d0098363_525215.jpg
d0098363_5251559.jpg

d0098363_5252938.jpg
この三冊の本で欧米の歴史を少しだけ学んだ。
この本のすごいところは、著者がドイツ在住のころ、ドイツ語で現地出版されていることだろう。
出版の動機は「日本のことを欧米人があまりにも誤解しているから」という、一種の悔しさからきている。
つまり、欧米向けに出版されたということ。


d0098363_8362553.jpg



戦国時代の前後で日本は大きく変わった。
そういう意味で織田信長の功績は大きい。そのことがよくわかった。
大河ドラマは、戦国時代の武将の権力争いだとか、側室だとか、大奥だとかあまりに俗っぽい。
天下統一後の信長の政策が、その後の日本に大きく影響していることを、もっと伝えるべきだと実感した。

d0098363_93195.jpg



なぜ、日本人が宗教にこだわりがないのかもわかった。
キリスト教の歴史が、血塗られた征服のための歴史であることは、欧米人の口からは聞かれないことも。
ローマ法王の、過去の残虐な行いを、今更述べ立てても、一つの得もないからだ。
日本の宗教は自己のこころの煩悩を取り去る道を説いた。
キリスト教のように、絶対的な神とか、創造主とかについては語らなかった。
従って、地動説をとなえたガリレオのような、宗教裁判など起こりようもなかった。
信長は、当時、一大勢力となって権勢を思うままにしていた浄土真宗の一派と戦い、勝利し、天下統一果たした。
天下統一を果たした後、信長は、寺の領地を返還し、僧侶や門徒の安全を保証し、交換条件として、宗教が二度と政治に介入しないことを申し渡した。
信長は、どんな宗教も禁止しなかった。
このことは、政教分離の起源となって現在まで受け継がれている。(創価学会と公明との問題はあるが)



なぜ、日本人が内気で、礼儀正しく、勤勉で、創意工夫に熱心で、教育熱心で、世間を気にして、争いごとを避けるのかもわかった。
この国民性が、鎖国をしていた250年間に培われたということも興味深い。
それと忘れがちなのは、鎖国をしていても、時の幕府は一方で長崎や新潟などから入る外国の情報も、キチンと把握していたという事実だろう。
時の幕府はキチンとアンテナを張っていたということだ。


d0098363_837277.jpg



開国は時代の要求だろうと思う。
それでも日本は、中国や東南アジアの諸国のように植民地にはさせなかった。
それは、日本の国内がほかの諸国と違い、国内が十分整備、発展していたからだ。
アメリカ、イギリス、スペインの外国人はそのことにすぐ気付いたということだろう。

1853年の開国から、日本は新しい歴史に突入した。
言葉の違う相手との交渉、交流がスタートしたわけだ。
開国から約100年、日本は武力増強へと舵を切った。

d0098363_8383319.jpg



ちなみに1865年にはアメリカの南北戦争が終結。
1894年日清戦争
1904年日露戦争
1914年第一次世界大戦
1941年第二次世界大戦
インドがイギリスから独立したのは1947年

現在の欧州連合が1ダースもの宗教圏、100以上の言語圏を持ち多種多様な国家で構成されているのは、いかに権力争いや戦争が苛烈に行われていたかわかる。


キリスト教の歴史は侵攻の歴史であるため、戦火は絶えない。
中東紛争はいまだに激化の様相を呈している。
ヨーロッパでは政教分離などはありえないのだろうか。
日本人からみれば、政治と宗教が結びついていると、いいことはないと実感している。
日本人にとって、宗教は内なるもので、他人にそれを強要するつもりはない。
だから中東紛争は奇異に映ってしまうのだ。
その考えを江戸時代から実行している。  

痩せた大地で収穫物に乏しい民族は、武力侵略という方法で他国を征服し、食料を調達するしかなかった。
そして自らの信ずる信仰を、現地の住民や原住民に押し付け、改宗させてきた。
ヨーロッパの歴史がここにある。

日本人の宗教観を欧米人はどう思うだろうか。
欧米人で、毎週教会に通う割合は0.1%にも満たないそうだ。
本音と建前が交錯しているのは欧米人だと思ってしまう。
そしてそれが、紛争の核心だとしたら次元の低い争いとしか思えない。
d0098363_8571059.jpg


d0098363_841194.gif著者の話では、ドイツに25年住んでいて、ドイツ国歌を一度も聞かなかったそうだ。
国歌を聴くのは、サッカーの国際試合くらいで、選手の中には歌詞を知らない選手も珍しくないそうだ。
ほんとかどうかマインツの岡崎に聞いてみたい。
d0098363_9103274.jpg

