので、飲むときは酒屋に配達してもらい、検察内部で飲む。
外で飲むのは検察で決められている1~2軒の飲み屋だけ。
会話も検察官同士でしか話をしないので、価値観は固定され、視野狭窄になるのも当然だという。
出世の早道は特捜だが、1~2年でお払い箱になるのはざら。
自白させるのがうまいものだけが出世してゆく。
裁判官は検察の調書をもとに裁判を進めるので調書の任意性が非常に重要だという。
仮にその任意性(被疑者が自ら自白した)が疑われるような調書は作ってはならない。
だから、最初の”見立て”(容疑のかけ方、シナリオ)が重要で、その見立てに不要な供述は切り捨てる。
有罪率99.9%の理由がここにある。



現在は弁護士として主に冤罪を防ぐための活動をしている。

とにかく良心があったらとてもじゃないけど勤まらない仕事だ。
本当はその逆であるべきはずの仕事なのに。








[PR]
by 2006taicho | 2016-05-26 05:39 | 最近読んだ本 | Comments(0)

「絶望の裁判所」瀬木比呂志

最近つくづく思うのは、2000年前後から、なにがどうなっているんだろう、という疑問がふつふつと湧いてくること。
いまから16年前、21世紀になってからだ。

取材に基づいたルポやドキュメンタリーもの、あるいは学者の書いた分析ものなど
の本を読むと、大体その兆候が現れたのが2000年前後だと書いてある。
以下に紹介するこの本もその一冊だ。
なにがどうなっているのか、そのうち分かってくるのかもしれないとおもうけど。




d0098363_929171.gif

d0098363_2455315.jpg


  瀬木比呂志
  2014年講談社現代新書
  amazon中古24円






  
  筆者は30年間司法の世界に身を置いていた元裁判官。







裁判所、裁判官という言葉から、あなたはどんなイメージを思い浮かべるだろうか。
おそらく、少し冷たいけど公正、中立、廉直、優秀な裁判官、杓子定規で融通は利かないけれど、誠実で、筋は通すし、出世などにはこだわらない。
そのような裁判官によって行われる裁判は、やや市民感覚とは、ずれるところはあるにしても、おおむね正しく、信頼できるものである-----
そう考えるのではないだろうか。
しかし、実態はそのようなものではない。


この本の「はしがき」はこういう書き出しで始まる。
そして筆者が裁判官として経験したことを明らかにし、現状の問題点、改革の方向性などを指摘してゆく。

実際の裁判官は---
訴訟が起きればまず執拗に和解をすすめ、数をこなすことに精を出す。
常に自分の評価を気にし、出世に支障のあることには目もくれない。
霞が関の官僚とまったく変わりなく、市民の感情などは気にも留めず、俗物的な人間である。

裁判員制度の本当の目的はなにか、なぜ導入したのか。
裁判所の裏事情が見えてくる。




そして現状をこう表現する。

日本の裁判官は、実は見えない「檻」、「収容所」のなかに閉じ込められた「制度の囚人」だ。
いまのままでは市民のための裁判などはまったく期待できない。



法の番人であるべき裁判官、正義をもって人を裁くべき裁判所の未来は、いったいどうなってしまうのだろうか。
被害は確実にわれわれ市民にやってくる。

勇気ある行動、正しい言動より、少々間違っていても得になること、有利になることが優先され、それを大目に観る現代。
中古本とはいえ、この内容でこの価格では恐縮するほど。









[PR]
by 2006taicho | 2016-05-25 10:04 | 最近読んだ本 | Comments(0)

雑感 それにしても

d0098363_0285648.jpg
デジカメを失くしてしまいちょっと困っていました。
仕方ないのでこれを購入。
ニコンCOOLPIX S3700 ニコンのHPでは14850円でしたが、amazoneの中古で(未使用)7400円でした。
この機種は2005万画素ですが、そんなに大容量は要らないそうです。
画素と解像度の違いをはっきり区別できたほうが良いようです。
自宅のノートパソコンで観る場合は200万画素でも大きすぎるそうです。
画素数を競うメーカーの戦略に乗らないほうが賢明のようです。




d0098363_145557.jpg




それにしても三菱グループが日本のGNPの10%を占めているというのは知らんかった。
どんだけ超巨大企業グループなんだ。
ベストセラー作家の池井戸潤が「空飛ぶタイヤ」でリコール隠しの実態を暴いていましたが、社内風土はまったく改善されていなかった。
つまり国土交通省の厳重注意とか指導は三菱には通じていなかったということ。




