ブログトップ

隊長ブログ

カテゴリ:近況( 631 )

台風と選挙と

昨日は避難勧告と避難指示が出ました。
島の小中学校はその前に、月曜日は休校を決定していました。
勤務先である中学校の副校長先生と打ち合わせして、私は学校に残ることにしました。
本当は警備員であろうと避難しなければならないのが鉄則ですが、学校施設の頑丈さを信じて避難せず。
外は台風、TVは選挙速報。
台風は午前3時ころに最盛期でしたが、たいしたことはなく無事通過していきました。
選挙結果は予想された通りでしたが,いろいろと感慨深いものがありました。
野党勢力は今後もいろんな動きがあるでしょう。
立憲民主党を中心に。

これだけのひどい状況でも、アベ自民党がほぼ現状維持だったことに暗澹たる思いです。

投票率は戦後最低だった前回をわずか1ポイント上回っただけ。
棄権した人は約4,500万人。
これが今の現状。



人口8,000人余りの小さい島ですが、波はこんなに違います。
島の西側 元町港の様子。午前8時、大荒れです。

d0098363_10121992.jpg


d0098363_10124843.jpg



島の北側 岡田港の様子。まさに台風一過。静かな海です。
d0098363_10143333.jpg


d0098363_149332.jpg








[PR]
by 2006taicho | 2017-10-23 10:19 | 近況 | Comments(0)

糖尿病

糖尿病患者としては朗報なのだ。

日刊ゲンダイ 9/28
「日本ではいまだにお酒や高カロリー食は血糖を高くすると誤解されていますが、血糖を上げるのは糖質。お酒を飲んでもそれ自体で血糖値が上がることはありません。お酒を飲める人は積極的に飲んだ方がいいでしょう。海外ではお酒を飲むと血糖が下がることは常識です。米国糖尿病学会では糖尿病患者がお酒を飲むと“低血糖に注意しなさい”と言われます」
d0098363_7592268.jpg







[PR]
by 2006taicho | 2017-09-28 08:02 | 近況 | Comments(0)

これで一言5

++++この写真で一言++++


d0098363_8261427.jpg





d0098363_8273375.jpg







[PR]
by 2006taicho | 2017-09-20 08:29 | 近況 | Comments(2)

日本ファースト

時流をつかみ、それを真っ向から取り上げ、支持を取り付けた小池さん。
その勢いをそのままに、政治家を即席で作りあげ第一党に躍進。
それについていった都民。
国政参加に意欲?とメデイアが言い出してからおかしくなった。

代表選考問題で都民ファーストが早くも揺れ始めている。
相棒の若狭氏は日本ファーストで細野氏などと年内に新党立ち上げの予定。
ここまでは計画していたのだろうけど、都議達が意外と抵抗するのでちょっと慌てている。
小池氏の「誰のお陰で都議になったと思っているの」というのが見え見え。

豊洲移転も来年の夏頃らしいが、安全宣言は出していない。
そんな土地で新鮮な魚介類を扱っていいいのだろうか、という疑問には答えない。
築地の人々の疑問にも答えていない。

しかも明治憲法の復活を唱える秘書のスキャンダル問題もある。

そこで今のうちに代表を変えて周囲を固めようとしたら、密室で決めている、規約はどこにあるのか、子飼いの素人議員が騒ぎ出し、メデイアが騒ぎ出した。
その対策を練っていたら、アベさんが解散を言い出す。
これはまずいということになった、でも、メデイアの注目からは逃れられると判断。

そこで早速、若狭氏を使って、今度は「輝照塾」なるものを開催。
来月の衆議院選挙に間に合わせようという段取り。
都民ファーストと全く同じ手法で、今度は国会議員を増やし勢力を握ろうとしている。(詳細はこちら画像をクリック)
d0098363_4434230.jpg



しかし、都民ファーストも日本ファーストは大失敗するだろう。
一番の間違いは、小池さんの人気でまだ行けると踏んでいること。
もうそんな力はない。
小池さんの動向をみていると、都議会の勢力を握ってから、どうもアベさんのような振る舞いが見えてきたこと。
つまり政治意識の高い人は「アベさんと一緒」と認識していること。
そしてそれがいろんな面で明らかにされていくだろうということ。

