始動

d0098363_0462960.jpg



                

d0098363_046654.jpg



d0098363_131174.png


[PR]
by 2006taicho | 2012-03-27 00:50 | 近況 | Comments(2)

みんなの声

「財務省や電力や民主党の圧力は悪質化してます」
古賀さんはそうつぶやきました。

たった一人の元官僚の動きまで操作しようとする日本政府は終わってますね。
ツイッターは有効な世論喚起の手段だということがまた明確になりました。
テレビ朝日には今後どんな政府からの圧力がかかるんでしょう?
巨人軍(読売)とも戦っているし。

古賀氏「ワイド!スクランブル」降板騒ぎ テレビ朝日に視聴者から抗議殺到で「撤回」? J-CAST 012年3月24日15時02分)

元経産官僚で現在は大阪府市統合本部の特別顧問をしている古賀茂明さん(56)が2012年3月21日、「ツイッター」で、テレビ朝日系の情報番組「ワイド!スクランブル」のコメンテーターをいきなり降板させられた、と呟いた。
しかし2日後の23日、降板は無くなった、と報告した。「ツイッター」を見た視聴者からテレビ朝日に抗議が押し寄せたからだという。この降板騒ぎについて古賀さんは、財務省や電力会社、民主党の圧力があったことをほのめかせている。

「財務省や電力や民主党の圧力は悪質化してます」

古賀さんは21日に「ツイッター」で、「ワイド!スクランブル」のレギュラーコメンテーターは2012年3月22日放送が最後になる、と明かした。

「四月からは降板しろと言われました。理由はまだよくわかりません。わかったらお知らせします」

そして23日、

「たくさんのツイート、リツイート、さらには電話やメールをして下さった皆様のお蔭で、ワイドスクランブル木曜のレギュラーは復活しました」

と報告した。一人一人の力は小さくてもみんなで動けば世の中が変わるし、テレビ朝日にも様々な圧力と闘っている方々がいるから、そうした方々への応援をよろしくお願いしたい、としたうえで、

「財務省や電力や民主党の圧力は悪質化してます。いろんなルートで。闘ってる人たちは孤立しがち。みんなの応援が命綱です」
と結んだ。

古賀さんの降板が伝えられたときに、原発再稼動に反対する発言が原因だろうというのがネットにおける大多数の意見だった。

関西電力の大飯原発再稼働に反対

第一次ストレステストを終了した関西電力の大飯原発について、政府は4月にも福島第1原発事故後初の再稼働を決めたい意向とされるが、関西電力筆頭株主の大阪市は大飯原発だけでなく「全11基の原子力発電所を可及的速やかに廃止」を提案。特別顧問の古賀さんは様々なテレビ番組に出演し、再稼動の危険性を語ってきた。

3月20日放送の「報道ステーション」は大阪府市統合本部メンバーが大飯原発を視察する様子を伝え、古賀さんは、大飯原発は安全対策が全然出来ておらず稼動はできない、と断じた。

また原発を稼動させなければ、2012年夏に14%の電力不足になるという関電の発表は全く意味の無いものだ、とした。

「電力が足りないぞと脅しをかけて原発をなんとか動かしてですね、そうなると電力がじゃぶじゃぶになりますから、企業としては安泰だとなる」

という関電の思惑が透けて見えると解説した。また、原発の再稼動を政治家が政治的判断で決めようとしているが、本来なら原発の専門家が判断すべきで、これでは国民は納得できないし、世界でも非常に問題視されている、と語っていた。



おかしいと思ったことは発言しなくてはこの国は終わってしまう気がします。
わが大島もまったく同じ。
怠け者が多すぎます。
まるで隠遁生活者みたいです。
勇気のある人が待たれます。

議会を傍聴し、議事録をとることは貴重な行動です。
もの言わぬ圧力の効果も認めます。
残念なのはそれで終わってしまうことです。
私なら・・・・・
やり方はここでは言いません。
知りたい人は連絡を。001.gif
[PR]
by 2006taicho | 2012-03-25 06:27 | News | Comments(2)

去年の選手宣誓は素晴らしかった。







いよいよ始まりますね。
[PR]
by 2006taicho | 2012-03-21 01:06 | News | Comments(0)

