イカ釣り

隣の家のおじさんが亡くなったと、知り合いの人が教えにきました。
だいぶ前から、家はしっかり鍵がかけてあり不在でした。
息子さんがいますがこれが滅法仲が悪い。
息子さんは別の家を借りて住んでいました。

90歳を超え、東京の病院で肝臓がんの治療をしていたそうです。

遺体は今晩の夜の船に乗り、早朝、島に到着します。
そして明日の夜はお通夜で翌日が告別式です。

経験しましたが、船で遺体を運ぶときは東海汽船に特別に依頼します。
客室の一部を貸し切りにしてくれます。
乗るときは真っ先に乗り、到着したら一番最後に降ります。
特別な料金はかかりません。




午前中は雨だったので農作業は休止。
夜の11すぎから桟橋へ。
d0098363_5223931.jpg



d0098363_6154483.jpg

餌はキビナゴや鳥のササミ、カワハギなどを使いますが、わたしはもっぱらキビナゴ。
キビナゴはそのままだと柔らかいので、塩をタップリふりかけ昼間天日で干します。
こうすると水分が抜けて固くなりイカヅノに巻きやすくなります。(ササミやカワハギも同じ)
d0098363_6163593.jpg


d0098363_617114.jpg

これはササミを巻いた様子。
d0098363_6411311.jpg

最近はアオリイカ釣りの人が増えてこんな派手なエギがあります。
アオリイカは海の底狙いなので、棚の設定、釣り方が違います。




d0098363_523983.jpg

ラジオの深夜放送を聞きながら・・・・。
今夜はNHK深夜便を聞く。
d0098363_5242285.jpg


d0098363_547584.jpg

しかし釣りは不思議ですね。
この小さな灯りを何時間も見つめ続けるわけです。
こういう作業は普段はないですよね。
変な人に思われるのがオチですが、釣りの場合は変じゃない。
何時間も一点をみつめるなんて・・・・。
愛する人の顔を見つめるときもこんなに長くはない。(笑)

d0098363_524396.jpg

深夜ですがだいたい誰かはいます。
軽自動車のリアドアーを開けっ放しにして釣ります。
これが島の基本。






d0098363_5254379.jpg

3時間近く粘ってこれだけ。
d0098363_5255775.jpg

イカが不漁で高騰していますが、つくづく実感しています。
4,5年前はクーラーボックスが一晩でいっぱいになるほど釣れました。
こうして冷凍庫に保存すれば半年は大丈夫。
明後日は上京だ。





[PR]
# by 2006taicho | 2017-05-27 05:59 | 釣り | Comments(0)

前川元事務次官の決意

老後はゆっくり過ごせるだけの待遇も保証されている。
事務方のトップに上り詰めた官僚が、損得を考えれば決してやらない行動。

d0098363_1405651.png

一番印象に残ったのは
今の大臣を含め、職員たちが気の毒だ
小泉政権あたりから変わってきた

という発言。

これは、日本がおかしくなり始めたと多くの人が言っている時期と符合する。

今回も、読売が官邸の依頼を受けて、出会い系バーへの件を前川氏のスキャンダルのように報道。
狙いは「こんな人の意見はまともに聞くな」
しかし、羽鳥慎一モーニングショー 玉川氏
「読売新聞が、文科省で現役でない人が出会い系バーに行って、それが法に触れるわけでもないのに、批判が起こりそうだと。批判は起きてないですけどね。これを一面報道するのはなんなのか」…
官邸と読売新聞の共謀を一刀両断に。
つまり、以前ならこういうことをメデイアがそれも大新聞社がやるなんてことはなかったはず。
政権側からの依頼はきっぱりと断っていたはずだが、今はもう正義感も道徳観もない。

「獣医学部を設置する理由根拠が薄弱」とも語った。
この背景は竹中平蔵氏たちが推進する経済特区制度にある。
詳細はこちら2016.9.17の記事

国民の多くは今回のニュースについて驚かなかったのではないだろうか。
「やっぱりそうか」だったのではないだろうか。
この、あきらめ感が安倍さんたちの狙いでもある。
とにかく政治に無関心な国民を増やすことは政権にとって好都合。
難しいことはわかんない層と抗議の仕方もわからない層は確実に増殖している。




[PR]
# by 2006taicho | 2017-05-26 14:41 | News | Comments(0)

5/26 時事通信 全文
米国投資、過去最高=対外純資産は349兆円―16年末

麻生太郎財務相は26日午前の閣議で2016年末の日本の対外資産・負債残高を報告した。
このうち、米国向けの直接投資残高は前年比5.4%増の53兆1842億円となり、過去最高を更新した。
政府や企業、個人が海外に保有する資産から、海外勢の対日投資を差し引いた対外純資産残高は、同2.9%増の349兆1120億円で、2年ぶりに増加した。

 対米国の直接投資残高が増えたのは、日本企業の進出や現地での企業の合併・買収(M&A)の活発化が要因。
06年末の18兆6004億円と比較すると、過去10年間で約2.9倍に拡大した。
トランプ米政権は米国内での生産を求めているため、投資額はさらに膨らむ可能性がある。

