ブログトップ

隊長ブログ

<   2015年 06月 ( 29 )   > この月の画像一覧

富裕層

d0098363_18142649.jpg

今年の夏の電力は特に節電しなくても大丈夫、東京新聞が言っています。
この新聞社は毎日、福島原発の動向、現状を誌面にしています。
他の新聞社はあてになりません。

d0098363_18194556.jpg

自民党の若手?議員がまたやらかしてしまったようです。こういう議員にも投票する人がいるわけなので、その人たちの意見も聞けばいいのに。
沖縄の新聞社はつぶさないといけない、と語った百田氏の「永遠のゼロ」は読みましたが、反戦という視点が欠けている内容で、作品としては?でした。(映画化されるのもおおいに疑問でした)

d0098363_20532427.jpg

アメリカの上院でTPAが可決されましたね。この法案は貿易交渉の権限を大統領に委ねるものです。本格的にTPP交渉が可能になります。法案に賛成した議員へは保険会社のアフラック、製薬会社のノバルテイス、ファイザーなどが多額の献金をしていました。
ターゲットは日本の高齢化社会。医療分野です。
同時に世界の人が羨む日本の健康保険制度の改革です。

d0098363_18211276.jpg

日本は健康保険証1枚で、全国どこの病院でも受診できます。しかも医療費は3割負担で済みます。(75歳以上は1割負担)
この制度は確か1961年ころに施行された制度です。
現在この制度が国の財政を圧迫しているというのが政府の言い分です。


d0098363_18224541.jpg

そのためには消費税を上げて、財源を確保する必要があるというのが理屈です。それを全部否定する気はありませんが、実態は歴代の政権の無策が原因です。つまりどの政権も先送りしてきたツケです。

d0098363_18213291.jpg

高齢化社会なんてずっと前からわかっていたこと。日本人の平均寿命が世界一になったのはいつのことかと思えば、そのときから手をうっておけばよかったんだというのは、中学生でもわかること。

日本の借金は1,000兆円以上で、国民一人当たり800万円以上。
消費税は25%以上にしないといけないという学者が沢山います。
本当でしょうか。
日本の富裕層(年収8000万円以上)の人口(358万人)はアメリカに次いで世界2位。
所得税は40%で、イギリス50%、ドイツ47.48%、フランス49%に比べて低くなっています。これを3.5%上げただけで10兆円確保できます。
言っておきますが、全員が8000万円の所得ではないので、10兆円は最低金額です。つまりもっと税収が増えることは間違いありません。それでも税額は43.5%です。イギリス並みの税額でやれば30兆円以上確保できます。
それ以外にも国会議員削減、公務員改革、無駄な公共事業、復活している独立行政法人、特殊法人、米軍基地負担(7000億円)など見直すべき政策はいくらでもあります。

お金持ちはお金で自分たちをまもっているということがよくわかります。
政治家というのはその手先だということも。
大物は表には出てこないんですね。

ついに草刈り機がダウンした。
修理に持っていってもダメだった。
この時期、草刈り機は冷蔵庫と一緒の価値がある。
還暦を過ぎ、田舎で暮らす男にとってこれは重要問題。
米軍予算から買ってくれませんか、安倍総理。

d0098363_2059532.jpg

[PR]
by 2006taicho | 2015-06-29 18:56 | 農作業 | Comments(2)

報道姿勢

d0098363_23341391.jpg

年金流出のマスコミ報道はどうもおかしい。
これはあの悪名高い「記者クラブ」制度の暗黙の了解?
なぜかというと、犯人捜しの報道が全くないからだ。
これだけの大事件なのになぜだろう。
国民の機密が漏れたという重大犯罪なのに、警察が動いているという報道もない。
再発防止委員会設置というお決まりの報道で、騒動を納めるつもりなのだろうか。
TVの司会者呼び掛ける。
どういう被害が考えられるか、専門家を使って注意喚起をする。
「年金機構からの電話は絶対にありませんから、十分注意してください。」