それにしても不可解なのは大関照ノ富士です。
なんと現在12連敗中で星は2勝12敗。
故障を抱えての土俵だそうですが、大関の地位にいる力士がこれだけ負け続けたら途中休場すべきでしょう。
出場を続けてまた故障したり、痛めている場所を悪化させることもあり得るというのに。
親方や協会幹部はなにを考えているんでしょう。




それにしても桝添都知事はもうアウトでしょう。
一方で、高市早苗総務大臣が政治資金規正法で告発されたことはどのマスコミも伝えませんね。
こっちのほうは現職の大臣が告発されているというのに。
釈明会見も開かれていないのは不思議としかいいようがないですね。
週刊文春に期待したいですね。




それにしても、オバマ大統領の広島訪問をうけて、安倍首相はアメリカとともに核兵器廃絶へ全力を尽くすと宣言したが、同じ日に、スイスでは日本の佐野軍縮大使が、核兵器の全面禁止に反対する発言をしていた。
国連の軍縮会議での発言だが、世界中の核保有国はすべて欠席している。




刑事訴訟法案が衆議院を通過した。
取り調べの可視化を義務化としているが、その内容は裁判員制度が適用された場合と特捜の検察独自の事件だけ。
これは全事件のたったの3%。
こんな法案で可視化されたんだ、と思わされてはいけない。

司法取引も問題あり。
容疑者が他の犯罪者を告白したり、証拠を提出したら、その分減刑するとか、不起訴にするという法案。
つまり他人を売って自分は助かろうという法案。
これを専門用語で司法取引という。(笑っちゃいます)

もう一つは通信傍受。
これまではNTTなどの通信事業者の立会が必要だったが、この法案ではそれがいらなくなる。
しかもその通信は外部の目の届かない警察署内で傍受できる。
これでは必ず乱用が始まるだろう。
犯罪に関係ない個人のプライバシーは侵される。
しかも、その個人は通信を傍受されているいることも知らされない。
これはもうめちゃくちゃの法案だ。




それにしても中国だ。
現在、中国には原発が30基稼働している。
それを2030年までに100基にするという。
そのうえどこかの国のように輸出もするという。
恐ろしい。
もし事故が起きたら、放射能は確実に日本に飛来する。
黄砂どころの騒ぎではない。
東京新聞は、もう原子力発電という表現ではなく、核発電と言い換えたほうがいいと言っている。
なるほど。




来週は前半が桝添都知事、そのあと税金を600億円使う伊勢志摩サミットと、オバマ大統領の広島訪問のコメント。
月末は清原の判決。
スポーツは錦織の全仏オープン。
それと予定外では、JOCのコンサルタント料支払いと、パナマ文書の追加情報かな。


来月はEURO2016が始まる。
観たいTV番組が激減しているのもイカ釣りをはじめたきっかけかもしれない。









[PR]
by 2006taicho | 2016-05-22 00:41 | 近況 | Comments(0)

オバマ大統領が広島訪問

オバマ大統領が今月末に広島を訪問するという。
アメリカの世論は、原爆投下は戦争の早期終結に貢献したという従来の声が根強い。
アメリカの学校の教科書にもそう記述されている。
しかし、これはあまりにおかしい。
広島長崎の死傷者数はあわせて34万人。
34万人を殺戮して、それ以上の犠牲者を出さなくてすんだという論法は、正当だろうか。
しかも被爆二世、三世は今も放射能汚染に苦しんでいるし、その苦しみは今後も続くだろう。
多くのアメリカ国民をそれを知らない。

学校で教わった、教科書に載っているという、「教育の恐ろしさ」はこういう面でも影響している。
画一的な教育はなにも中国や北朝鮮だけの話ではない。
教科書問題はだから重要だ。