徳島県の説明

震災がれき受け入れ 世論誘導にくさびを打った徳島県の見識
 徳島県のHPより抜粋
  

d0098363_23353789.jpg



放射性物質については、封じ込め、拡散させないことが原則であり、その観点から、東日本大震災前は、IAEAの国際的な基準に基づき、放射性セシウム濃度が1kgあたり100ベクレルを超える場合は、特別な管理下に置かれ、低レベル放射性廃棄物処分場に封じ込めてきました。(クリアランス制度)

 ところが、国においては、東日本大震災後、当初、福島県内限定の基準として出された8,000ベクレル(従来の基準の80倍)を、その十分な説明も根拠の明示もないまま、広域処理の基準にも転用いたしました。
(したがって、現在、原子力発電所の事業所内から出た廃棄物は、100ベクレルを超えれば、低レベル放射性廃棄物処分場で厳格に管理されているのに、事業所の外では、8000ベクレルまで、東京都をはじめとする東日本では埋立処分されております。)

 ひとつ、お考えいただきたいのは、この8000ベクレルという水準は国際的には低レベル放射性廃棄物として、厳格に管理されているということです。

 例えばフランスやドイツでは、低レベル放射性廃棄物処分場は、国内に1カ所だけであり、しかも鉱山の跡地など、放射性セシウム等が水に溶出して外部にでないように、地下水と接触しないように、注意深く保管されています。

 また、群馬県伊勢崎市の処分場では1キロ当たり1800ベクレルという国の基準より、大幅に低い焼却灰を埋め立てていたにもかかわらず、大雨により放射性セシウムが水に溶け出し、排水基準を超えたという報道がございました。
 

030.gif 60歳の男性が徳島県のHPに投稿し、それに対して県が回答をしたものです。

国が地方自治体に呼び掛けているがれき処理受け入れは、世界基準からみたらとんでもない基準値で行われようとしている。というか東京都はすでに埋め立て処分をしてしまった。
そのことを徳島県は問題にしている。
東京都はどう思っているんだろうか。
全文はこちら



   
d0098363_233673.jpg









ところがこの環境大臣は街頭に出て平身低頭で市民に受け入れのお願いをして歩いている。



原発事故発生当初から警鐘を鳴らし続けているこの人は・・・・・・

   
d0098363_23392624.jpgそうです。焼却灰の中には、放射性物質が濃縮されてきますので、それを産業廃棄物と混ぜたり、あるいは一般廃棄物と混ぜるということは、基本的に私は間違えていると思います。

(中略)

会長室を始めとして、東電の社長室、重役室、次々と核のゴミで埋め尽くしていくと…したいというのが私の希望です。
でもそれもなかなか、難しいかも しれませんが。
そうであるなら、福島第二原子力発電所の敷地をそれに使うべきだと思っています。
双葉郡の住民の土地に、核のゴミを捨てる、前に、 まずはそうしたことをすべてやって、なおかつダメであるというなら、双葉郡の皆さんの土地をゴミ捨て場にさせて下さいとお願いする。
そういう順番だろ うと思い…ます。
そしてもし、ゴミ捨て場にされてしまうのであれば、その場所には到底人は住めません

 


つまり放射能を浴びたがれきを日本全国にばらまくということが将来どんな影響・被害がでるか、国はまったくわかっていない、ということ。
それを総理大臣名で各自治体に文書で送るなどとんでもないということ。




「来週から隣町のゴミも回収するんだって」
「へえ そう それでいつまで」
「わかんない」
「どんなゴミ?」
「なんか放射能を浴びたゴミだって」
[PR]
by 2006taicho | 2012-03-21 00:25 | News | Comments(0)

株主提案



d0227405_323952.jpg


大阪府・市、全原発廃止提案へ 関電に、送電は別会社化

大阪府と大阪市でつくる府市統合本部は18日、エネルギー戦略会議を市役所で開き、関西電力の全ての原発を可能な限り速やかに廃止し、発送電分離に向け送電部門を別会社にすることなどを柱とした株主提案の骨子を公表した。

