安保法制施行

本日、安保法案施行。
実質は、アメリカからの要請があればどこでも出かけて行って、他国の人々を殺戮する法律。
安倍政権には憲法は解釈次第なのだろう。
彼の先輩である歴代総理大臣は決してさせなかったことを、今解禁した。

テロをはじめとする、世界情勢の不安や混乱はどこにその原因があるのか、きちんと分析するべきなのに。
報復の準備をし、日本にテロや紛争の危険を呼び寄せる政策。

電力は原発なしでも余っている状況でも再稼働。
使用済み核燃料の行き場もないのに。
福島の除染残土の引き受け場所もないのに。
東日本大震災で今も避難している人の数は17万人あまり。

原子爆弾を二つも落とされた国の政策がこれだ。

日本国民を守れないと安倍さんはいう。

安保法制でわれわれ国民を守れると思っているのだろうか。
集団的自衛権行使で、国際紛争に武力で立ち向かうとエントリーした日本。
それで日本を国民を守れるのだろうか。
やられたらやりかえすではなんの解決にならないことは、今の中東情勢が物語っている。
シリアの国民の4割が難民だ。
日本にあてはめると5000万人近い人々が国を捨て、難民ということになる。

日本の外交政策は、世界で唯一の被爆国として政府が先頭に立ち、民間のNPOなどを組織し、官民一体となって、国連をはじめあらゆる場面で、世界各国に不戦を訴え続けることではないのか。
世界の特許の6割はアメリカと日本が占めている。
技術立国日本。
世界の途上国の多くはもうアメリカの言うなりにはならない。
日本だけができることだ。

そのためにまず人口の最も多いアジア外交を積極的に推し進め、平和条約を締結することだ。

他国で発砲し、建物や他国の兵士を殺傷した瞬間、世界の日本への目は変わる。
それを許してなならない。
軍用機で遺体となって還ってくる自衛隊員の様子をTV中継で観ることなど許してはならない。
[PR]
by 2006taicho | 2016-03-30 01:07 | アピール | Comments(0)

大相撲は白鵬が立会にかわって日馬富士を破り優勝。
横綱同士の対戦は1秒で終わった。
場内はちょっと異様な雰囲気に。
解説の元北の富士は「こういうことはいかんね」と苦言。
相撲ファンならがっかりだろう。



日本女子のカーリング世界大会が盛り上がっている。
おかげで少々寝不足気味。
明日は早朝6時から決勝。
d0098363_1818662.gif


今回はこの人はいない。
d0098363_18203368.jpg





センバツ高校野球もいよいよ佳境。
明日は秀学館-木更津総合の試合がみもの。
[PR]
by 2006taicho | 2016-03-27 18:42 | Comments(0)

聞きたいうた

d0098363_13055358.png
d0098363_21511955.jpg

庭の桜が散り始めていますが、東京では本日開花宣言。
30日のお花見はちょうどいいころでしょう。
残念なのは日曜日にできず、桜の花をゆっくり見れないことかな。
まあ、今回が最後じゃないでしょうから、次回は昼間にやりたいですね。







本日はときどき聞きたくなるうたを。








君に捧げるラブソング 1979年












これは去年TVCMで話題になったBIGINのうた。
ボーカルがいつもの比嘉くんではなく島袋くんが歌っているところが話題に。
しかもBIGINは結成25周年で初のヒットチャート1位になった曲だそうです。

d0098363_22562514.jpg













鎮静剤 唄・加川良 作曲・高田渡 作詞・マリーローランサン(堀口大學訳)



[PR]
by 2006taicho | 2016-03-21 22:59 | My music | Comments(0)




d0098363_184927.jpg



1989年公開だから、もう20年以上も前になるんですね。
これは映画館で観た覚えがあります。
シナリオが良かった。
アカデミー賞にもノミネートされたが、残念ながら結果は「ドライビング・ミスデイジー」に譲った。




d0098363_1849332.jpg

「アメリカで野球だけは変わらない」と述懐する作家の言葉がよかったです。
ラストは亡くなった父親が登場します。
しかも父親は今の自分より若い。
その父親に妻と娘を紹介します。
ぎこちなく話しかけ、キャッチボールをするラストシーンには泣かされました。
野球少年にとって、最初の練習相手はたいてい父親です。
無心にそして必死に父親のボールを受ける原風景。
そのころのことを思い出す人は多いでしょう。
[PR]
by 2006taicho | 2016-03-19 19:22 | 近況 | Comments(0)