[PR]
by 2006taicho | 2014-04-30 07:58 | 近況 | Comments(1)

ニコニコ超会議3


今日まで、千葉県の幕張メッセで「ニコニコ超会議3」というイベントが催されています。あの「ニコニコ動画」のニコニコのことです。
ニコニコ動画の親会社は、ドワンゴで麻生太郎の甥・麻生巌が取締役を務めていることでも知られています。

また、長男の将豊は、「エクストーン」なる会社のオーナーで、ニコニコ動画を使っての市場調査、ニコニコ動画の企画・開発・保守を一手に引き受けています。

要するに、あなたがアクセスしたログを、麻生のせがれの会社が分析して消費者意識調査に利用しているということです。

一方、麻生太郎の一族がオーナーである「麻生」は、九州を本拠地とするRKB毎日放送の株を買い占め、現在その株を67万株まで買い増しし、第3位の大株主(2013年8月末日の時点)として食い込んでいる模様。

さらに、驚いたことに、RKB毎日放送には「麻生」の子会社である「アソウ・ヒューマニーセンター」のスタッフが続々と送り込まれており、RKB毎日放送の派遣社員数の9割を占めるに至っています。

RKB毎日放送は、実質、麻生太郎の親族の強いコントロールを受けていると言ってもいいでしょう。こんな放送局が、自民党に都合の悪い報道をするわけがないのです。自民党のプロパガンダ機関に成り下がったということです。

麻生太郎の「麻生」の触手は東京キー局にも伸びようとしています。東京には“先兵”が着任、内々に経営状況などの調査を進めているとのこと。
政治家、それも副総理大臣の座にある人間の親族で固められている企業が、実質、マスメディアを乗っ取っており、それはますます勢いを増しているのです。
つづきは下記の画像クリック。
d0098363_9154979.gif




d0098363_934570.gif
これだけの入場者とネット接続があれば、各政党も無視できない。
Nitendoがメインスポンサー。
ちなみに会員数3626万人(無料)、プレミアム会員211万人(月額540円)。プレミアム会員だけで売り上げは136億円以上になる。



d0098363_1062151.gif
d0098363_9274236.gif
d0098363_92882.gif
d0098363_9283120.gif

運営会社のdwangoの今後の企業姿勢が興味深い。
[PR]
by 2006taicho | 2014-04-29 10:03 | News | Comments(0)

食事不要の栄養食

こういうのはどう思いますか?
ちなみに一食あたり311円だそうです。
まちがいなく言えるのは歯が弱ってしまうだろうということ。


d0098363_915415.jpg

食事が不要になる完全栄養食(画像クリックで詳細が読めます)


[PR]
by 2006taicho | 2014-04-29 09:06 | News | Comments(0)

誹謗中傷を削除する会社

自民党もやりますねえ。
自分のところへの投稿&書き込みの内容が批判的だったら削除してくれるんだから、これはもう一種の世論操作でしょう。
2チャンネルもついに体制に食われたか。
こういう会社は一昔まえまではなかった。時代の要請?

真実を探すブログ
2ちゃんねるの書き込みを有償で削除してくれる「風評被害バスターズ」というサービスの存在が明らかになりました。類似するようなネット削除サービスは他にもありましたが、2ちゃんねるを対象とした削除サービスは非常に珍しいです。

しかも、このネット風評被害バスターズは2ちゃんねるに投稿されたスレッド(スレ)を見られないようにするサービスも提供していることが判明。コメントを削除するだけではなく、スレッドを隠すことが出来るということは、2ちゃんねるの運営側と独占的な契約を結んでいる可能性が高いです。

更には、ネット風評被害バスターズの協力会社には「株式会社電通パブリックリレーションズ」というような名前も有ることから、マスコミの親玉とネット最大の掲示板に何らかの関係があると見られています。

ちなみに、ネット風評被害バスターズはネットの炎上防止等をしている「ホットリンク社」が提供しているサービスです。ホットリンク社の提供しているサービスを利用している顧客には「自民党」という名前があるので、電通、自民党、ホットリンク社、2ちゃんねるが全て繋がっている可能性が浮上しました。

