ブログトップ

隊長ブログ

<   2007年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

バス停留所

d0098363_074928.jpg
豊洲駅近くのビバホーム前のバス停。

バス接近情報を携帯で見られるサービスがあるけど、バスを一番利用するのはお年寄りだということを無視している。これが一番。
[PR]
by 2006taicho | 2007-01-15 00:14 | 近況 | Comments(0)

再会

12月3日のブログに書きましたが、24年ぶりに昔同僚だった人と再会しました。(いきさつは12月3日のブログを読んでください。)

この日は私は緊張していました。
クリスマスの日の夕方6時30分、有楽町マリオンの数寄屋橋寄り出口で待ち合わせました。
普段は時間にルーズな私はななんと20分前には到着していました。
今日は二人ではなく、西田さんも一緒に会うことになっています。
この話をして是非一緒に会ってくれと私のほうから頼んでいました。西田さんは快諾してくれました。
(30歳のころの私を知っている人をお笑い探検隊のメンバーに紹介するのはなんだか恥ずかしいという思いもありましたが。)

きちんとお店の予約もしておきました。
待ち合わせ場所から数分のところの和風居酒屋の個室です。

T子さんは時間通り現れて24年ぶりに再会しました。
まあその光景は想像してください。

お店に入って生ビールで乾杯しました。
店員さんを笑わせながらいろいろと注文しました。

ここのお店は新鮮な魚介類を大きな、一抱えもあるような桶に入れて直接をそれをお客さんに選ばせてくれます。
店員さんのアドバイスを聞きながら、魚を直接見ながら選ぶことができるわけです。
この方法は嬉しかったです。

まあそんなことをやっている間に西田さんもやってきました。
ビール、日本酒、焼酎と飲みました。
つまみもおいしかったです。

緊張で若干舞い上がっていた私はうっかり写真を撮るのを忘れていました。慌てて撮ったのがこの写真です。

息子が生まれて初めて外出したのが実は渋谷のスナックでした。彼女はそれを覚えていて、大笑いになりました。「面白い夫婦だなと思った」そうです。

会社が倒産しても彼女はその派遣先に残りました。24年経った今でもその職場にいます。


「もう一番の古株になっちゃった、派遣する会社はいくつも変わったけど残っちゃったんですよね」
福島訛りを感じさせながらそう言って笑いました。

d0098363_21244917.jpg

[PR]
by 2006taicho | 2007-01-11 23:13 | 近況 | Comments(0)

風を読む。

折角の3連休なのに天気は大荒れ。昨日の土曜日は大雨だったし。
今日の練習ができるか不安だった。

東深澤中学校の校庭は意外と水はけがいい。
今日は校庭には水溜りもなかった。

去年の12/24以来の野球。午前11時に集まった人数は10人程度。
それでも2時間、体を動かして気持ちよかった。
ちょっと風が強かったけど。

ところで突然話が変わるが、こんな天気のとき伊豆大島はどんな感じなのだろう。
ということでちょっと捜してみました。
すると見つかりました。今日の伊豆大島。

d0098363_2342764.jpg
↑すごい波ですよね。これは大島の西側・元町港の写真。こんなに波があったら船は入港できません。
元町は大島で一番にぎやかなところ。3連休にこんな天気じゃ客足もとまってしまいます。

ところが下の写真は大島の北側・岡田港の写真。(ちなみに私の実家のある町です)
意外と静かです。これなら船も入れます。
d0098363_23422827.jpg
人口1万人の小さい島でも自然の影響はこんなに違います。
大島の人たちは毎日、風を読んで暮らしています。



それでも夕方にはこんな夕焼けが見られます。海はまだ荒れているけど。
d0098363_23595527.jpg

[PR]
by 2006taicho | 2007-01-08 00:03 | 近況 | Comments(0)

新年会

1/3の昼12時、大井町駅改札に集合。

私と西田さんがまず集合。次は誰がくるかと予想し、私が丸チャンか伊藤と予想。最後に遅れてくるのは横山さんと意見が一致する。

すると伊藤ちゃんが来た。これで三人。
私の携帯が鳴り、丸ちゃんが15分ほど遅れるとのこと。「了解、全然OKだよ」と返事。

しばらくすると今度はメールを受信。春ちゃんからで「改札はどこですか?」「しまった!何口かを伝えていなかった」と思いながら「中央口」と打つ。実は西田さんには春ちゃんがくることは内緒にしてあった。そこで
「西田さん、もうすぐお年玉が来ますよ」と言う。西田さんは
「お年玉?」