アメリカ大統領予備選挙

クリントン氏が5750万ドル(63億8,250万円)
トランプ氏は180万ドル(1億9,980万円)
バーニー・サンダース氏は、10万ドル未満(1,110万円)

上の数字は、各候補者が連邦選挙委員会に提出した、2016年1月までに「スーパーPAC」等のPACを通じて集められた選挙資金です。
スーパーPACとは特定の企業・団体が無制限に大統領候補者に献金できるシステムのことです。
ちなみにオバマ大統領が初の当選を果たした2008年のときの選挙資金は600億円とも700億円ともいわれています。

トランプ氏は不動産王で有名ですが、潤沢な資金が想像できます。
際立つのはサンダースの健闘ぶりです。
社会主義者を自任するサンダース氏は、アメリカ社会の1%の富裕層と戦っているとみてもいいかもしれません。
つまりクリントン氏は、1%の富裕層の巨額の資金に支えられながらも苦戦しているということでしょう。
予備選挙はまだ決着していないし、クリントン氏が民主党の候補になれば献金額はまだまだ増えるでしょう。

アメリカの大統領選挙は、巨額の資金がなくては戦えないことは明白です。
そして当選してから、誰のために、どういう政策を打ち出すのかも明白です。
世界でもっとも影響力のある指導者がこうして生まれます。
お金がすべての選挙。
アメリカの凋落が加速してゆくことは確実でしょう。
サンダース氏の健闘は、アメリカ国民への警鐘となるのではないでしょうか。

d0098363_3182610.jpg



日本でも今年の夏には参議院選挙があり、ひょっとすると衆議院もとささやかれています。
総務大臣が「電波停止」発言をするなど、TV局に圧力をかけ選挙報道を有利に導こうとしたりしています。
それに対してTV各局はだんまりを決め込んでいるという情けなさです。
それを裏付けるかのように、甘利氏が告発されたことさえもTV局はニュースにしません。
これから数ヶ月間で、安倍政権は国民が喜ぶようなささいな発信をしてゆくことでしょう。
TV局はそれを大きく取り上げ、国民の頭に刷り込んでゆくことでしょう。
そしてそれが功を奏したら衆参同時選挙へというもくろみだと思います。
[PR]
by 2006taicho | 2016-03-19 03:40 | News | Comments(0)

勝手ながら日程変更します。

d0098363_22431526.jpg







日時=3月30日(水)午後5時過ぎから(雨天決行です)
場所=文京区の「播磨坂」
待ち合わせ場所=丸ノ内線茗荷谷駅 午後5時
(早く来れる人は現地でやっててください)

最初は4月4日あたりかと思っていましたが、その時期だとこの播磨坂の桜イベントが終了(4/3)していることが判明。
屋台とかがないのはちょっと困るなということで。
さくらをみたら懐かしい居酒屋へ移動します。

みなさん都合をおしらせください。
連絡はこのブログのコメント欄や、サイドメニュー「メールはこちら」からもできます。
携帯の番号からのCメールでもOKです。





[PR]
by 2006taicho | 2016-03-17 14:56 | 近況 | Comments(1)

高校生が団体交渉 続編

d0098363_1359311.jpg



1/22にアップした「高校生がコンビニ店と団体交渉」が決着した。

ブラックバイトユニオンの母体である「総合サポートユニオン」の執行委員、青木耕太郎氏は3月15日付のツイッターで、

生徒は組合とともに、今年1~3月に3回の団体交渉に臨席。会社側に、アルバイトも含む従業員約70人に対する、過去2年分の未払い賃金(計約500万円)の支払いや、売り上げとレジの現金が合わないときに自腹で補填した分の返還、今後は1分単位で給与を支払うことなどを認めさせた。
2016.03.16 J-CASTニュース



良好な労使関係だと予想していたので、こういう結果が出てよかった。
この高校生の自分への未払い金は45,000円だが、70人分の未払い金500万円を勝ち取り、職場環境の改善までできたことは大きな成果だ。
もっと大きいのはコンビニ業界への警告となったことだろう。
[PR]
by 2006taicho | 2016-03-17 14:01 | News | Comments(0)

