ブログトップ

隊長ブログ

<   2011年 04月 ( 11 )   > この月の画像一覧

挑戦

今度の日曜日はサトイモの植え付けを遣ります。

今年で7年目くらいですかね。

東京にいるときからこのために帰島してやっていました。

2007年には西田さんと横山さんも来て植えてくれたこともありました。


d0098363_13544853.gif

d0098363_13551320.gif

d0098363_13552596.gif







詳しく見たい人は右のメニューで以前の記事から2007年5月の記事をクリックしてご覧ください。




さて問題はトウモロコシです。

いろいろ考えた挙句、今年は我が家のそばでやることにしました。

この土地は東京都のものです。
その昔は警察官の駐在所がありました。
今風にいうとポリボックスです。
現在は別の場所に創られたので建物は壊されて放置されています。
ほうっておくと雑草がすごいので実質的には我が家で管理しています。
都の担当者は同級生で、いつも雑草をとってくれているので助かっているとのことです。
将来的には息子が帰ってきたときにどうするか考える予定です。

d0098363_1343649.jpg
ネットがないのでカラスにやられる心配がありますが、まさ兄いに相談したら、方法があるとのこと。
それで決心しました。
ちなみに去年はメロンを栽培した場所です。
20個くらい収穫出来ました。
そのときもメロンを見えるようにしていると必ずカラスに食べられてしまいました。
藁とかで覆ってカラスに食べられないようにしました。

d0098363_13443042.jpg








これは去年の写真。
約30本ほど採れたと思います。









サトイモは畑で、トウモロコシは家のそばで、ということにしました。

家のそばだと管理が楽なので最大の理由です。

天気が荒れた時にすぐ対応できるからです。

それと毎日、成長をみることが出来ます。

ただもともと宅地ですから畑には向いていません。

土も小石が多くて除去するのに手間がかかります。

肥料もそれなりにやらないと作物も育たないでしょう。

ジャガイモなどのように土中にできるものは不適です。

トシ君と二人で開墾する予定です。

日曜日だけでは終わらないと思います。

どうなることやら。(笑)042.gif
[PR]
by 2006taicho | 2011-04-27 13:52 | 近況 | Comments(0)

12歳の日記

東日本大震災:震災と向き合う12歳 「毎小」に日記--山田の大沢小 /岩手

 ◇お父さんが軽トラでもどっていった姿を見ました。 津波にのみ込まれませんように。そう祈っていました。

巨大地震と大津波が東日本を襲ったあの日、子供たちは何を見、その後をどう生きたのか。山田町の町立大沢小学校を3月に卒業した箱石佑太(はこいしゆうた)君(12)が毎日小学生新聞に寄せた体験日記には震災と向き合う姿が率直につづられていた。

 ◇顔をさわってみると、水より冷たくなっていました。
 ●3月11日

 卒業式の歌の練習をしていました。とてもゆれの大きい地震が来ました。最初は単なる地震だと思っていました。大津波警報が出ても、どうせこないと思っていました。来たとしても10センチメートル程度の津波だと思っていました。全然違いました。ぼくが見たのは、国道45号線を水とがれきが流れているところです。お母さんとお父さんが津波が来る前に大沢小に来ているところは見ました。だけどその後、お父さんが軽トラでもどっていった姿を見ました。お父さんのことが不安でした。車を運転しながら津波にのみ込まれませんように。そう祈っていました。

 ●3月18日

 お母さんは、もうこんなに日がたっているのに、まだお父さんが見えないとあきらめていました。じいやんは泣いて「家も頑張って建てるし、おまえたちだってしっかり学校にいかせられるように頑張るから、お父さんがもしだめだとしても頑張るからな」と言っていました。

 ●3月23日

 卒業式でした。「ありがとう」の歌を歌っている時、お父さんに「お父さん、お父さんのおかげで卒業できたよ。ありがとう」と頭の中で言いました。そしたらなぜか、声がふるえて涙が少し出てきました。その夜、こんな夢を見ました。お母さんとお父さんが宮古のスーパーマーケットから帰ってきた夢でした。

