福島原発訴訟 地裁判断

原告、笑顔なき勝訴…「苦労報われぬ」3/17 琉球新報 全文
d0098363_0324752.jpg

笑顔なき「一部勝訴」だった。17日の原発避難者訴訟の判決で、前橋地裁は東京電力と国の賠償責任は認めたものの、命じた賠償額は1人当たり1100万円の請求額には程遠かった。古里を奪われた代償を求めて3年半。大半の原告が周囲に知られないように名前も伏せ、息をひそめるようにして闘ってきた。「もっと寄り添ってくれる判決を期待していたのに」。原告の顔には落胆の表情が浮かんだ。【尾崎修二、山本有紀、鈴木敦子】

 ◇認定、137人の半分以下

 「この6年間つらいことばかりだった。その賠償が、この金額で納得できるかな……」。判決後の集会で壇上に立った原告の丹治(たんじ)杉江さん(60)はこう言って言葉に詰まった。

 原発事故当時、福島県いわき市に住んでいた。夫の幹夫さん(63)はワープロ修理業を営み全国から注文を受けていたが、事故後、「福島にワープロを送るのは……」と敬遠され、注文が激減した。

 事故の4カ月後、夫と群馬県へ自主避難した。私たちだけ逃げる選択をした−−。福島にとどまった人たちへの後ろめたさはずっと消えない。それでも「原発事故を繰り返してはいけない」との思いから、群馬県内で脱原発の集会や街頭活動に積極的に参加し、避難者訴訟の原告にも加わった。

 原告は137人45世帯。丹治さんを含めほぼ全世帯の代表が法廷に立ち、避難の苦しみや東電と国への怒りを訴えた。しかし、原告の中に名前を公にしている人はほとんどいない。「裁判をしていると周囲に知られたら、子どもが差別を受け、仕事へ影響することを恐れている」ためだ。丹治さん自身も「裁判すれば金(賠償金)がもらえるんでしょ」と、心ない言葉を受けたことがある。

 国の指針に基づくと、自主避難の場合、東電からの慰謝料は生活費との合算で総額8万円。原告を突き動かしてきたのは「ふるさとを奪われた苦しみへの賠償が不十分」という思いだった。だが、判決で賠償が認められたのは原告の半分以下の62人。賠償額が7万円だけという人もいた。

 「もっと温かい判決を期待していたのに」。喪服姿で傍聴した原告の50代女性は、判決の内容を知って肩を落とした。いわき市で暮らしていたが、事故の影響でパート勤めしていた会社が業績不振に陥り、解雇された。

 被ばくへの不安もあり、夫と共に群馬県へ避難したのは2カ月後。翌年、県の借り上げアパートに入居できて生活が落ち着いた後に夫が悪性脳腫瘍で倒れ、14年秋に52歳で帰らぬ人となった。

 いまだに働く元気も出ない。頼りは貯金と夫の遺族年金だけ。しかし、今月末で福島県による住宅補助も打ち切られる。地裁が認めた賠償額は「想像できないぐらい低い額」だった。この6年間の苦しみは何だったのか。「これでは主人にも報告できない」。女性はそう言って涙をぬぐった。

 ◇「国と東電が断罪された」福島訴訟の原告

 前橋地裁は、各地で起こされている同様な原発避難者訴訟の中で最初に判決を言い渡した。各地で同様の訴訟を起こしている原告や弁護団も17日は前橋市を訪れて見守った。

 福島県いわき市の訴訟の原告で、「原発被害者訴訟原告団全国連絡会」の佐藤三男事務局長(72)は「国と東電が断罪された。両者の責任が明らかになったことは大きい」と話しつつ、「私たちの被害の実態や苦しみが分かっていないのではないか。お金のために裁判をやっているのではないが、損害認定には納得できない」と不満をもらした。【鈴木敦子】

 ◇積極的指揮とる…原裁判長
d0098363_0322576.jpg

 原発避難者訴訟で国と東電に賠償を命じた前橋地裁の原道子裁判長(59)は1985年に裁判官となった。千葉、東京、宇都宮地裁を経て2013年から前橋地裁で裁判長をしている。

 今回の訴訟では積極的な訴訟指揮を執り、月1回のペースで口頭弁論や争点整理の期日を設定。昨年5月には福島第1原発の30キロ圏内にある原告4世帯の自宅を検証した。福島地裁を除き、各地の集団訴訟では初の現地検証だった。【尾崎修二】




福島原発訴訟の初の司法の判断が出た。
一応、原告の勝利だが、これはまだ一審段階、国や東電はおそらく控訴し、高裁、最高裁までいくだろう。
原発訴訟はこれ以外に20以上の訴訟が起こされている。
それ以外に子どもたちの被爆や、作業員の被爆の訴訟も今後、どんどん増えてゆくだろう。
最高裁まで争った結果はどうかというと、
憲法の規定は、最高裁長官は内閣が指名して天皇が任命する(6条2項)。そして、最高裁長官以外の裁判官は内閣が任命する。
つまり安倍さんが指名できるわけだ。
安倍さんは被災地を訪れるたびに、「早期復興を目指し、政府としてしっかり寄り添って行きたい」などと言っている。
それが本当なら、
「こんな低額な賠償金では原告は納得出来ないだろう、国として賠償額のアップのために控訴する」くらいのことを言うべきだろうが、そんなことは彼の頭にはない。
安倍さんの最大の支援団体の日本会議の名誉会長は、元最高裁長官だ。
「まだ、一審だろ?」
支配層の声が聴こえる。

しかし、声を挙げれば必ず勝利するのは一般国民だということは歴史が証明している。

d0098363_0341017.jpg








[PR]
by 2006taicho | 2017-03-18 00:25 | Comments(0)

人に好かれるようにやってみる。