整理すると、自民党⇒ホットリンク社⇒ネット風評被害バスターズ(電通協力)⇒2ちゃんねる運営⇒規制となります。自民党がホットリンク社のサービスを使い出したのはネット選挙解禁直後で、今もその関係が継続しているようです。2ちゃんねるでは何度か自民党に不利な情報が行方不明になるということがありましたが、今回の件でその原因が証明されたと言えるでしょう。

それにしても、ニコニコ動画には麻生副首相の親族が居て、2ちゃんねるも自民党とベッタリとは凄いですね。2ちゃんねるは世界最大の掲示板で「匿名」を売りにしていたのに、実際には書き込みが徹底管理されていたというのは不気味に感じられます。それこそ、アメリカのNSAによるネット管理よりもタチが悪いです。
自民党がネット選挙の解禁をした理由が気になっていましたが、「このような下準備が出来たから解禁した」と考えると全ての辻褄が合います。流石、国民の管理が上手な自民党です(苦笑)。

d0098363_4385865.gif


画像クリックでこの会社へ飛びます。

[PR]
by 2006taicho | 2014-04-26 04:44 | News | Comments(0)

麻生副総理と東電

麻生氏パーティー券、電力9社が購入 表面化避け分担
朝日新聞デジタル 4月22日(火)10時2分配信

原発を持つ電力9社が10年以上前から、麻生太郎副総理兼財務相のパーティー券を水面下で分担して購入していたことが朝日新聞の調べで分かった。
法律の抜け道を利用し、資金源が表面化しないようにしていた。
電気料金を原資にした分担購入が判明したのは甘利明経済再生相に続き2人目。
安倍内閣が電力会社の求める原発再稼働を進める一方で、2閣僚には電力業界からの政治資金の公表に踏み切る考えはない。

 複数の電力会社幹部によると、9社は麻生氏のパーティー券を1回につき約100万円分、事業規模に応じて分担して購入。
各社の1回あたりの購入額を政治資金規正法上の報告義務がない20万円以下に抑えていた。
東京電力は2011年の原発事故後にやめたが、他の8社はほぼ同じ金額で購入を続けてきたという。


d0098363_4273664.gif
 麻生氏の関連政治団体「素淮(そわい)会」など複数団体の政治資金収支報告書によると、00年~12年に年平均約3回、「政経文化セミナー」などの名称の政治資金パーティーを開催。
平均的な年間の購入総額は数百万円とみられる。
電力各社は麻生氏を甘利氏と並んでエネルギー政策に強い影響力を持つ国会議員と評価し、パーティー券購入額のトップクラスにして対応していた。

 麻生氏の事務所は「政治資金規正法に則(のっと)り適切に処理している」と回答。
9電力会社は「個別内容の回答は差し控える」とし、関電は「他社と協力して購入することはない」と付け加えた。(市田隆、砂押博雄、藤森かもめ)

[PR]
by 2006taicho | 2014-04-26 04:25 | News | Comments(1)

アメリカの金持ちが団結して「市」として独立するという動き。
29の州で30万人以上が賛同している。
オバマさんの政策に反旗を翻している。

NHK 4/22

アメリカの自治体で今、異変が起きている。「州」の下の行政区分である「郡」から“独立”するCITY=「市」が相次いでいるのだ。独立運動の中心は高級住宅地に住む富裕層。その動機は「所得の再分配」に対する不満と「効率の悪い政府」への反発だ。彼らは、自分たちで「市」の境界線を決め、州議会を動かし、住民投票を実施。法にのっとり独立を成し遂げている。誕生した「市」では、ほとんどの業務を民間企業に委託。運営コストを半分以下に抑え、減税に向けて動き出している。一方、税収が少なくなった「郡」では、福祉サービスの予算を削減。貧困層が打撃を受けている。「税」や「公共サービス」のあり方を巡り分断が進むアメリカ社会。その行方を展望する。




INTERNATIONAL BUSINESS TIMES
テキサス独立運動:政治活動委員会を立ち上げる、有力な候補者は?