もう一つは若狭氏の地味すぎる存在感。
検察上がりだからしょうがないと言えばそれまでだけど、彼に党の代表が務まるような華がないこと。
小池氏の側近というイメージしかわかない。
彼はもともと検察官を目指して生きてきた人間。
代表などという晴れがましい役職よりは、後ろで支えるほうが似合っている。
政党の中にいて、内閣改造があったときに法務大臣でも務めるのが似合っている。
彼の支持者たちの思惑は知らないがそんな気がする。
そして今度は党のイメージアップのためか、「一院制を目指す」とか言い出してしまった。
今、誰もそんなことは望んでいない。
即席で国会議員を作り出すと迷惑するのは国民。
小池さんの引きつった笑顔が見えてくる。






[PR]
by 2006taicho | 2017-09-18 05:31 | 近況 | Comments(0)

これで一言4

++++この写真で一言++++


d0098363_22463984.jpg







[PR]
by 2006taicho | 2017-09-17 22:45 | 近況 | Comments(0)

これで一言3

++++この写真で一言++++


d0098363_10165362.jpg






[PR]
by 2006taicho | 2017-09-17 10:17 | 近況 | Comments(5)

萩本欽一

王貞治のファンから萩本欽一のファンになって、弟子入りまで考えたことがありました。
笑っていいともの前の前だか忘れたけど、「お昼のゴールデンショウ」というフジテレビの番組があり、夢中で観ていました。
平日の昼12時からだったので学校を早退して観たこともあります。
夏休みには上京して、当時のスタジオが有楽町にあって、番組が終わった萩本欽一に会うため楽屋出口で待っていたこともあります。
結局欽ちゃんにはあえず、森山良子に会い、サインを貰いました。
民放4局(日テレ、TBS,フジテレビ、テレビ朝日)のレギュラー番組で25%以上の数字をはじき出し、視聴率100%男と言われたのは伝説になっている。

d0098363_9135715.jpg
萩本欽一 ウケるため夢中で動く

毎日新聞2017年9月15日

「55号」「欽ドン」怒られたことが原点

人気芸人をひな壇に並べるスタイルが定着した最近のバラエティー番組。一方で、個性的な番組が少なくなったとの指摘もある。数々の高視聴率番組を生んできた萩本欽一さん(76)に、昔と今の番組の違いを分析してもらった。【聞き手・丸山進】

 --「コント55号」でテレビに出た時、どんな思いでした?

 ◆大それたことは考えてなくて、ウケるために夢中でやっていました。「テレビに映らないから2メートル四方から出ないようにしてくれ」と言われても、「僕たちはテレビに出たいんじゃない。線からはみだしても、そこのお客さんにウケるためにやる」って。それで怒られてたんだけど、たった一人、「君たちにはマイク1本じゃ無理だ」とマイクを5本置いてくれた人がいて、そこからですよ。テレビは認めてくれる人に出会えるかどうかなんです。若い人にも言うんです。「『有名にさせたい』と思ってくれる人に1人出会えれば有名になる」って。

 --バラエティー番組で心掛けていたことは?

 ◆映画や舞台でできないようなことを考えました。「欽ドン!」(フジテレビ系)みたいに視聴者のハガキを読むのを映画や舞台でやったら怒られる。だから、テレビじゃないのという売り込み方をしたんです。新しいやり方を考えた時は、自分が怒られたことが全部もとになっています。例えば素人を(番組で)使えば、失敗する。それをイコールボケという捉え方をしたの。テレビで何が一番面白いって、天然ボケですよ。芸人に大事なのは、運でも才能でも努力でもない、人間を磨けって言うの。プロデューサーが芸人を選んだ理由で一番多いのは「あいついいヤツだから」。芸も大事だけど、テレビは知らない人に好かれるのが仕事だから。

 --高視聴率の秘訣(ひけつ)は?

 ◆たまたまだけど、やっぱりいい人に出会ったんだろうね。20%はタレントの力でいける、30%はスタッフの力がないといけない。30%取れる番組は、照明さんもカメラさんも美術さんも乗っている感じがした。

 --若者のテレビ離れが進んでいる。何が変わったのか?