サイバー攻撃だから犯人はわからないんだと言わんばかり。
ではどうやって再発防止ができるんだろう。

こうやって都合の悪いことは指摘するのを忘れてゆく。
国民はTV報道に疑いを持たないように飼いならされてゆく。

犯人は中国という説もあるし、CIAという声もある。
理由は安保法制案から国民の目をそらす?
日本国民はそれほど馬鹿じゃない。

d0098363_0202282.jpg
昨日は国会周辺に3万人も集まった。
これもマスコミは報道しない。
東京新聞だけは一面に掲載した。

[PR]
by 2006taicho | 2015-06-26 00:27 | News | Comments(0)

なでしこたちの扱い

d0098363_17561066.gif

なでしこは期待を裏切らないですね。
d0098363_17564083.gif

こんな小さい体でも立派に戦って勝利している。






その「なでしこ」の選手たちですが、活躍、知名度、そこに至る並大抵ではない努力にくらべ、年俸が極めて低いということはよく言われています。多くの選手の年俸が300万円前後だというのも驚きですが、欧州リーグへの参加組には協会の「強化指定選手制度」があり、定期的に「滞在費」が支給されるというのですが、その額も「半年に1回200万円」なのだそうです。
<中略>
それにしても、他のプロスポーツとの格差、またサッカーにおける男女の格差というのは異常です。例えば、W杯カナダ大会の賞金総額は、今回増額されて1500万ドル(約18億円)になりましたが、男子の2014年ブラジル大会では5億7600万ドル(約690億円)ですから、38分の1に過ぎないのです。

 これは、やはりFIFAの体質、各国の協会の体質に問題があるとしか言いようがありません。


(続きは下記)

「なでしこ」だけではない女子サッカー選手の低賃金

d0098363_1893116.jpg





d0098363_1894847.gif

この人だって今や押しも押されぬ世界的な指導者のはず。
世界中からオファーがあってもおかしくない。

ほんの20年前、女子がサッカーをやるということでの周囲の冷たい視線、環境は劣悪だった。
澤をはじめ先駆者たちの心労、苦労は並大抵ではなかった。

浦和レッズがどんだけ強くても世界では相手にならない。
世界は相手にしてくれない。
バルサやレアルを金で呼んでメッシやロナウドと戦うのもいいけど・・・・
(マスコミは大騒ぎ)
日本のなでしこリーグはもうそんな時期は通り越してしまっている。

プロ野球でもそんな時代があった。
その昔、日米野球というイベントがあった。
観光気分でやって来たメジャーリーガーのプレーに驚嘆した時代。

しかしその後本場メジャーリーグで、オールスターゲームで先発したり、年間最多安打記録は日本人になったり、ワールドシリーズのMVPにも輝いた。
世界大会でも野球日本代表(サムライジャパン)は2連覇した。


ワールドカップに優勝している、なでしこたちに、もう少し敬意をはらってもいいのではないだろうか。


女子だから・・・という一段下にみる貧しい認識から世界はまだ抜け出せない。
20年後、女子サッカーはどういう存在になっているだろうか。
それと、女子野球も。
われわれの認識は・・・・・・。

FIFAの幹部は彼女たちのプレーを見直したほうがいい。
サッカーがどれだけ素晴らしいスポーツか、利権をスポーツバッグに封印して。
[PR]
by 2006taicho | 2015-06-25 18:33 | News | Comments(0)

メロデイ2


[PR]
by 2006taicho | 2015-06-24 00:21 | My music | Comments(0)

メロデイ1


[PR]
by 2006taicho | 2015-06-23 15:28 | My music | Comments(0)

NHKニュースキャスター

d0098363_1551572.jpg
平日夜9時からのニュースウオッチ9は、4月からキャスターが交代したが、井上あさひの待望論があるらしい。
まあ、それはちょっと無理だろうけど、メインキャスターの河野キャスター(52)の評判が芳しくない。

ネット上では「無味無臭」「何もつけないパンを食べているようだ」「ウオッチ9が普通のニュースになってしまった」
などと手厳しい。
久米宏も、「ウオッチ9の新キャスター」への批判として「誰も考えつかないコメントを言ってこそ、そこにいる意味がある。みんなが思いつくコメントを言ってもしようがない」と辛辣な言葉を投げている。

