カテゴリ:近況( 618 )

おじさまと猫

ネコ好きですか?

d0098363_2195074.jpg

六話まであります。ここでは四話までみれます。あとはご自分で捜してみてください。
d0098363_2203331.jpgおじさまと猫1話から4話






[PR]
by 2006taicho | 2017-08-14 02:38 | 近況 | Comments(0)

せいろ三代

TBSで世界陸上をやってますね。
私が見たいのは、マラソンランナーの100メートル競争です。
エキシビションでやってもらえませんかねえ。
ボルト選手にマラソンを走ってくれと頼んでも無理なので。
それにしても砲丸投げは本当に地味な競技ですね。
競技時間の短さでは一番なのでは。







d0098363_1948943.jpg
収穫しました。





d0098363_19482298.jpg

せいろは毎日野菜を蒸すのに使っています。

きっかけは糖尿病と診断されたからです。

最初は、医師に「即 入院」と言われました。
当然「それは無理です、仕事があるので」と言いました。
すると、「じゃあ」と言って看護婦さんとか呼んで急に慌ただしくなり、
「これの使い方を覚えてください、この注射器は・・・・」
などと続き、結局インスリンの打ち方、血糖値の測り方、糖尿病予防についてのパンフ、町役場の健康福祉課で献立を倣ってきてください」とか、とにかくいっぺんにいろんなことを言われました。
d0098363_20211461.jpg
それから2年ほどたったでしょうか、血糖値はほぼ平常値に。
「先生、もうインスリン注射は打たなくていいでしょう?」
と言って了解をもらい、またそのあとで
「先生、もう薬はいいでしょう?」
と言って了解をもらい、糖尿病の治療は終了。(させました?)

終了してからは病院へは一度も行っていません。
それまでの約二年間、二ヶ月に一度血液採取、その一週間後に結果を聞きにいき、「今回はよかったのでこの調子で」とか、「お薬はなにが足りないですか」とか。
当時は病院へいくことがストレスになっていたと想います。

糖尿病は生活習慣病なので完治はしないのですが、それなりに気をつけて生活するのが一番いいと想います。
ブロッコリー、ニンジン、ほうれん草、明日葉などを蒸しています。
ときには肉類も。
ブロッコリーは3日に一度は買います。
ご飯は一日に一食です。
ポテトサラダを多めに作って冷蔵庫から必要な量を取り出して食べたり。
変化をつけて、というわけです。


「せいろ」は必需品になりました。
蒸した食べものが一番美味しいと想います。
そのせいか、せいろはもうこれで三代目です。

畑作業は「必要な運動」としてとらえてやっています。

それと、夏は夕食に一杯やってという習慣がありましたが、それもやらなくなりました。
ビールを飲むのは人と飲むときだけになりました。
冷たいお茶のほうがいいと思うようになりました。
飲まないので「糖質ゼロ」も関係ありません。

新しいせいろは、しばらくのあいだヒノキの香りがします。
いい香りです。
せいろを考えたのは誰なんでしょうね。
中国の人でしょうかねえ。
薄く切った木をこういうふうに編み込む方法を考えた人はすごいですね。
今のように情報もなにもないところから、こういうものを作り出すのですから。
こういう物には敬意を払う精神が、今一番必要なのではないでしょうか。
世の中にはそういう物がたくさんあります。

敬意を払いたくなる人があまりに少ないと想いませんか?


皆様、お体を大切にということで。








[PR]
by 2006taicho | 2017-08-12 20:41 | 近況 | Comments(2)

困ったこと

d0098363_235454.jpg

今朝の収穫。
こんなに要らない、まだまだ実がなっている。
たった一本の苗からだ。
d0098363_2334114.jpg

畑でも作っているけど、自宅でも観察してみようと・・・こんなことをやってみた。
このさきどうしよう。
このままだと重さで落下するのは明らか。
畑に植え替えるか・・・・・・。






[PR]
by 2006taicho | 2017-08-03 23:12 | 近況 | Comments(2)

