ブログトップ

隊長ブログ

<   2012年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧

年末恒例作業

d0227405_10392926.jpg


d0227405_10423686.jpg


d0227405_1041197.jpg


d0227405_10414985.jpg


畑に行ってきました。
里芋を収穫し、東京に送ります。
本当は土のついたまま送りたいのですが(長持ちするので)都会の人は洗ったほうが喜びます。

枯れ枝を集めて燃やします。
あと何回かやらないと綺麗にはなりません。
天気と相談しながらの作業になります。

この畑にくるとなぜか落ち着きます。
癒しスポットですかね。
[PR]
by 2006taicho | 2012-12-19 10:56 | 農作業 | Comments(2)

2012お笑い探検隊忘年会

16日は選挙を済ませていざ東京へ。
海は穏やかでしたが、携帯に入ったメールは荒れていました。
前日の夜、伊藤ちゃんから「葬式が3件も入って行けない」というメール。
その前には横山さんから「申し訳ないです欠席です」というメール。
そして16日早朝には西田さんからは「親戚が亡くなった」というメール。
その前には早坂さんと浜さんが欠席のメールがあったので、
今年の忘年会はこじんまりとなる予感。


d0098363_534638.jpg



下北沢は何十年ぶり。
基本は変わっていませんでしたが、懐かしいお店はほとんどなくなっていました。

d0098363_652186.jpg




サービス写真です。
こんな感じで当時は歩いていました。
デビュー前の松田優作もいたそうです。







実宝さん丸ちゃんが定刻通りやってきてこれで全員集合。
事情を説明して商店街を歩きました。
北口南口を歩いてちょっとおしゃれなお店で軽く一杯。
夕方5持前には池袋へ。








d0098363_617222.jpg


今年の忘年会は「ふぐ料理」となりました。
(予約とかしておかなくてよかったですね)





実宝さんが来たことがあるというお店で乾杯。
二人はヒレ酒をオーダーしましたが、私は町田さんがくるまでじっと我慢。


d0098363_5293487.jpg

そして仕事を終えた町田さんが来てこれで全員集合。



d0098363_529523.jpg

料理も美味しい、ひれ酒も最高。



d0098363_6292890.gif



特にこの焼き白子は最高でしたね。

d0098363_5295826.jpg


今年は亡くなった大滝秀治氏のモノマネで盛り上がりました。



ふぐ料理のあとは焼き鳥を食べようということで西口の「かめや」へ。
ここも久々でしたが店内がきれいになっていました。
個人的には久々に美味しい焼き鳥をいただきました。

039.gif新年会の話もでましたが、伊藤ちゃんの「友引の日にして」という希望もあり、はっきりは決められませんでした。酔っ払っていたのと、友引の日がわからなかったためです。
[PR]
by 2006taicho | 2012-12-18 06:53 | 近況 | Comments(0)

求人情報企業 リブセンス

25歳の最年少社長が誕生!東証1部に「リブセンス」上場
d0227405_8453157.jpg

 求人情報サイト運営会社のリブセンスが1日、東証1部に上場した。東証マザーズからの市場変更で、25歳の村上太一社長は東証1部上場企業の創業者社長として最年少記録を更新した。これまでは33歳で上場したグリーの田中良和社長が最年少だった。

 この日の終値は、前週末比130円安の4240円だった。

 村上氏は東京都出身、サラリーマン家庭に生まれた3人きょうだいの末っ子で、社長を意識したのは小学生のとき。「学級委員をして周囲の役に立つ喜びを知った。多くの人に影響を与える仕事は『社長』だと自然に思うようになった」

 高校時代に簿記などの資格を取って起業に向けて準備。大和総研のビジネスプランコンテストで2005年に優勝した。インターネットメディアを運営する「リブセンス」を設立し、アルバイト求人サイト「ジョブセンス」を立ち上げたのは、早稲田大1年で19歳のときだ。

 採用や問い合わせなどの“成果”があった場合のみに料金を請求する「成功報酬型モデル」を導入、11年12月にマザーズに上場した。

 「趣味は仕事」と明言。冷蔵庫なしのワンルームマンションに住む。「仕事が楽しくて、つい自宅でもパソコンを開いてしまいます」と相好を崩した。
ZAKZAK2012.10.1