大越キャスター(53)の異動は「官邸の圧力」という噂が絶えない。
NHKにしては政治色を滲ませた独自のコメントをしていたから人気もあったが、官邸は逆にNHKの社員のクセにと思っていたらしい。
井上あさひキャスター(33)はやはりその印象だろう。確かに、他の局の女性アナウンサーよりはその品のよさはあると思う。実際はしらないけどね。

d0098363_215239.jpg
夜7時のこの人はどうなんだろうか。
いまどき珍しい七三わけのヘアスタイルは、安心感がある。
でもひょっとして民放への転身を狙っているかも。





d0098363_1544840.jpg
テレビ朝日は、是非大越キャスターを一本釣りしてほしい。
いろいろあった古館(60)の後任として。
大越氏は東大卒でしかも野球部の元エース。あの東大野球部で8勝している。
(長男も日大三で甲子園に出場している)
体育会系の一面もあるし、ワシントン支局長時代はジョージ・ブッシュとの直接単独取材の経験もある。






d0098363_355023.jpg
この人もこの人に交代してもいいかも。



[PR]
by 2006taicho | 2015-06-20 03:08 | 近況 | Comments(2)

偽りの薬 バルサルタン臨床試験疑惑を追う  毎日新聞科学環境部  

d0098363_815865.jpg
毎日新聞の二人の記者が、医薬品業界の不正に取り組んだ。
業界ナンバー1のグローバル企業、ノバルテイスファーマの日本法人が、医師とどんな関係にあるか、臨床試験段階でどんなデータを捏造していたかなど、追求してゆき最後は厚生労働省、検察の告発と続く。
今年の3月、ノバルテイス社は15日間の業務停止命令を受けている。

この事件はあのstap細胞事件と重なってしまった。
マスコミは小保方氏と理研のせめぎあいばかりを記事にしている。
しかし、こちらのほうが、本来は社会に及ぼす影響は計り知れない事件なのにstap細胞事件に主役を奪われてしまった背景がある。

医師と医薬品業界はきっといろいろあるんだろうなあ、とは思っていたが案の条という感じ。
特に医師は専門性が高いから、一般の人にはわからない部分が多い。
そしてその道の「権威」という称号を得れば、身分が保証され業界での影響力を持つことができる。
医薬品会社はそこに目をつけて、その「権威」を大いに利用する。
自社の薬の有効性をPRするため、研究費を提供し、権威ある医師を取り込んでいく。
恐らくこんなのは氷山の一角。
製薬会社は当然、政治家にも献金しているから(厚生労働省を中心に)、これからもいくらでも不正事件はあり得る。


別の本では、こんなこともある。
国は人間ドックを企業に義務付けているが、これは新たな患者(顧客)発掘制度。いろいろな検査を受けさせ、基準値を決めているが、患者が思うように増えなければ、厚生労働省に圧力をかけて、数値を高めて検査に引っ掛かるようにしている。
病院の近くに薬局があるが、あれを止めて、病院の中に薬局を設置すれば何十億円の医療費削減になるという。
d0098363_9191219.jpg

医療業界の不正には、もうわれわれは驚かないだろうと思う。
本当のメスを誰かが入れなければならない。


人間の「いのち」さえも利害の犠牲になっている。

思えば「健康なら医者はいらない」のだということに思いが至る。

5
d0098363_9193717.jpg
















[PR]
by 2006taicho | 2015-06-19 08:50 | 最近読んだ本 | Comments(0)

「戦後史の正体」 孫崎 亨・著


d0098363_13462746.gif

d0098363_425578.jpg




本書は、高校生にもわかる、という趣旨で執筆されたもの。

終戦直後の日本の姿、そのときの政治家たちの動きがよくわかる。
マッカーサー率いる進駐軍の最初の統治案は、①円を廃止し、ドルを基本通貨とする、②言語は英語とする、というものだった。


基本は、歴代の首相と外務大臣がアメリカとどう向き合ったかが解説されている。
このへんは外務省に40年もいて、国際情報局の局長という要職の経験が生かされている。
歴代首相を、対米追従型か独立型かと分類し、解説している。
日本の首相が、どれだけアメリカによって左右されて来たかに愕然とする。