ファミリー

甥っ子姪っ子たちの企画で、今年の夏は伊豆大島に集合という予定を立てていました。
d0098363_18274138.jpg

d0098363_1817978.jpg


7月末に二泊三日でファミリーがやってきました。
大人11名子供5名の計16名様御一行様。
迎え入れる側は私一人。
同級生がやっている民宿に宿泊させてもらいました。
じじばばたちは島を一周したり、知り合いに会いに行ったり、子どもたちは海へ。
バーベキュー大会にスイカ割り大会に夜は花火大会、早朝は釣り大会と遊びはてんこもり。
夕飯はタカベの塩焼きが大好評、刺し身舟盛り、くさやのひもの。
ビールに焼酎にサワーにとアルコールも進みました。
私の孫は、夕飯もそこそこに眠ってしまい、なんと翌朝まで起きなかったそうです。
12時間睡眠だったとか、いいですねえ、夏の子供はそうでなくっちゃ。

d0098363_17352139.jpg

d0098363_17364152.jpg
その昔、息子もここで泳ぎました。今はその息子が必死に泳いでいます。

ちょっと深いところに行ってしまい、慌てて足をばたつかせて海の水を飲んで驚いたり、
波の引きの強さに倒れたり、
ビーチサンダルと砂の違和感を知ったり、
魚の引きの強さに驚いたり、
釣り上げた魚の飛び跳ねるようすを直接みたり、
自分の釣った魚を直接掴んだり、
釣った魚をクーラーボックスに入れる理由を学んだり、
氷はペットボトルの水を冷凍庫で凍らせた方が長持ちすることを教えてもらったり、
花火で一瞬熱い思いをしたり、
火をつける場所を学んだり、
ぐるぐる回したほうがきれいで面白いと発見したり、
火の付け方を学んだり、
バーベキューの着火剤を不思議な目でにらんだり、
炭の火のつく様子を観察したり、
火の起こし方をじっとみたり、
ヤブ蚊に刺されても爪でバッテンをかけばいいんだとか・・・・・。
海パンに砂が入ることを知ったり、
怖かったけど思い切って飛び込んでみたら、そうでもなかったり、
日本の子どもたちの必修科目なのだ。

去年の夏より、ちょっと沖まで行けるようになり、ヤブ蚊に刺されても騒がなくなり・・・
その様子に驚くのは親たち。
額の汗を拭い、鼻の頭の汗を拭いながら、
麦わら帽子越しにみえる親の笑顔が子育てなんだと思う。










d0098363_1737415.jpg

d0098363_1739868.jpg
d0098363_17395497.jpg
d0098363_17403364.jpg
この民宿の裏側が海です。徒歩1分です。

d0098363_1741913.jpg
d0098363_17413734.jpg
d0098363_17421016.jpg


d0098363_18243332.jpg

d0098363_18193083.jpg






[PR]
by 2006taicho | 2017-07-31 17:58 | 近況 | Comments(4)

誕生日情報

d0098363_019715.jpg


12月22日は一人?
これを全部足すとどうなの?


日本人の誕生日多い順ランキング
※4月27日~4月30日までの人へ。下記画像では一部修正箇所があるのですが、4月27日は37位、4月28日は44位、4月29日は358位、4月30日は237位に訂正とのことです。





[PR]
by 2006taicho | 2017-07-28 00:21 | 近況 | Comments(0)

襖の張替え

我が家は明治元年旧暦で1868年に建てられたらしい。
登記簿によると。
そうすると築149年になってしまう、
ほんとかよって感じだけど多分ほんとなんだろう。



歴代の当主が決してやらなかったことをやってみた。
板戸の襖の張替え。
d0098363_19205523.jpg

うちにもこれはある。
けど、これとは別に全面板製のものが5マイもある。
当然、重いし頑丈。
歴代のお母さんたちが一生懸命磨いたおかげで黒光りしている。
話は違うが、大黒柱などは磨き続けたおかげで顔が映るほど。