昨日放送された「カンブリア宮殿」に出演していた。
従来の求人情報サイトと違うのは企業が求人広告を掲載するときは無料だということ。
応募があって採用が決まってから広告料を払うという点。
従来の求人広告って当たり外れに左右されていたが、この方式なら安心感がある。
また、採用された人には「お祝い金」が支払われる。(2000円~2万円)
広告期間は採用が決まるまで掲載される。
求人側、求職側の両方にメリットがあるのが人気の秘訣。
150人くらいの社員がいて営業マンは2人しかいない。
7割の人材をプログラミング、webデザインにかけている。

資産150億円の村上社長(現在は26歳)は1ルームマンション住まいで、TVは見ない、新聞は読まない、食事はコンビニで済ますという異色の経営者。
「仕事が一番面白いので」趣味はない。
「外車を乗り回すとかは?」
「物欲があまりないので興味がないんです」

ホリエモン時代の起業家とは一味違うらしい。
「アルバイトニュース」を駅の売店で買っていた時代が懐かしい。

ジョブセンスHP

リブセンスHP
[PR]
by 2006taicho | 2012-12-14 09:29 | News | Comments(0)

小沢昭一的こころなのだあ

またしても好きな人の訃報。


d0227405_14141790.jpg



個性的な脇役として活躍し、民衆芸能の研究でも知られた俳優の小沢昭一(おざわ・しょういち)さんが 10日午前1時20分、前立腺がんのため東京都内の自宅で死去した。83歳。東京都出身。葬儀・告別式の日取り、喪主は未定。
 早稲田大卒。俳優座養成所を経て、1951年に初舞台を踏んだ。川島雄三監督の「幕末太陽伝」や今村昌平監督の「にあんちゃん」など多くの映画に出演。特に性風俗を描いた今村監督の「『エロ事師たち』より 人類学入門」(66年)では、主人公を熱演して話題になった。
 劇団しゃぼん玉座を創設、一人芝居「唐来参和」など井上ひさし作品を各地で上演。歌手としてステージにも立ち、コンサート活動を続けた。
 73年、ラジオの「小沢昭一の小沢昭一的こころ」がスタート。軽妙な一人語りが人気を集め、放送回数が1万回を超す長寿番組に。放送をまとめたCD集も発売された。
 各地に残る伝統芸、放浪芸の収集、研究にも力を注ぎ、レコード「日本の放浪芸」シリーズを制作した。
 著書に「ものがたり・芸能と社会」「小沢昭一的 流行歌・昭和のこころ」「小沢昭一座談」など多数。94年紫綬褒章、2001年勲四等旭日小綬章を受章したほか、菊池寛賞など多くの賞を受けた。04年には博物館明治村(愛知県犬山市)の村長に就任した。
 1998年に前立腺がんが見つかり、2010年に頸椎(けいつい)に転移。入退院を繰り返していた。
(共同通信)
2012/12/10 13:27




d0098363_14471943.jpg


それにしても当時の執筆者の顔ぶれがすごい。
今では「大家」と呼ばれるほどの文化人が結集している。

小沢昭一編集・季刊「藝能東西」(1975~1977年)で
「芸能の原点は河原乞食だ」というこの人の指摘は納得できた。
まだ歌舞伎も存在していない時代にまで遡り、芸能を研究して季刊誌を発行していた。
当時、本屋さんに予約しようとして
「季刊誌?年に4回出るってこと?」
と言われてちょっと困ったことを憶えている。

d0227405_14343393.gif

[PR]
by 2006taicho | 2012-12-10 14:41 | News | Comments(0)

大谷翔平投手

d0098363_2324525.gif

この人はシーズン中もシーズンオフも大活躍でしたね。
コーチ経験ゼロで監督に就任し、ダルビッシュが抜けた日本ハムを優勝させて、オフにはメジャー行きを宣言した選手を強行指名して最後は翻意させてしまいました。

北海道夕張郡栗山町には私財を投じて、手作りの野球場まで持っています。
d0098363_22294072.jpg

映画フィールドオブドリームスに感動し、町民たちと手作りで完成させたそうです。
イチローが在籍していたシアトルマリナーズの芝と同じ天然芝を植えたそうです。
写真のベンチは、ある朝突然誰かが置いていったそうで、今だに誰が置いていったかわからないそうです。
栗の樹ファームHP







d0098363_22162084.jpg
大谷翔平 花巻東高校
193センチ 86キロ 右投げ左打ち 高校通算56本塁打
3年夏の岩手大会の準決勝・一関学院戦ではアマチュア野球史上初となる最速160km/hを記録した。