 ●3月25日

 親せきの人の携帯に電話がかかってきました。内容は、お父さんらしき人が消防署の方で見つかったということでした。急いで行ってみると、口を開けて横たわっていたお父さんの姿でした。ねえちゃんは泣き叫び、お母さんは声も出ず、弟は親せきの人にくっついていました。顔をさわってみると、水より冷たくなっていました。

 ぼくは「何でもどったんだよ」と何度も何度も頭の中で言いました。「おれがくよくよしてどうすんだ」と自分に言いました。でも、言えば言うほど目がうるんでくるばかりです。お父さんの身に付けていたチタン、東京で買った足のお守りや結婚指輪、携帯。そして驚いたのが時計が動いていたことです。お父さんの息が絶えた時も、津波に飲み込まれている時も、ずっと。お父さんの時計は今はぼくのものになっている。ぼくがその時計をなくしたりすることは一生ないだろう。

 ●3月26~27日

 見つかった時のお父さんの顔。まだ頭のどこかで見なきゃよかったと。でも見つかったおかげで火葬もできるし、お父さんをさわることができた。お父さんの体は水を飲んだのか胸がふくらんでいるだけだ。やっぱり見つかってよかった。

 ●3月28日

 きょうは火葬の日。ぼくとねえちゃんとお母さんとけいじろうは、手紙を書いて、お父さんと一緒に入れてやりました。拝んでいる時ぼくは「箱石家は頑張って継ぐからまかせて」と言いました。お墓に骨を埋めるまで、ぼくに骨を持たせてくれました。骨をうめてホッとしました。

 ●4月7日

 きょうは、ありがたいと心から言える日でした。お父さんとぼくたちの記事を見て、お父さんが東京マラソンを走った時の写真とお手紙を新聞の人が持ってきてくれました。ぼくたち家族に贈る言葉や、さらにはぼくに贈る言葉の手紙もありました。やっぱりお父さんはすごい。今日は本当にありがたい日だ。

   *  *

 箱石君は25日、155人の仲間と一緒に町立山田中学校に入学した。日記は、大沢小の子供たちが復興に立ち向かう様子を紹介する「大沢からの報告」として毎日小学生新聞に11日に掲載。「何回も読み、涙が止まりません。皆様が少しずつでも前に進める日がくることを願っております」(2人の子を持つ東京都北区の女性)とのメールが届くなど大きな反響を呼んだ。「大沢からの報告」は同紙で随時掲載され、次回は5月11日の予定。




d0098363_1732633.gif






全国から寄せられた激励メッセージへの返事を書く箱石佑太君



4月25日 毎日新聞夕刊
[PR]
by 2006taicho | 2011-04-26 17:37 | News | Comments(0)

朝顔

子供のころよく親父に「竹をとってこい」と言われました。

親父は朝顔作りが好きで毎年夏前になると朝顔を植えて、8月には軒を朝顔で覆って

夏の日差しを遮るという涼しさを求めました。

自然の涼しさはいいものでした。

d0098363_98599.jpg









これは去年の朝顔。鉢植えでやりましたね。










d0098363_84511100.jpg




今年は軒先に朝顔を植えようと思います。
これは親父が生前保管していた朝顔の種の袋です。
几帳面な親父はこうやって毎年のタネを残していました。
お店で買っても200円くらいでしょうか。
それをあえて自分の育てた朝顔からタネをとる心意気。
私にとっては大事なタネです。

d0098363_8454639.jpg




昭和55年のタネが最初です。


d0098363_8473763.jpg




最後が平成7年のタネになります。
つまり朝顔作りはこの年までだったんでしょうね。

d0098363_8482513.jpg




ということで、一番古い昭和55年のタネと平成2年のタネを今年は植えます。そんな古いタネで大丈夫?という疑問は当然ですが、やってみてタネから芽がでたら嬉しいじゃないですか。

d0098363_8484957.jpg




こうやって水につけておくと発芽しやすくなるので、これでしばらく様子を見ます。

[PR]
by 2006taicho | 2011-04-26 09:04 | 近況 | Comments(0)