そこへ春ちゃんが登場。西田さんはびっくりして、
「おう、井坂ちゃん!どうしてた?元気?」とひとしきり感動。
これで私の新年会はほぼ目的を達していた。

「もっと多人数かと思った」と春ちゃん。

(でもこれでいいんです。
実は西田家にはみんなが座れる椅子が6個しかないのです。
もしそれ以上になったらテーブルの足を取って低くして車座に座ることになるからです。
なので6,7人がベストなのです。本当はもっと声をかけたい人が沢山いました。これを読んでそう思った方もいると思いますが、そういうスペースの問題あったのです。次回は椅子を調達します)

次に15分遅れて丸ちゃんが登場。

残るはあと一人。横山さん。案の定20分遅れて登場。
これで全員集合。

「では段取りを説明します。これから全員で買い物をします。そのあとタクシーに分乗して西田さんの住居兼事務所に行って新年会をやります」

昼の12時に飲み屋さんがやっているわけないのでそういうふうに決めておきました。
昼の12時にしたのは昼間なら参加できる人がいると考えたからです。
三日にしたのは結婚して子供のいる人でもお正月なので、子供の面倒をみてくれる人がいるかもしれないと考えたからです。

大井町の阪急で買い物。
大井町阪急は西田さんお気に入りの店。生鮮食品がいい。
メニューは事前に決めてあった。刺身と湯豆腐の食材を買う。飲み物は丸ちゃん、横山、坂上が担当。出羽桜の枡酒を勧めるおばさんの顔を立てて試飲。そこで小瓶を買って、メインは真澄の一升瓶を買う。

春ちゃんがいるのでワインを買おうと私。でも「イタリアワイン限定」という条件が付く。西田さんのこだわりを知っているので。でもどれがいいのかさっぱりわからない。そこへ食材を買い終えた西田、春ちゃん、伊藤組が合流。結局、西田さんが3000円代のワインを選んで購入。

西田さんの事務所兼住まいは京浜急行の「新馬場(しんばんば)」にあります。品川から二つ目です。
でもこの日は食材荷物があるのでタクシーで移動。
途中、箱根駅伝のコース(復路)を通りますがまだランナーは来ていません。もしぶつかったらタクシーを降りてみんなで応援するつもりでした。運転手さんに聞くと、まだ来ていないとのこと。
「オレ、ここを走ったんだよなあ」とぶつぶつ言う私。
予想に反してあっという間に10分もかからず到着。

午後1時半ころ、全員で乾杯。

西田さんと丸ちゃんが初対面だということに気づく。
それでまたみんな昔を振り返って、
「倒産のときは」という会話がひとしきり続く。

電話で注文したお寿司が届く。
d0098363_22122859.jpg


そして丸ちゃんの会社が本社はベルギーにある、と聞いてまたびっくり。
西田さんはベルギーに毎月のように行っている。またまた”縁”を感じる。

西田さんが
「北の国からはベルギーでもやっている」という話が出てまた盛り上がる。
「坂ちゃんがテレビを家から持って来てくれて、それでビデオ借りてきて、第1回目からをここ(西田家)で見てみんなで泣いた」
という話をしてみんな大笑い。

丸ちゃんの長男(5歳)の話も面白かった。

途中で小池君に電話する。みんな適度に酔っ払っていてテンションが高いので面白い。
しらふの小池君はたじろぐばかり。

刺身、お寿司を食べて、最後は湯豆腐。

例によって、私が「老後はみんなで伊豆大島計画」の構想をぶち上げる。

横山さんがいつになく饒舌。春ちゃんにしきりに話しかける。
それをみて伊藤ちゃんと私が驚く。
「こんなに喋っている横山さんをみるのは初めてだ」と伊藤ちゃん。

夕方、春ちゃんが帰り、その後丸ちゃん、結局お開きになったのは午後10時過ぎ。
同じ場所で、延々と9時間くらい飲んでいたことになる。
やっぱりお笑い探検隊はお店では無理だと改めて思う。

西田さん、ありがとうございました。

来年もよろしく。
[PR]
by 2006taicho | 2007-01-04 23:49 | 近況 | Comments(2)

初詣

d0098363_21154466.jpg
行って来ました。我が家の風習に習って、除夜の鐘がなるとともに深川不動へ。予想していた通り凄い人出。圧倒的に若い人が多い。カップルやグループ連れ。きっと彼らにとっては初詣はイベントなんだろうな、とふと気づく。そうだとしたらちょっと寂しい。

田舎の神社とは大違い。門をくぐって実際にお参りするまで約20分。お賽銭はこれも我が家の風習で自分の年の数をお賽銭箱へ。何を祈ったかは秘密。



みなさま今年も良い年でありますように。
[PR]
by 2006taicho | 2007-01-02 21:26 | 近況 | Comments(2)

おかしいことはおかしいと言う