日本ハム:「背番号11は特別な番号」大谷、一問一答
毎日新聞 2012年12月09日 20時44分(最終更新12月09日 21時56分)

米大リーグ挑戦を表明していた岩手・花巻東高の大谷翔平投手が9日、プロ野球・日本ハム への入団を表明した。岩手県奥州市内のホテルで栗山監督らと並んで記者会見し、固い握手を交わした。

 大谷の一問一答は次の通り。

 −−率直な心境は。

 たくさんの方に迷惑をかけた。交渉も長引いて申し訳なかった気持ちと、ファイターズの一員として頑張っていきたい気持ち。

 −−決断のポイントは。

 最初は早く行った方がアメリカで長く活躍できると思っていたが、交渉での資料(や説明)で自分の知らないこともあり、徐々に変わった。当初の自分には、ピッチャーとバッターを両方やる考えがなかった。

 −−「二刀流」は。

 やりたいのは投手だが、どちらか自分の中でもはっきりしていない。どちらもやってみたいので、(提案は)すごくうれしかった。

−−栗山監督の言葉で印象に残ったのは。

「誰も歩いたことのない道を歩いてほしい」と言われた。そういう選手になれるよう頑張っていきたい。

 −−将来メジャーに行く夢は。ダルビッシュ投手が付けていた背番号11を用意された。

最終的にはメジャーリーグにも行ってみたいし、あこがれている場所。それに至るまでの道をファイターズに教えてもらったので、こちらを選んだ。背番号11は特別な番号。頑張りたい。

 −−高校時代は「日本一」にこだわっていた。阪神にドラフト1位指名された藤浪晋太郎投手に対しては。

まだまだ全国でも結果を残せていない選手なので、ファイターズで日本一になりたい。(藤浪に)現時点では負けていると思ってる。しっかりと成長し、彼に追いついて一緒に戦えるようにしたい。


恵まれた体格は親に感謝ですよね。
左打ちで高校通算56本塁打は知らなかったです。
[PR]
by 2006taicho | 2012-12-09 23:03 | 野球 | Comments(0)

新井の思い

d0098363_1144265.gif

日本プロ野球選手会は会長が交代しました。
新会長は楽天の嶋基宏選手(27歳)です。

嶋に会長職を引き継いだ新井元会長は退任会見で次のように語った。

本来ならば、感謝の意を持って退任の挨拶とさせていただきたかったのですが、どうしても選手会長として最後に一言言いたいことがあります。

4年前に僕が選手会長になった当初、最大の目標としてプロアマ問題を掲げました。
そういった中で、これは、古田会長、立浪理事長、宮本会長、小久保理事長の時代からずっと続く、野球界にとって最も大きな問題のひとつです。
その諸先輩方が頑張っていただき、僕の代でその意思を実現したいと臨んだ4年間ではありましたが、なかなかうまくいくこともできないまま、嶋会長にバトンを渡すことはすごく残念です。

先日、プロアマ協議会(11月12日の学生野球資格に関する協議会)に井端理事長と一緒に参加したのですが、4回目という中で、高野連の理事の方の発言、また対応には、本当に納得できませんでしたし、不満を感じました。

僕たち選手会はシンポジウム「夢の向こうに」をやってきたわけですが、8年間で全国都道府県を回り、直に関係者の方、球児と触れ合ってきました。
球児の真剣なまなざし、嬉しそうな顔、何より純粋に野球をもっと上手くなりたいという気持ちに心を打たれ、もっともっと野球を教えたい、どうして野球を普通に教えることができないのかとの思いがますます強くなりました。

そういった球児たちの野球をうまくなりたいという気持ちを、高野連の方々がどうお考えで、どのようにしていかなくてはならないのかと考えているのか。
まったく進んでいないプロアマ問題の現状、進ませようとしない現状にすごく残念な思いでいっぱいです。

それも含めて、さきほどの定期大会で選手会としてさらに強い姿勢で、さらにスピード感を持って、プロアマ問題にあたっていくということを選手全員で決議したことを、皆様にご報告させていただくともに、退任の挨拶とさせていただきたいと思います。

ありがとうございました。

[PR]
by 2006taicho | 2012-12-07 01:19 | 野球 | Comments(0)