ネットでいろいろサンプルを取り寄せ、結局こういう色に変えてみました。
手前味噌で恐縮ですが、これが結構いい感じなんです。
「和風モダン」というかなんというか・・・・。

今までの襖の写真を撮り忘れたのでどう変わったのかわかりませんが、大丈夫でした。
まだ、裏側を張り替えていないからです。
現在、裏の襖紙を取寄中です。
裏は柄を変えています。
ちょっと飽きてきたら、うらおもてを変えてやれば気分転換になります。
近々、到着するのでやってみるつもりです。




d0098363_194224.jpg


d0098363_1914828.jpg


d0098363_13324843.jpg

[PR]
by 2006taicho | 2017-07-09 19:35 | 近況 | Comments(2)



d0098363_052945.jpg








[PR]
by 2006taicho | 2017-07-04 00:52 | 近況 | Comments(0)

新しい資格 介護保険

d0098363_11365869.jpg

介護保険被保険者証というものが届いた。

「この度、介護保険第一号被保険者に該当することになりました」だって。
「同時に介護保険料を納めていただく必要が・・・・」だって。





介護保険とは
日常生活を営むのに支障がある状態
(身じたく、掃除、洗濯、料理、買い物などを行うのが困難)になり介護を受ける必要があると判断された場合、介護の度合いに応じた各種介護サービスを受けることができます。
丁寧にそう書いてある。

実感
「なんだこの第一号被保険者っていうのは、俺は第一号じゃないだろう、俺より年上は・・・・俺は第何号?
とにかく俺はまだ元気だ、仕事もしているし、空いた時間には畑で野菜を作ってるし、夜は魚を釣ってるし、東京に行けばみんなとガンガンお酒も飲むし・・・・糖尿病だけどな・・・・」


「第一号」「介護」っていうこの言葉に傷つく・・・・・





[PR]
by 2006taicho | 2017-06-30 10:52 | 近況 | Comments(0)

同窓会

6月24日は同窓会でした。
場所は写真の通り。
会場は日本料理屋さんで外の景色もいい感じ。
恩師は75歳?で元気でした。
私達を受け持ったのは初任地で25歳だったそうです。
私達との年齢差は7歳です。
当時の給料は3万5千円だったそうででびっくりしました。


d0098363_574586.jpg

初任地の高校がとんでもない高校でした。
大島高校はスタートは農業振興という意味合いで設立されました。
なので農業用敷地面積は今も東京都でトップクラスの広さです。
運動場は400メートルトラックがあって、その横には野球用グランドもあります。

一学年に普通科1クラス、農林課・家政科が2クラス。(共学)
中学3年の内申書次第でどっちに進学するか決まるわけです。
高1のときはまだ普通授業ですが、高2になると男子は園芸、畜産など農業を志す生徒のための授業になります。ネズミ色の作業服を着て、足は地下足袋です。


d0098363_57564.jpg

つまり生徒は誰も農業をやる気はないわけですが、中3のときの学力が低かったために仕方なく農林科を選んだわけです。
(経済的に余裕のある家庭は東京の私立高校に進学しました。親の負担は相当だったと思います。)
これがガンになります。真面目に取り組まなくなるわけです。
私もその一人でした。しかも高校は結構体育会系のところがあり、先輩に挨拶しないと呼び出されたり、態度が悪いと殴られました。勿論泣き寝入りです。報復が怖いので。タバコによる停学やひどいときは退学者もいました。(先輩)
そんなわけで、高3になると天下です。


d0098363_581513.jpg

ある時、なにかのテストで問題用紙をライターで燃やしてしまうというイタズラをしたら、女性教師が驚いて泣きながら職員室へ駆け込みました。
まあ当時の我々不良生徒はそんなの普通だったのですが、それ以外にもいろいろあって、なんと先生たちが登校拒否になりました。怖くて学校へ行けないというのです。
そこで学校側は全学年、三日間の休校という手段に出ました。
そこから生徒、教師、父兄との集会とかありまして、なぜか私は委員長になり毎日新聞の取材を受けたり、夏休みには委員会に出たり、東京都の教育長と話し合ったり・・・・・。
「将来、農業をやるんでも、せめて高校までは普通科の授業をうけて基礎知識を固めて、それで高校三年のときに自分は将来なにを目指すか。それが農業だったらそういう大学に行けばいい、15歳中3のときにそういう選択をするのは無理でしょう」