オバマ大統領の再選後、テキサス州の分離独立運動が勢いを増す中、テキサス・ナショナリスト運動(Texas Nationalist Movement, TNP)というグループが、公式の政治活動委員会(political action committee, PAC。米国の選挙において活動する政治資金団体)立ち上げに動いている。

テキサス・ナショナリスト運動のダニエル・ミラー(Daniel Miller )代表は発表声明で、「我々の運動と使命、ビジョン、価値観を共にする候補者をあらゆるレベルで支援し推薦するため」にPACを結成したと述べた。

発表によれば、「TNMの目的は、テキサスの政治的、経済的、文化的独立を確保し、守ること、立憲的なテキサスを再建し、保護すること、テキサス市民の固有かつ譲渡できない権利を守ること、テキサス・ナショナリズムの価値観を推し進めることにある」という。

全員が会費納入者ではないとは認めているが、テキサス・ナショナリスト運動のウェブ上の会員は公称25万人。書類が受理されれば、TNM PACは、テキサスの独立を支持する候補者応援のための基金を設立することが出来る。

PACの支援を受ける候補者とは誰なのだろうか。リック・ペリー米テキサス州知事がたまにこの運動に親しみを見せているが、別の選択肢もある。長年、ラリー・キルゴア氏が独立運動のために政治活動を続けており、2008年の上院予備選に立候補した際には25万票を獲得した。法的に名前を「SECEDE(分離)」(全部大文字で書くのが本人のお気に入り)に変えたキルゴア氏は、2014年の知事選に立候補する予定だ。

キルゴア氏のウェブサイトによれば、「独立以外の問題はすべて後回し」で、ヒューストン・クロニクルのウェブ版によれば、2006年に知事選に立候補した際の綱領には、旧約聖書にあるように、姦通には死刑、公衆の面前での悪罵や異性の服装による倒錯にはむち打ちの刑などを掲げていたという。だから、おそらく最有力候補になることはないだろう。

しかし、キルゴア氏の知事選出馬宣言やTNMの政治活動委員会立ち上げは、テキサス独立運動のハイライトになっている。先月には、ホワイトハウスのウェブサイト上のテキサス独立を求める嘆願は11万8千人分の署名を集めた。米国政府から自由になりたいテキサス人が大勢いることは明白だ。

しかし、彼らの主張は法的には有効ではない。ユーチューブのビデオ・クリエーター・C.G.P.グレイ(C.G.P. Grey)が指摘するように、連邦憲法に照らしても、テキサス州憲法に照らしても、テキサスの分離は法的には不可能だ。グレイさんの指摘によれば、テキサスは実際、独立国家として生きていけるだけの経済能力があるが(分離すれば世界第13位の経済大国となる)、最高裁の裁定がない限り法的には不可能であり、その可能性は薄そうだ。

しかしテキサスは、選挙の神様ネイト・シルバー(Nate Silver)が数年前にブログで検討したように、独立国だったテキサス共和国が1845年に合衆国に加盟した際の条件に従い、新しい5つの州に分裂することは法的に可能だ。

ヒスパニック・ビジネス・ドットコム(HispanicBusiness.com)によれば、エル・パソの場合、嘆願書にいわく「エル・パソはテキサスの2級都市であることにうんざりしている。エル・パソはテキサスのその他の都市との共通点に乏しい。人口動態はニューメキシコ州に近い。エル・パソは合衆国の一員であることを誇りに思っており、この偉大な国からの分離を公的に検討するような州の一部ではありたくない」のだという。

[PR]
by 2006taicho | 2014-04-26 04:14 | News | Comments(0)

便利なアプリ

d0098363_8271369.png

ノートパソコンのデスクトップ画面(初期画面)を変えました。
なにが?
ゴミ箱以外のショートカットアイコンが消えました。
すっきりしました。

d0098363_8262356.png

普段よく使うアイコンはここです。
クリックすると現れます。

d0098363_8175174.png

普段よく使うフォルダなどここからだと一発で飛びます。

d0098363_9234147.gif

こういうフォルダはすべてボックスに入れちゃいます。
今までつい左下のスタートアイコンから目的のアイコンを探していましたが、こういうふうにまとめると
意外と便利。


d0098363_90833.png
Downloadは画像をクリックしてください。



使い方は下の画像をクリックして参考にしてください。
d0098363_954219.gif

d0098363_955481.gif


[PR]
by 2006taicho | 2014-04-25 08:18 | 近況 | Comments(0)

見せ方

毎日新聞の記事をネットみていたらこんなサービスをやっていた。



d0098363_918234.png

通常のネットの画面 (画像をクリックしてください 拡大します 以下同じ)




d0098363_9263396.jpg

紙面イメージ読むというのをクリックするとこういう画面になる



d0098363_9264823.jpg

紙面イメージがこれ。
まあいつもの新聞のように読みたい、という読者の声にこたえたのかどうかは知らないが、読みやすさは
ネット版のほうが読みやすい。
ちなみに朝日や読売にはこの機能はない。