役員と従業員の削減も求める。

関西電力は「内容を把握しておらずコメントを控えたい」と静観の構えで、「脱原発依存」を掲げる橋下徹大阪市長との対立が鮮明になった。

市は関電株式の約8・9%を持つ筆頭株主。6月に予定される同社の株主総会で、初めてとなる株主提案権の行使に踏み切り、可決を目指す。

だが株主提案で関電の事業などを定めた定款を変更する場合、出席株主の議決権の3分の2以上の賛同を得ることが必要。大阪市が協力を呼び掛ける京都、神戸両市を合わせても所有率は計12・5%程度にとどまり、他の株主の支持をどこまで広げられるかが焦点となる。

骨子はほかに
(1)原発の絶対的な安全性確保と使用済み核燃料処理方法の確立
(2)新型火力発電など代替電源の確保
(3)保有株など不要資産の売却
などを盛り込んだ。

これまで大阪市は株主提案の骨子作成に向け、関電に電気料金の算定基準や過去10年間で購入した政治家のパーティー券など30項目を超える情報開示を要求。京都、神戸両市と協力し「脱原発依存」を求める意見書も提出したが、同社は原発を「重要な電源」とする従来の姿勢を貫いている。

会議後、経済産業省出身で府市特別顧問の古賀茂明氏は「タブーなく議論していく姿勢が大阪をきっかけに広がればいい」と意義を強調した。
3/19 中国新聞


「日本の中枢の崩壊」の著者・古賀茂明氏も頑張っているなあ。
君が代斉唱で教師の口元問題で話題になり、今度は脱原発。
今一番求められている庶民感覚は、
「政治家はなにしてんだ」、「さっさとやれよ」というスピード感をしっかり認識している。
まあ、これでますます橋下市長グループの人気はグンとアップすることになりそうだ。

[PR]
by 2006taicho | 2012-03-19 16:30 | News | Comments(0)

場所

d0098363_1045523.png


ああ いつか行ってみたいとこ 数日眺めていたいとこ
行かぬことを建前に








人気ブログランキングへ
[PR]
by 2006taicho | 2012-03-15 10:08 | 近況 | Comments(0)

イメージチェンジ

d0098363_18285488.jpg
車を替えました。前の車がついにダウン。修理するよりいいということでこんな車になりました。
d0098363_182926100.jpg
5ドア パワステですが、燃費はあまりよくありません。
d0098363_1830010.jpg
まあ贅沢は言えません。友人が前の車の廃車手続き、名義変更などすべてやってくれました。





人気ブログランキングへ
[PR]
by 2006taicho | 2012-03-14 18:34 | 近況 | Comments(0)

あれから1年


悲しみと貧しさ抱え 国の支援 届かぬ父子家庭
d0227405_1065014.png
仙台市内の小さな印刷会社。
 ここで伝票や封筒を印刷する仕事をしている鈴木達也さん(30)は、同僚が残業をしていても、午後五時半に仕事を終える。
 宮城県亘理(わたり)町の自宅で 待つ長女(7つ)と長男(3つ)と夕食を取るためだ。
 家庭を守ってきた妻を津波で失った。
 遺体が見つかった夜「ママはお星さまになったんだ」と伝えると長女は声を出して泣いた。
 彼女が泣いたのはこの時だけ。
 後は悲しみを胸にしまい込んでいる。
 四人で遊んだ公園に三人で行っても笑顔を見せる。
 「少しでも長く一緒にいたい」と鈴木さんは願う。
 生活は苦しい。
 「転職も考えたが、残業もできないし、子どもが熱を出せば休まなければならない。採用してくれるところはありません」
 震災では二千人を超える遺児を生み約千二百の親を失った世帯ができた。
 主な働き手を失った母子家庭。
 家庭の守り手がいなくなった父子家庭。
 両方の命が奪われた家庭。
 被災地では、土木作業のような仕事はあるが、女性の仕事は限られる。
 統計的には母子家庭の平均年収は父子家庭よりも低い。
 ただ父子家庭も悲しみの中、貧困にあえいでいる。
 父子家庭の過半数は就労収入が四百万円未満。
 二百万円未満も二割近くいる。
 遺族基礎年金という制度がある。
 国民年金加入の夫を失った母子家庭の場合、子どもが二人いれば年間約百二十四万円が支給される。
 それでも母子家庭の生活は厳しい。
 宮城県内の三十代女性は遺族基礎年金を受け取っているが「今のままでは生活できない。
 子を高校に行かせることができるだろうか」と訴える。
 父子家庭は遺族基礎年金をもらえない。
 戦争で稼ぎ手を失った母子支援のために生まれたこの年金は、父子家庭は念頭になく、その仕組みがそのまま残ってきた。
 子の就学時などに自治体から無利子で借りる母子福祉資金貸付金や、就労支援となる高等技能訓練促進費も父子家庭は対象外だ。
 小宮山洋子厚生労働相は「男女差の解消を速やかに実施したい」として、遺族基礎年金を父子家庭にも広げる法案を今国会に提出する準備を進めていると説明する。
 だが法改正したとしても、専業主婦を失った家庭には給付されない。
 鈴木さんは対象外のままだ。
 貧困による子育てや教育への影響。
 それを遠因とする少子化。
 父子家庭の問題は、震災前から指摘されながら、十分な対策が取られてこなかった日本の縮図ともいえる。
 全国父子家庭支援連絡会の代表理事で、自身も父子家庭の片山知行さん(40)は、懇願するようにつぶやく。
 「想像してください。ある日突然、妻がいなくなった時のことを。それなのに、僕たちは孤立している」