d0098363_582868.jpg

普通科の生徒には「お前、そんなことやってたら大学進学のとき困るぞ」とか言われたりしました。
怒りで震えました。
担任の先生は「大丈夫だ、しっかり主張しろ」と励ましてくれました。

結果、農林科&家政科は1クラス、普通科を2クラスにすることに決定しました。

実は、一生懸命学校改革をやっても、自分たちにいいことは一つもありません。
恩恵を受けるのは数年後に入学してくる生徒たちです。
まあそんなことは百も承知でしたが、いろんな人の意見を聞きながらやりました。


事件が一段落したころ、担任に聞きました。
「先生 俺 大学に行きたいんだけど」
「どこか希望はあるのか?」
「あるわけ無いじゃん、どっかない?」
「じゃあ ◯◯大学はどうだ、最近できた大学で学長が立派な人だぞ」
「へえ、じゃそこでいいよ、それと俺、遅刻がもうすぐ百回になるんだけど・・・・」
「まったくお前は・・まあ内申書の心配はするな、どうにでもなる」
「へえ、なんとかなるんだ」
「ところでお前、東大受けてみないか?」
「なんで?」
「そういう無茶な生徒がいたと、後輩に話せるネタになるじゃないか」
こういう先生でした。その時、先生は25歳でした。
d0098363_583817.jpg

あれから何十年。
大人になって結婚し子供ができて、我々の子どもたちは少子化もあって、ほぼ全員が普通科に入学できたようです。(現在は農林科と家政科をあわせて併合科と言っています)


もう少ししたら今度は孫が入学するでしょう。
ちなみに今の生徒数は全学年で129名。
普通科107名(男女計)、併合科22名(男女計)です。
感慨深いです。

d0098363_8524068.png





[PR]
by 2006taicho | 2017-06-26 05:14 | 近況 | Comments(0)

釣り

スノーデンによると
携帯やスマホは位置情報を発信している。
国はそれをドコモやAUやソフトバンクから情報を得ている。
通話内容までは容量の問題で掴んでいないらしい。
しかし、私が東京のどこへ行ったか、どこへ移動したか、いつ大島へ帰ったか、
何年何月何時ころはどこに居たかまで、遡って追跡確認できる。
携帯やスマホの基地局が24時間私の行動を確実に捉えているというわけだ。
誰に電話をしたか、誰に会っていたかもこれでわかる。
通信の保護、プライバシーは?
警察は犯罪の容疑がある人物の調査として、通信事業者(ドコモなど)が立ち会いの上、調査することはやっていた。
しかし、安倍さんになってから通信事業者の立会を省略する法案を成立させた。(通信傍受法)
第三者の立ち会いをなくしたことで「盗聴」が日常行えるようにになった。
共謀罪はその完成形なのだ。
国民に知らせないでやっていることを、法律で明文化してしまう必要があったというわけだ。
6月7日のブログE・スノーデンの証言は是非読んでもらいたい。
これから「冤罪」が飛躍的に増えるという元裁判官の証言もある。
「携帯の電波が弱くて」はそのほうが監視という意味ではいいのかもしれない。












d0098363_2221534.jpg

政治ネタばかりで面白くないという声が聞こえそうな、最近の隊長ブログ。

そういえば、読まなきゃと思っている本も溜まってきた。










d0098363_21511796.jpg


d0098363_21513987.jpg


d0098363_21515622.jpg










                       畑のあとは



d0098363_21521753.jpg


d0098363_21522715.jpg


d0098363_21572858.jpg

[PR]
by 2006taicho | 2017-06-16 22:47 | 近況 | Comments(0)