週刊文春は独走状態

調査して報道するということの「威力」を週刊文春が独走状態で発揮している。
これを契機に報道記者の意識が高まることを期待したい。



3/10に書いたとおり、NPBは駄目ですね。
隠ぺい体質は全く変わっていない。
d0098363_11554512.jpg


大鶴基成第三者委員会委員長
この人は、陸山会事件の捜査の指揮を執り、部下の田代政弘らと
共謀して虚偽の捜査報告書を検察審査会に提出し、市民の会から
告発されたが、不起訴 となったという人物。








d0098363_10331990.jpg
熊崎勝彦コミッショナー 74歳 元東京地検特捜部長・弁護士
プロ野球のコミッショナーは、週一回の出勤で年収2400万円、
交際費1000万円が保障されている。
特捜部長の名前が泣いている。
日本のプロ野球は日本人が最も愛するスポーツなのに残念です。
今や正義の味方化している週刊文春は、次々にタイムリーヒットを
放っている。
他社を寄せ付けない単独首位独走状態。

文春を記者会見から締め出していた読売ジャイアンツの姿勢は言語道断
だろう。
とばく事件はまだまだ続くと思う。
次は大物レギュラークラスの選手の名前があがってくる可能性がある。




文春はまさに独壇場。
d0098363_10185311.jpg


直近では、報道ステーションなどのコメンテーターを務めていた
ショーン川上氏の履歴詐称報道。
これも週刊文春。







d0098363_1004890.jpg

次は日本相撲協会が文春にスクープされそうな気がする。
北の湖理事長亡きあとの八角・現理事長(元横綱・北勝海)のやり方が
問題になっているらしい。


d0098363_1011536.jpg
この人も委員会で野次を飛ばして問題になったけど、マスコミは
ほとんどつたえない。
この人の場合、国会内でもっと深刻な問題行動をしているが、
マスコミの題材にはなっていない。



d0098363_1023579.jpg
この人は睡眠障害ということで一カ月以上国会に出ていない。
そしてさらに二カ月治療を要するという診断書を提出した。
しかし、弁護士団体「社会文化法律センター」が3月16日、
甘利氏と元公設秘書にあっせん利得処罰法違反の疑いがある
として、東京地検に告発状を出した。
検察がやるべきとをやらないから当然の告発だろう。
これもそもそもスクープしたのは文春。






20日にはセンバツ高校野球が、25日にはプロ野球が開幕する。
この姿をどうみればいいのだろう。
プロは円陣を組むとはとても思えないけど。

d0098363_10394219.jpg

この悪習・習慣は相当昔からやっていると個人的には思う。
王や長嶋もやっていたのではないかとさえ思う。
これを素直に気合いの表れだとみるファンはいなくなるだろう。






d0098363_1040486.jpg

円陣は高校野球には欠かせないもの。
プロの選手のやった行いは本当に罪深い。
[PR]
by 2006taicho | 2016-03-17 10:59 | News | Comments(0)

NHKが放送した「風の電話」はいい放送でしたね。
涙が止まりませんでした。

d0098363_10241829.jpg





TV各局の現地からのレポートはもううんざりです。
番組の段取りに追われ、現地の人を使っての予定調和のコメント。
頑張っているところを明るく伝えるレポーター。
不都合なことを伝えないで、復興はまだまだなんて、あほかと思う。

現地に行かなくてもいいから、東京のスタジオでもいいから、今一番必要なことを掲げて、それをその足で東電本社と官邸に届けろと言いたい。
そしてそれを生中継してもらいたい。
かれらがどんな対応するか伝えてもらいたい。
被災者にはその交通費もない。
マスコミこそ復興しろと言いたい。



3.11のことは忘れないと思います。
当時も書きましたが、あの日は午前中は東京にいて船で島に帰って、家でやれやれという状態でした。
そしてあの大揺れでした。

東北には思い入れがあります。
お笑い探検隊のイベントはほとんどが東北だったからです。
海しかしらない私にとって田んぼというものは新鮮でした。
特に松島の風景は印象に残っています。
田んぼのすぐそばに海があったからです。

北上川の川下りをやり、松島の民宿に泊まり、夜明けに仙台駅まで車ではしり、新幹線に乗って東京へもどりました。
朝九時に東京地裁の裁判官がくる日で、L社の本社視察という名目でした。

東北ツアー。
いつかまたみんなで行ってみたいところです。
[PR]
by 2006taicho | 2016-03-12 10:07 | 近況 | Comments(0)

都会は危険がいっぱい?

おなじみの地下鉄路線図。
d0098363_16532652.jpg






断面はこうなっている。
早くて便利を追求した結果。
地震大国とは思えない。

だれかきちんと全体を把握している人はいるんだろうか。


d0098363_164949100.jpg

都会は危険がいっぱい。
[PR]
by 2006taicho | 2016-03-10 17:03 | 近況 | Comments(0)