                       2012年3月12日=東京新聞

[PR]
by 2006taicho | 2012-03-13 10:13 | News | Comments(0)

   
d0227405_424868.png宮城県南三陸町の三浦ひろみさん(52)は、この1年、東日本大震災で行方不明になった町職員の夫毅さん=不明当時(51)=の帰りを祈り続けてきた。
夫が津波で流された町防災対策庁舎に、雪の日も風の日も足を運んだ。
あの日から時間は止まったままだが、供養のため4月に葬儀を出す。
「心から笑える日なんて来るのかな」。
心の整理はつかず、防災庁舎を見上げる日が続く。
「ふぶいてっから、きょうは冷たいよね。お父さん、温まってね」
雪が降りしきる2日夜も、ひろみさんは防災庁舎に車を走らせた。
暗闇の中、車のヘッドライトで祭壇を照らす。
赤い鉄骨が浮かぶ。
好物の日本酒をそっと供えて「帰ってきてよ、早く」。
祈りを重ねて、また3月が巡ってきた。
昨年3月11日。
町危機管理課職員の毅さんは防災庁舎2階の放送室で、最後まで町民に避難を呼び掛けた。
ひろみさんは手掛かりを求め、庁舎周辺を毎日歩き回った。
ヘルメットをかぶり、鉄骨がぶら下がる2階にも上った。
「ねぇ、返事してよ」。泣きながら大声で叫び続けた。
3カ月後の6月11日。
「毎日待ってるから」。
夫の携帯電話を鳴らし、留守番電話に吹き込んだ。
誕生日には携帯メールを送った。
「会いたいよ」。
結婚記念日の秋。
挙式した町内のホテルに泊まり、思い出に浸った。
窓の外に人なつっこいウミネコ。
「お父さんなの?」
季節感はなく、大みそかも正月も自宅で泣いて過ごした。
年が明け、行方不明の町職員の葬儀を営む家族が増えた。
「本当は2年でも3年でも、一生でも待ちたい。でもお父さんは、天国でみんなと一緒に居たいのかもしれないな」
区切りではない。
供養なんだ。
自分に言い聞かせ、葬儀を4月にすることを決めた。
死亡届を出す。
死を認めてしまうことに胸が張り裂ける。
夫がいない暮らし。
何を食べてもおいしいと思えない。
おしゃれも、化粧もしたくない。
「私が悲しむ姿をお父さんが望まないとしても、どうやって元気になればいいのだろう。前へ進むって、なに」
まだ1年。悲しみは癒えない。        河北新報社2012年03月11日日曜日 


[PR]
by 2006taicho | 2012-03-12 07:52 | News | Comments(0)

哀悼 3.11

★冬隣 唄 杉本眞人
d0227405_431364.png




謹んでお悔やみ申し上げます。  by管理人
[PR]
by 2006taicho | 2012-03-10 04:40 | 近況 | Comments(0)