アメリカの凋落は目に見えている。
日本は駐留米軍基地を撤退させ、脱原発宣言をし、TPP交渉を断り、アジアのリーダーとして、アジア各国と協調して自主路線を歩むべきではないだろうか。
13億人以上もいる中国は、恐らくソ連のように分離独立することになると思う。
13億人という数は、一人(または数人)の指導者が統治しきれる数ではないと思う。それは人口12億人のインドにも言える。
つまり、アジアはこれからまだまだ大きな変革が待っている。

アジアの人口は38億人以上(日本は6位)で、世界人口の54%を占めている。
(中国+インドで25億人以上)
つまり世界最大の勢力であり、世界最大の経済圏でもある。
目を向けるべきはアメリカではなく、近隣諸国ではないだろうか。
世界は、アジア諸国を無視できる状況ではないのだから、日本が強いリーダーシップを発揮して、近隣諸国と同盟を結ぶことが、今一番やるべきことだと思う。

アメリカは食糧の供給制限などで、各国を追い込むだろうけど、アジア同盟国として厳重抗議することで対抗できると思う。(そんな甘いものじゃないと思うけど)
世界最大の商圏を敵に回すことはできないと思う。

ASEAN(東南アジア諸国連合)があるが中国・インドは加盟していない。
今から水面下で交渉をしておくことで、近い将来の変革に備えるべきだと思う。
中国・インドとは粘り強く交渉しながら、同時進行で各国と基本同意を得る交渉を政治家と外務省がやるべきではないだろうか。
政情不安な国もあるが、悪い話ではないのだから。
南米はすでにそれを始めている。

アジアのリーダーは世界のリーダーでもあると思う。
欧米の指導者たちが一番恐れていることではないだろうか。
アジア人が一位なんて、彼らのプライドが許さないのだろう。
彼らが、植民地として支配していたアジアの国々の台頭。
遠くない将来、そのときがやてくるのではないだろうか。


参考=2014年4月16日 ブログ
d0098363_1511314.jpg

d0098363_15134328.jpg

[PR]
by 2006taicho | 2015-06-17 14:04 | 最近読んだ本 | Comments(0)

154位vs52位


6/17デイリーsポーツ

総シュート23本も全部止められ0点
「ロシアW杯アジア2次予選、日本0-0シンガポール」(16日、埼玉)
d0098363_5473188.gif

 サッカーのW杯ロシア大会アジア2次予選E組の日本は16日、埼玉スタジアムでシンガポールと対戦した。世界ランク52位の日本は同154位の格下相手にシュート23本を浴びせながら無得点。FW本田圭佑(29)=ACミラン、FW岡崎慎司(29)=マインツ=ら攻撃陣が懸命にゴールを狙ったが、すべて空砲に終わった。
d0098363_5475855.gif

 たった1点がこれほどまで遠いのか。試合開始15秒で放たれたFW宇佐美貴史(23)=G大阪=のシュートを皮切りに計23本を浴びせた。ボール支配率は65・7%、残り15分間は74・2%にまで達した。前線に1人を残し10人で守備を固めるシンガポールを敵陣にくぎ付けにしながらも、ついにネットを揺らすことはできなかった。

d0098363_5481834.gif



またやっちゃいましたね。
こんな試合展開を予想していなかったかのような、ワンパターン戦術。
引いてくるに決まってるのはド素人でもわかるのに、どんな練習してんだろう。
選手の交代時間帯に問題はなかったと思う。
要は能力の問題。
それにしてもホームで引き分けとは情けない。
世界ランク154位、ワールドカップに出たこともない相手。
サポーターはブーイングしてたけど、そんなんでいいのかって思う。
あまりにひどすぎる結果。

自分たちの実力がわかったことが収穫。
[PR]
by 2006taicho | 2015-06-17 06:02 | News | Comments(0)

9.11疑惑

d0098363_10192526.png
9.11同時多発テロについての疑惑は、さまざまな憶測が流れています。
この動画は日本のTVで流れたものですが、これ以外にも沢山検証されています。
この映像をみたアメリカ国民をはじめ、世界中の人々がテロの恐怖を実感したと思います。そしてテロは絶対許さないという認識を持ちます。
国民の怒りを背景に、アメリカ政府は「正義の戦い」というお墨付きを獲得します。
そしてここからアメリカの暴走が開始されます。




[PR]
by 2006taicho | 2015-06-17 01:14 | YouTube | Comments(0)

おかしいことはおかしいと言う