[PR]
by 2006taicho | 2014-04-24 08:32 | News | Comments(0)

きちんと伝える

本日、オバマ氏が来日するそうである。
日本の首相とどんな話をするのかマスコミは大騒ぎするのだろう。
オバマ氏はこのあと韓国へゆくが、こっちのほうが今は大変である。
韓国の大統領が大喜びするような、なにかを用意しているのだろうか。
ところで、

アメリカの砂糖の値段は南米の二倍であるが、だからといってアメリカは南米から輸入するようなバカなことはやらない。
ミシシッピー州の砂糖業者を保護し続けている。
カリフォルのアボガドはメキシコよりはるかに高価だが、メキシコからの輸入はおさえ自国の農家を保護している。
カリフォルニア州は見事な野菜や果物の産地であるが、これらを可能にするためには水がいる。
年間雨量の極度に少ないこの土地では、水は貴重品であり、高価である。
農家の水道代は政府の補助金で賄われている。
万一、ロシアや中国がアメリカより安く小麦を生産したとしても、アメリカは自国の小麦生産を放棄するような愚味は決断はとらない。

ドイツやフランスも堂々と自国の農業を保護している。
ドイツの牛肉はアメリカの四倍であり、アメリカが「市場を開け」と迫ると、断固として拒否し、その理由としてアメリカの肉は成長ホルモンを多量に含有しているため、医学的見地から拒否すると突っぱねて来た。
拒否するとともに、なるほどと思わせる理由を述べる。

明確に表現する、と聞くと日本人は非常に微妙な言い回しや湾曲な表現を得意とするから、そのものずばりで論理中心の西洋人とは言葉の使い方が根本的に違うのだと思うようである。
微妙な言い回しや彎曲表現は英語もドイツ語にも豊富に存在し、奥には奥がある。
言葉の機智や微妙な行間のニュアンスは、なにも日本語だけに存在するわけではない。

パーテイに招待されて、出席するのかどうか返事を先に言うのが西洋である。
日本人は
招かれることはこのうえなく嬉しいだとか光栄であるとか、妻も喜ぶであろうとか、本当なら是非行きたいのだが何しろ予定がつまっていて残念ながら、などと延々と述べていては、とらえどころのない嫌な奴だと思われる。
返事を回避し、はぐらかす卑怯な人間だと見られる。
そういう感覚が異なるのである。言葉の機知やニュアンスの問題ではない。
この感覚の違い----この存在を自覚するところから国際理解は始まる。


ある町で二人の知人が出会う。仮にシュミット氏とマイヤー氏としておこう。

シュミット「やあ しばらくご無沙汰していましたがお変わりありませんか?今年はまた格別に寒いですね」
マイヤー「お元気そうですね、冬が寒いのは当たり前ですが、私は格別今年が特に寒いとは感じませんね」
シュミット「気象庁の発表によると、例年より三度低いですからね、やはり客観的にみて寒いと言えますよ」
マイヤー「気象庁の言うことが常に正しいとは限りませんな、車やジェット機の排気ガスが世界的に気候を狂わせていることは事実ですがね」
シュミット「排気ガスと気候との関係は、科学者たちの間でも意見の異なる点でして、そう簡単に結論を出すことは危険ではないかといわれていますね」
マイヤー「ともかく風邪をひかないように、私は秋の終わりに予防注射をしてもらって元気ですが、いかがですか」
シュミット「去年やって何の効果もなかったですよ、予防注射に頼るより防寒です」
マイヤー「ではお宅の皆さんにくれぐれもよろしく」


さて、日本のある街角で、仮に田中氏と中村氏という二人の知人が久しぶりに出会った場合、テーマ「気候」はどう展開されるだろうか

田中「やあ、ご無沙汰しています、お変わりありませんか、今年はまた格別に寒いですね」
中村「まったくですね朝夕の冷えること」
田中「気象庁の話では例年より三度低いそうです」
中村「こりゃあまあ 何ですな 排気ガスの蔓延と熱帯雨林の減少で気候の方も狂ってきますな」
田中「いやあ ますますひどい世の中になりますね 風邪の予防注射で何とか冬を越せるといいなと思ってます」
中村「お互い気をつけてがんばりましょう では」