 対外純資産は国としての海外で稼ぐ力を示す代表的な指標の一つで、日本は26年連続で世界1位となった。2位以下は中国(210兆3027億円)、ドイツ(209兆9234億円)が続く。 

[PR]
# by 2006taicho | 2017-05-26 11:52 | News | Comments(0)

d0098363_424171.jpg

メデイアの取材に対して、やくざまがいの恫喝をする副社長。

☆経緯
男性は2011年1月、引越社関東に入社。ドライバーを経て、営業職として勤務していた。残業代が支払われなかったうえ、営業車運転中の事故で弁償代を請求されたことから、2015年3月に労働組合に加入。ところが同年4月、営業職から「アポイント部」に配置転換された。さらに同年6月、一日中、立ちっぱなしの「シュレッダー係」に配転させられた。

男性が同年7月、配転命令を無効を求める訴訟を起こすと、会社側は同年8月、「会社の名誉を傷つけた」として、男性を懲戒解雇した。その際、男性の氏名と顔写真入りの「罪状」と題した紙(罪状ペーパー)をグループ全店に貼り出した。その後、解雇は撤回されて、男性は復職したがシュレッダー係のまま。一日中紙に触れることから、手はカサカサで荒れているという。




以前このブログで掲載したブラック企業の代表格のアリさんマークの引越社。
2016.2.10ブログ
ようやく和解になったらしい。
しかし、この男性の今後が気になる。



5/24 毎日新聞 全文
引越社関東 アリさんマーク社員と和解 不当配置転換で

「アリさんマーク」のCMで知られる「引越社関東」(本部・東京都)の営業職の男性社員(35)が労組加入を理由に不当な配置転換をされたとして、地位確認などを求めた訴訟は24日、東京地裁で和解が成立した。

会社が「配転は社会的正当性を欠く」と謝罪して元の職場へ復帰させ、解決金を支払うことで合意した。

加入する労組「プレカリアートユニオン」が同日、明らかにした。
他の合意内容は(1)シュレッダー係への配転で約4割減った賃金条件を元に戻す(2)提訴を受けて会社が男性を懲戒解雇し、解雇理由を「罪状」として社内報に掲載した行為を謝罪する--など。

引越社関東は「他にも係争中の案件があり、コメントは控える」としている。






[PR]
# by 2006taicho | 2017-05-25 04:08 | News | Comments(0)

官邸の恫喝

文科省前事務次官が「総理のご意向」文書は「本物」と証言


この人の証言が今もっとも注目を集めている。
d0098363_3274162.jpg

官邸は黙らせるために逮捕まで考えているという。
本人は弁護士をつけていて、現在は行方をくらませている。(当然の行動)
本日(5/25)発売の週刊文春に詳細が掲載される。



5/24 LITERAより抜粋

d0098363_320083.jpg

「いままで見たことがないくらいの、それは凄まじい発狂ぶり」(官邸担当記者)で、マスコミ各社の上層部から官邸記者にいたるまで恫喝しまくっているという。
スゴすぎる!官邸が発狂w→恫喝しまくりwもう終わってる!

「もちろん、いま、マスコミの目的は読売がやった前川氏の“出会い系バー通い”でなく、文春と同様、『“総理のご意向”文書は本物』と証言してもらおうというものです。
NHKやフジテレビなんて、前川氏のインタビューまで収録しながら、官邸の圧力で潰されてますからね。
現場には相当不満がたまっている。
『赤信号、みんなで渡れば怖くない』とばかりに、各社が一斉に前川証言を報道する可能性もある」(全国紙政治部記者)

官邸幹部らはこんなセリフをちらつかせているのだという。
「前川がパクられたら、どうするつもりなんだ。犯罪者の証言を垂れ流したことになるぞ」
 どうやら官邸は前川氏を口封じにために逮捕するつもりらしいのだ。
15年前、検察の裏金を実名告発しようとした三井環大阪高検公安部長(当時)が逮捕されたのと全く同じことが再現されようとしている。

前川氏は不当逮捕されないためにも、むしろ積極的にマスコミの取材に応じるべきだが、問題は新聞・テレビだ。
このまま官邸の恫喝に屈するのか、それとも撥ね返すのか。──
その結果は明日の新聞や夜のテレビ報道で判明することになるだろうが、このまま官邸の圧力に負けて言いなりになっていいわけがない。

掘れば掘るほど疑惑が山積みとなり、問題が浮き彫りになっていく加計学園問題。
そのなかでも、文科省事務次官という官僚のトップとして加計学園の獣医学部新設にかかわってきた前川氏の証言は極めて重要であり、こうした内部告発者に報復がくわえられるようなことは絶対にあってはならないだろう。
下劣な官邸に対し、マスコミには徹底抗戦を期待したい。






[PR]
# by 2006taicho | 2017-05-25 03:51 | 知っておきたいこと | Comments(0)