 ◆そんなに作り方もやり方も変わっていないね。タレントはむしろアドリブがうまくなった。若い芸人の言葉は、非常にユニークで、ほとんど言葉の力にすがっています。動きで見せるような人はもう出てこないね。

 テレビは60年が過ぎたけど、人も60になると濁ってくる。お寺にいい言葉が書いてあって、「クチが濁るとグチになる」「トク(徳)が濁るとドク(毒)になる」。テレビは今それですよ。番組の企画も「ひらめき」から「びらまき」に。一人一人の「個性」も「5性」になって1人でやれることを5人でやるようになった。「欽ちゃんのどこまでやるの!?」(テレビ朝日系)の出演者は、僕と(真屋)順子さん以外、素人の見栄晴とわらべの3人。人間って背負わされると、頑張るし努力もする。努力する場を与えることです。

 --テレビ局の視聴率を見る目が厳しくなった。

 ◆昔はテレビ局も面倒見が良かったですね。「欽ドン!」は最初の半年失敗して「すいませんでした」って言ったら、編成局長だった日枝(久・フジテレビ相談役)さんが「10年預けるから半年で変えれば20回変えられるんじゃない? 20回のうち1回当たらない?」って。預けてくれる人に出会えて、「当たった」という気がしました。

 --テレビを良くするには?

 ◆映画がテレビに座を奪われ、今は同じようにテレビの後からネットが来た。でも映画はいまだになくなっていない。それでいいんじゃないですか。じゃあ、テレビはどうするか。汗出して一生懸命やるといい。「24時間テレビ」(日本テレビ系)のマラソンは、走っているだけで瞬間最高視聴率で40%も取る。僕もぶっ倒れるほど走った。これからはロボットが人間に取って代わる時代だけど、ロボットにできないことは汗をかくこと。人間が汗をかいておかないと、ロボットで済んじゃうよ。



詳細はこちら(wiki)
d0098363_9432591.jpg
テレビマンユニオンの役員だったとは知らなかった。
さすが見る目がある。





[PR]
by 2006taicho | 2017-09-17 09:50 | 近況 | Comments(0)

これで一言2

++++この写真で一言++++

d0098363_5582320.jpg





このコメントには脱帽します。
こういうコメント考えるのは頭の柔らかさ、固定観念の打破の練習ですね。
恥ずかしながら私のは

「どうしておれがここなんだ!振り分けたのは誰だ!」最下段の猫





[PR]
by 2006taicho | 2017-09-16 07:42 | 近況 | Comments(1)

これで一言1

++++この写真で一言++++

d0098363_5145215.jpg

[PR]
by 2006taicho | 2017-09-15 05:11 | 近況 | Comments(2)

なぜブログデザインを変えるか

ブログのデザインを変更するのは趣味かもしれません。

最近は意識して政治色の記事を増やしていますが、それは本意ではなく、本来は自分の日記のつもりでいます。
主にトップの画像を変えていますが、どんな写真にするか選ぶのが結構楽しい。
写真を選ぶとき、どんなふうに感じてもらえるかと考えます。
例えば今回の写真、どう思いますか。
わかりやすく言うと、「この写真を観て一言」という感じです。
私なら、「昭和のお母さん」「ふっと」「さて夕飯は・・・」「明日は晴れるかしら」などなど。

d0098363_23515119.jpg


上の写真は女性が顔を上げて正面を向いていますよね。
顔の向きが下を向いていたら、両腕の位置も変わるでしょう。
顔の向きだけで印象が変わると思います。
女性がうつむいていたらこの写真は選ばなかったと思います。
印象が限定されてしまうからです。

写真選択の基準は、見る人によって違う印象が持てる写真ということですかね。
それをちょっと楽しんでもらえたらという気持ちです。

他にもたとえば朝顔の写真ひとつとっても、恐らくいろいろな感情や印象が観る人によってあると思います。
俳句に似たところがあると思います。
写真の家はカーテンではなく、ブラインドのようです。
和洋折衷です。
主の趣味がちょっとだけわかります。






[PR]
by 2006taicho | 2017-09-07 00:08 | 近況 | Comments(2)

おかしいことはおかしいと言う