宝物

d0098363_13511587.gif



d0098363_13513422.gif

[PR]
by 2006taicho | 2011-04-25 13:57 | News | Comments(0)

当選

d0098363_92195.jpg



d0098363_935076.jpg




同級生が当選しました。

昨日の投票日から即日開票されて大島町の公式サイトで発表されました。

投票総数=5732票に対して得票は1992票

次点候補は1388票 

約600票差でした。

彼の永年の夢が叶いました。

16年の町議生活からいよいよ大島町の町長になりました。

この島で共産党出身の町長は初めてです。

島は圧倒的に自民党系なのでこれは快挙といっていいと思います。





対立候補からは

「共産党の町長になったら東京都から予算がおりない、

石原都知事は共産党の町長には会ってくれない」

などという笑っちゃうような中傷が流れました。



対立候補は自民党系で島で一番人口の多い、元町地区出身でした。

ただ彼は議員経験なしでいきなりの町長選出馬ということで

住民は不安を感じたのだと思います。



前町長の町政には昨年から?と思う手法が目立ち、住民の不満がありました。

参考

それでも自民党系と公明党系議員が後押しして議案を通してきた経緯がありました。

それを鋭く議会で追及したのが我が同級生です。

共産党議員だけが何度も追及していました。

NPO法人「住みよい大島を創る会」が発足したのもその当時でした。

住民の皆さんはそれをきちんとみていたんだと思います。

「こんな小さい町で自民党も共産党もない、大島党でいいんだから」

「おお そうだよ そのつもりでやってるよ」

何年か前の私との会話です。


004.gif

追伸

丸ちゃんへ

おととし泊った民宿「舟吉」の店主です。当時は町会議員でしたが。

あのゲストハウスは今回の選挙資金のため売却してしまいましたが。

民宿はだれかにやらせると思うので、今年もまたどうぞ。

それから、去年泊った民宿「朝海館」ですが、そこの次男も今回立候補して

町会議員に初当選しました。

これもなにかの「縁」ですかね。
[PR]
by 2006taicho | 2011-04-25 09:33 | News | Comments(3)

ツツジの花

d0098363_1513769.jpg





本日はオフ。
天気予報通り雨です。
庭のツツジが雨に打たれています。






d0098363_15131951.jpg雨の中を選挙カーが走り回っています。
たった五日間の選挙戦。
候補者たちの最後のお願いです。
明日が投票日です。
仕事に出かける前に投票に行こうと思っています。





d0098363_1520750.jpg




雨は夜半にはあがりそうなので深夜にイカ釣りにいこうとこれから準備をするところです。
でも最近はあまり釣れなくなりました。
4~5時間ねばっても3杯くらいしか釣れません。


[PR]
by 2006taicho | 2011-04-23 15:29 | 近況 | Comments(1)

イチゴの赤ちゃん

d0098363_15105291.jpg

d0098363_15105779.jpg

d0098363_151113.jpg

d0098363_151158.jpg


去年の終わりに鉢植えで買ってきたイチゴ。

それをプランターに移して育てていました。

イチゴを育てるのは初めてですが、ようやくいい感じになって来ました。

まるで赤ちゃんのような姿をしています。

つぶも意外と大きくて摘み取るのが楽しみです。
[PR]
by 2006taicho | 2011-04-18 15:16 | 近況 | Comments(2)

立候補

d0098363_14582785.jpg

d0098363_14583399.jpg

d0098363_14583874.jpg


昨夜は同級生の演説会に(古い!)にいってきました。

彼は大島町の町長選挙に立候補しました。

投票日は24日。

昨日時点での候補者数は7名。

激戦です。

島の有権者数は約7000名。

候補者の中には島外から移住してきた方もいます。

おやっ?と首をかしげたくなる人もいますが、まあそれはそれ。

選挙ではよくあることだと割り切りましょう。

今のところ他の候補者は演説会をやる予定はないようです。

本当は候補者全員での立会演説会をやればいいんだけど・・・・

他の候補者はその気はないみたいです。

小学校どころか保育園時代からの同級生です。

頑張って当選してほしいものです。
[PR]
by 2006taicho | 2011-04-18 15:08 | 近況 | Comments(0)