まずシュミット氏とマイヤー氏は「寒さ」についてお互いに異なった感覚をもっていることを認め合い、気候一般についてそれぞれの知識を提示し、新しい情報を交換し合って、思うことを言い合って別れたと思っている。
二人はけんかを吹っかける気もないし、嫌味を言った覚えもない。  
相手を傷つけたとは夢にも思っていない。
自分の感覚や知識が相手とまったく異なることを面白くないと思う人は少ない。
というより、まったく異なるのが当然だという前提に立って話しあうのである。
どういうふうに、どこまで異なるかを見ようとして対話を始めるのである。
対立は常である。
たとえこの二人が社会的地位が社長と部長、教授と助手のように上下であっても、この図式はある程度有効である。
異なった感覚や知識を述べるのはけしからんと思う人は少ない。
ただし、ヨーロッパでは上下の対話の場合、やはり下に立つ者がより丁重な言葉を選び、聞き役に廻り、控えめな発言をするのは常識である。

一方、田中氏と中村氏の立ち話では、寒さや気候や、それに関する知識そのものは、お互いに重要ではなく、それを媒介として
温もりを感じあうこと、旧知を暖めあうことが大事なのであり、シュミット氏とマイヤー氏のような話の運び方になれば、旧知を暖めあうどころか、二度と再び会うものか、この野郎、ということになってしまうであろう。
日本人はたとえ自分が寒くなくても、相手が「格別に寒い」と言っておれば、ことさら反論して角を立てるより相槌を打つし、相手の知識を否定するような、あるいは疑うような表現は極力避ける。それをあえて行う人間はへそ曲がりであり、小理屈をこねる嫌な奴になる。

小さな空間に大勢の人間がびっしりと入り込んで生活してきたという歴史駅経験は、なるべくお互いに妥協し、譲歩し、順応し、適合する習性を日本人に植え付けた。
   <言挙げよ日本  / 松原久子>


[PR]
by 2006taicho | 2014-04-23 03:12 | アピール | Comments(0)

親父の気遣い

我が家は水道料金は集金制にしている。
理由は集金人の仕事を残すという生前の親父の考えからだ。
実際に最近までおばさんが集金に来ると、ちょっとした世間話なんかをしていた。
そのおばさんも年には勝てず何ヶ月か前に辞めてしまい、後任には私とあまり年も変わらない男性が来るようになった。
d0098363_183171.jpg
集金にきたおじさんに料金を払いながらふと気づいた。
金額が多いのである。
いつもの倍近い。
おかしいなと思ってそ
のことを言うと
「そういえば そうですね・・・・・」
明細をみると自宅の水道料より畑のほうが多い、
それも倍である。
「あれ、これどうしたんだろう?」
「ひょっとしたら水漏れかもしれませんね」
「ああ そうか 自宅のより畑のほうが多いなんて変だよね」
「一度役場に連絡してみたらいいですよ」
おじさんは役場の水道課の担当者の名前まで教えてくれた。
「Kという人が同じ岡田の人でいますから・・・」
こういう場合、確かに同じ町にすんでいる人のほうが話が早いのである。

d0098363_182355.jpg
早速 役場へ電話すると、なんと本人が出た。
もちろん会ったことはないが、こちらの名前を名乗るとわかったような返事。
「もし今からでもよければ現場に行きましょうか?」
ということで分かりやすいところで待ち合わせをして畑の水道メーターをみてもらった。
「あっやっぱり漏れていますね」
「やっぱりそうか、じゃ悪いけど使うときだけ栓を開けるようにしておこうか?」
「そうですね、漏れ方も小さいので工事することもないでしょうから」
とにかくこれで一段落。
電話したその日にすぐやってくれたのでこちらは大助かり。

聞くとK君は私の後輩の息子さん。
集金のおじさんが名前を出した理由がわかった。
真面目な好青年だった。
「またなにかあったら連絡してください」
K君はそう言って役場の軽自動車で帰って行った。
電話してからチェックが終わるまでわずか30分。

親父の方針のおかげで金額がおかしいとわかったわけだ。
これが自動引き落としだったらしばらく気がつかなかった。
もうひとつ集金にしているのは理由あった。
安否確認である。
今は私が安否確認の対象者となってしまった・・・・・・・。


[PR]
by 2006taicho | 2014-04-22 18:09 | 近況 | Comments(0)