任期切れ待ち状態の大統領とはいえ、だからこそオバマ大統領には、アメリカの世論への警鐘となるコメントをしてもらいたい。
ノーベル平和賞受賞者としての矜持をみせてもらいたい。
d0098363_21454961.jpg







[PR]
by 2006taicho | 2016-05-11 21:48 | News | Comments(0)

昨夜の釣果は剣先イカが二杯

昨日は昼は農作業、夜は釣りという超生産的なパターン。

サトイモは12月、スイカは8月、トマトは7月が収穫時期。

漁業はそういう意味で話が早い。

釣りあげたらそのときが収穫だ。

TVでボクシングのタイトルマッチを観てから9時過ぎに出かける。

それにしても先日、あの内山が敗れたのは驚いた。

それも2回2分59秒のノックアウト負けで12回防衛は成しえなかった。

あと1秒でゴングに救われたのに・・・・。


d0098363_1532634.gif










桟橋は風もほとんどなく絶好のコンデイション。




そして何年ぶりかのイカ釣り。

深夜12時までやってこれだけ。

剣先イカ(あかいか)

d0098363_15222658.jpg



でも楽しい。

ゆっくりできることがなにより。







[PR]
by 2006taicho | 2016-05-09 15:40 | 釣り | Comments(0)

ハードな連休でした

GWは相方のほうで葬式があり、その穴埋めで大車輪の出勤。
休めたのは4日の一日だけでした。
まあ、お葬式には勝てません。

今日はようやく畑仕事。
里芋と西瓜と桃太郎トマトの苗を植える。

d0098363_18164029.jpg


天気が良くて気持ちのいい一日でした。

久しぶりにちょっと汗をかきました。


夜は桟橋で釣りにいくつもりです。







[PR]
by 2006taicho | 2016-05-08 18:25 | 近況 | Comments(0)

「流星ひとつ」沢木耕太郎

d0098363_0234382.jpg
「流星ひとつ」沢木耕太郎 新潮社 2013年出版
d0098363_2501966.jpg




















沢木耕太郎は今から30年以上も前の1979年に歌手の藤圭子にインタビューした。
そのとき、藤圭子は28歳で引退宣言をしていて、年末の最終公演を控えていた。
浪曲師の両親のあいだに生れ、中学を卒業した日に東京へ出てくる。
幼いころの貧乏の苦労話、目の不自由な母親への思い、父の暴力におびえて育ったこと、19歳で前川清との結婚、離婚の真相、のどの手術によって、声質が変わってしまったことへの絶望感。

インタビュー記事は完成したが、藤圭子が、もし将来歌手に復帰することがあったらこの本が足かせになるのではという理由から出版は見送られていた。
藤圭子は最終公演を終えるとハワイへ旅たち、そのごニューヨークに移り住む。
沢木と藤圭子はそのご二度と会うことはなかった。
引退した藤圭子はその後、宇多田氏と結婚し、娘を授かる。
宇多田氏とはそのご離婚し、娘のヒカルは有名な歌手になり、藤圭子の娘だということが世間に知れる。


そして2013年藤圭子は自殺。

沢木は再度出版社に相談し、編集者の一声に出版を決意する。
「これはヒカルちゃん読んでもらわないと」

それにしても娘のヒカルも19歳で結婚し、その後離婚、活動休止宣言したのも同じ28歳という年齢。

純粋で歌うことに真剣だった28歳の藤圭子を世間に知ってほしい。
なにより、母親の病気のことしか知らないだろう娘の宇多田ヒカルに知ってほしい、引退後、こころの病で自殺した元歌手というイメージで藤圭子を終わらせたくない沢木はそう考え出版を決意した。


演歌は好きじゃなかったけど、藤圭子は好きだったなあ。
特にデビューしたときのヘアスタイル。
演歌を歌う人で初めてファンになった覚えがある。
人との付き合いというか、不器用そうな感じがよかった。
なにより唄に迫力があった。
自殺のニュースを聞いたときは本当にショックだった。
ちあきなおみは復活してくれないかなあ。
それにしても前川清はいい人なんだなあ・・・・。














[PR]
by 2006taicho | 2016-05-06 02:37 | 最近読んだ本 | Comments(0)

おかしいことはおかしいと言う