サクラも散りました


d0098363_9342519.jpg家の庭のさくらも散りました。

都知事選も終りましたね。

統一地方選は民主党が惨敗。

これを受けて、政治家は今はまだ大っぴらに動けないだろうけど、水面下でいろいろやってるんだろうなあ。

ご苦労さんなことだ。



d0098363_935952.jpg

数日前、花見をささやかにやりました。

我が家の庭で。

そのあと家の中に移動して怒涛の飲み会に。

なんとお開きになったのは午前3時でした。








d0098363_9353652.jpg

先週の土曜日の釣果です。

イカが釣れました。

イカは保存がきくので冷凍にして息子夫婦にでも送ってやろうかな。

JRも落ちついてきたようだし。


d0098363_9355335.jpg

いい色してます。

さて今晩も釣りにいってこようかなと。

[PR]
by 2006taicho | 2011-04-11 08:48 | 近況 | Comments(0)

日本人の志

そういえば都知事選やってるんだった。

すっかり忘れていた。

個人的には石原氏以外ならだれでもいいって感じ。

断っておくけど、ドクター中松氏とか本気じゃない候補者は除外。

先日、午後11時ころの都知事選の政見放送は傑作だった。

ある候補者が

「すみません なにを言いたいのかぶっ飛んでしまいました」

なんてことをまじめに言うもんだからなおさら笑えた。



東京都知事は総理大臣の次に権限があるそうだからいいかげんには投票できない。

しかし、投票したくなる候補者がいないこともまた事実。

政治の問題はスタートからつまずいている。

それがもう何年も続いている。

親殺し、子殺し、いじめ、虐待、理由のない殺人etc

最近の犯罪の原因は生活が不安定なことだと思う。

先の見えない生活。

都会は人があふれ、田舎は閑散。

若者は大企業に集中し、就職が決まらないという。

日本の企業の99%は中小企業だというのに。

社会に出て何をしたいではなく、安定した会社に入社することが目的。



東北の復興と原発の後始末は日本の試金石だと思う。

どんな防波堤をつくるのか、住民はどこに住むのか。

政治家の仕事は山積していて、緊急課題の「処理場」が必要なくらいだ




被害をゼロにするには町を無人にすることだ。

住んでいた跡地には防風林でも植えるか。

そうすれば巨大な防波堤もいらない、人も亡くならない。

巨額の公共投資もいらない。

しかし、住民がそれを納得するだろうか。




個人的には、漁業関係者は基本的に今まで住んでいた所でいいと思う。

漁師が海の近くに住まなかったら仕事にならないと思うからだ。

緊急時を想定した建物と日常生活、組織的な緊急避難体制と避難道路を完璧に整備することが条件で。




防波堤はどうだろう。

高さ50メートルの防波堤をつくるべきだろうか。

世界一頑丈な防波堤を作るのか。

それとも幾重にも中規模な防波堤を作り、津波の力を弱めるか。

潮の変化、魚たちへの影響、漁港の数は今までいいのか。



福島原発は?

東京電力や日本国政府の段階ではない。

国際レベルで解決してゆかなければならないことが日々明白なってきている。

主要国の主要な新聞に広告をだしてアピールすべきだ。

これは人類への警鐘だと。

心ある科学者が手を挙げるかもしれない。

政府はそういう決断をして世界に助けを求めるべきだ。

土地を買って家を建て、仕事をして、税金を納め、家族と暮らしていた国民の生活。

その場所を、避難命令という国家の権力で奪っている。

一か月もたっているのに遅々として進まない原発事故。

仮に終息を迎えても、果たしてまた以前と同じように住むことができるのかもわからない。

責任は果てしなく重い。




今こそ「対局観」「大局的見地」が求められる。

われわれ日本人の苦手な作業が試されている。

なんども言うがわれわれの「志」ひとつなのだ。
[PR]
by 2006taicho | 2011-04-07 11:56 | アピール | Comments(0)

おかしいことはおかしいと言う