中村勘三郎

d0098363_4121811.jpg


いつかは生で観ようと思っていました。
歌舞伎界への影響は相当なものがあると思います。
昔の芸人の損得を考えない気っぷの良さを、まだまだこの人は持っていたと思います。
まだ60歳にもならないでいたから、これからすごい人になると思っていました。
訃報を聞いたとき古今亭志ん朝を思い出しました。
志ん朝は63歳でした。
いつかは生で観ようと思っていました。

d0098363_4201283.jpg


志ん朝が亡くなってからほとんど落語を聞かなくなりました。
楽しみをもぎ取られた感じです。
[PR]
by 2006taicho | 2012-12-06 04:27 | News | Comments(0)

中山雅史引退

Jリーグを盛り上げた素晴らしい選手でした。
一時は歩くことも困難だったんですね。
お疲れ様でした。


【札幌】中山雅史選手引退会見(12.12.04)J‘sGOALニュース

●中山雅史選手
「本日はお忙しい中集まっていただき、ありがとうございます。私、中山雅史は今シーズンを持って第一線を退くことを決めました。長い間、ありがとうございました」

Q:最終的に引退を決断した時期と、決断までの流れは。

「一昨年の終わりに手術をしたのですが、その時点で膝がかなり悪いということをドクターから聞いていました。
痛みが消えることはない、と。
ただ、手術をして次の年とにかくやってみようと思ったんですが、それでもなかなか痛みが引かず、最終的にはまたリハビリになってしまいました。
それで昨年は走れないような状態にまでなってしまい、歩くことも困難な状態になってはいたのですが、そのなかで色々な治療法を模索して、優秀な先生に出会いました。
そこからリハビリを開始し、その頃に比べれば今の状態というのは信じられないくらいに回復というか、色々な動きができるようになりましたから、その先生には本当に感謝しています。
ただし、そういうことを考えながらプレーしたときに、一歩が出ないだとか、ターンが厳しいとか、そういったものを感じながらリハビリを続けてきました。
そういったなかで、自分のレベルがJリーグのなかでは厳しいと感じてきました。
今シーズンの最終戦まではとにかく、自分のできることに精一杯挑戦しようと思ってやってきましたけれども、なかなか難しいとも感じました。
そうしたこともあり、やはり退いたほうがいいのかな、という思いに至りました。
ただ、そうは思っても、この会見場に来るまでも『辞めなきゃいけないのかな…?』とか『なんとか続けられないかな』という思いも沸き上がりました。
まだ未練たらたらです(笑)。
これでリハビリを終えるつもりもないですし、それでまたバリバリになったらカムバックするかもしれません。
その時にはまた会見を開くので、皆さんまた来てくれますか?(笑)」
d0227405_7555989.jpg



会見前にお辞儀をするこの姿がゴン・中山の本当の姿だと思います。
引退会見でここまで頭を下げる選手はあまりいないと思います。
会話に「笑い」を入れないと恥ずかしくて喋れないタイプの男がまた一人引退しました。
[PR]
by 2006taicho | 2012-12-05 08:13 | News | Comments(0)

2012年お笑い探検隊忘年会

2012年お笑い探検隊忘年会

日時 12月16日(日) 午後2持
場所 下北沢駅北口
会費 時価
用意するもの 自分の近況報告





師走になりましたね。
皆さんお元気ですか?
還暦を迎えた今年はいろいろありました。
このブログは私にとってある意味日記帳です。
この日記帳を見ていただいている方は私の日常がわかっていただけていると思います。
今年は西田さん、早坂さんが大島に来てくれたことが一番嬉しかったです。





d0098363_5245151.jpg

今年の忘年会は西田さんと私のアイデアでちょっと変わった趣向です。
若い頃よく行った下北沢再訪ツアーです。
思い出のお店、スポットなどをみんなで巡るツアーです。
思い出がない人でも下北沢は珍しいお店などがあって、結構刺激的なところなので楽しめると思います。
面白そうなお店があったら入ってみましょう。

暗くなったらどこかのお店で飲みましょう。
自分への年1回のごほうび。
いつもよりいいつまみ、いいお酒でね。
いい仲間がいればそれで充分。
なんだかなにかのCMみたいになっちゃいましたね。003.gif
d0098363_528992.jpg

[PR]
by 2006taicho | 2012-12-02 05:30 | Comments(0)

おかしいことはおかしいと言う